2010年10月15日

[大神伝] 04:1周目終了

1周目、終わりました。

「1周目」と書いてあることでお気づきだと思いますが、2周目はじめました。

大神伝はDSのゲームということもあって、ヤリ込み要素は少ないんですが、それでも取り損ねたものがいくつかありまして、なんとなく悔しいし、まだこの世界でもう少し遊んでいたいので、2周目。

そうそう、ちょっとネタバレ気味ですが書いちゃおう。続編が出そうな終わり方でした。わーい!やったー! 大神を買いなおさなくても(笑)、またこの世界に来ることができそう。製作者さん、頑張っていいものを作ってくださいっ!

いやー、いいゲームでした。
神ゲーの続編DS版としては十分素晴らしいゲームだったのではないでしょうか(大神に比べると量も少ないし、ストーリーも軽めだったけれど、それは仕方ないもんね)。続編、切に願うっ!

以下、ネタバレ(エンディングネタバレを含みますので要注意)。
=======








前回はクロウと共に100年前の神木村に到着したところまででしたね。
そこから大体7時間。時間は短いけれど、怒濤のドンデン返しの物語でした。


■神木村〜神州平原(相棒:クロウ)

神州平原でナゾカイのために薬草を採ってきてあげる、という短いサブイベントがあったあと、十六夜の祠へ向かうクロウとチビ。が、そこでクロウに月からのメッセージが…。そこにはクロウの「本当の使命」が書かれていたらしい。そして、それはとても残酷なものだったらしい。気持ちを整理するために1人になりたい、とチビから離れていく。

 クロウ〜〜〜〜っ!

■氷室(相棒:マンプク)

チビテラス1匹で十六夜の祠にきてみたら、お母さんを妖怪にさらわれてしまったという少年マンプクに出会う。目的は一緒なので…ということで一緒に十六夜の祠に…と思ったら結界が…。十六夜の祠から出てきた妖怪たちにくっついて「氷室」という場所へ。このダンジョンで、どんな結界でも破ることができる琥珀をゲット(この時点でプレイ時間28:07)。

■十六夜の祠

「ここから先に行くと引き返せないかもしれないけど、いい?」と、お決まりのラスダン宣言されちゃいます。武器の強化は鏡と剣の2段階目までしかできてないし、イッスンの傑作も何枚か取りこぼしているし、骨董品も揃ってないし、うーんうーんと、ちょっと悩んだけど、

 ええいっ!心残りは2周目にやればいいやっ!

と、意を決して入ることに。
まずは、マンプクと一緒にマンプクの母親モテナシを助ける。マンプクは母親を祠の外へ連れ出し、相棒は追いついてきたクロウにバトンタッチ。ヤマタノオロチの部屋まで行くと、既にイザナギがとどめを刺すシーン。そして、それをシラヌイが助け、傷を負ったシラヌイを運び出すイザナギ……と、絵巻物に書かれていたのと同じ展開に。そして、その後に現れるのが、悪路王

悪路王とラスボス戦か!?…と思いきや、ここでいったん神木村へ。

クロウが「やはり僕の使命はこれだったんだね」とか謎の言葉を残して1人悪路王を追う。チビテラスたちは、神木村にシラヌイを連れ帰る。…そして大神にはなかったシーン(ネタバレ→シラヌイの死をみんなで見届ける)で涙して、いざ、悪路王を倒しに!


■十六夜の祠〜闇の空間

ここから先は本当にネタバレ危険!
プレイ前の人は読まないでね!!!









イッシャクと共に再び十六夜の祠にやってきたチビ。
ここからの展開は、時系列に書くとややこしいので、ががーっとまとめて書くと……
 ラスボスがクニヌシだった!
いや…、なんかね、途中からそんな予感がしてたんだ。出生に秘密のある少年。イザナギの血縁であるらしき力。最初だけ一緒に行動したけど、途中から行方不明。……なんか、RPGだとありがちだよね、実は敵だった…っていう展開。

彼の出生の秘密は判らないままだけれど、どうやら「特別な光の器」というのに当てはまったらしい。一方、闇の力は、9ヶ月前のアマ公の活躍でヤマタノオロチが倒された時、5つに別れて地上に戻ったのはいいけれど、5つの妖怪として地上で活動してしまったため1つに戻れなくなっていた。悪路王は、光の器(=クニヌシ)を旅させることで、5つの妖怪と触れさせ、その力を1つに集めようとした…と。……うん、ちょっと前にやったゲームでも、そんな展開があったよね(笑)。

そして、月の民が用意したクロウの役割は、その悪路王を封印するための器。
クロウはその運命を承知しつつ、チビテラスを裏切り、悪路王側についてしまう。

そんなわけで、クニヌシ&クロウと戦わなくちゃならなくなったチビ公。でも、どうやら2人とも「器」として選ばれただけであって、中身はチビ公と一緒に旅をしたときの人格のままらしい。彼らを救うためにも、悪路王を倒さなければ!!!!

ここからはいかにもラスダンっぽい感じで、相棒が交代しながら、今までに戦った4つのボス戦をもう一度やるというステージ形式(たしか大神のラスダンもそんな感じだったよね)。ガマ妖怪、ナマズ妖怪、千両万両、怨霊王、そして、その後にクロウ戦。クロウを倒して向かった先には黒クニヌシが…。

黒クニヌシ(第一形態)、悪路王(第二形態)を倒し、クニヌシの体から悪路王を分離させ、さぁ、やっつけよう、と思ったところに、ボロボロのクロウが…「さあ、ミーのボディを使いなよ」って、これまた、つい最近プレイしたRPGみたいな展開に!! またクロウ戦!?…と思ったら、ここから先のクロウの話に号泣しちゃいました…。「ミーは悪路王を封印するためにウシワカを模して作られた人形だったんだ。悪路王を体に取り込んだ状態でミーを壊せば悪路王を滅ぼせる。だから早くミーを壊して!」と(よよよーー)。そんな〜、作られた人形(アンドロイド?)だとしても、クロウはクロウだよー!(涙) 悪路王を封印するために、チビたちを裏切ったような振りをしていたなんて、泣けるじゃねぇか(よよよよよー)。

…でも、結局、どうすることもできず、悪路王を封印したクロウを………
今までの仲間たちに見守られて息を引き取る(というのか活動を停止する?)クロウ。おおおーん。

…で、エンディングロール。
そして、みんなのその後。

チビ公はゲンナイ先生が作った宇宙船に乗ってイッスンとともにタカマガハラに向かうことに。ナナミやカグラやマンプクは、それぞれの生活へ。学者レディはクロウの形見の笛を胸に抱きながら道真の墓前で祈る…と……。

クニヌシは、自分の出生の秘密を知るために旅に出ることにしたらしい。そして最後に「これは我がまだ自分を「ボク」と呼んでいた時代…」と、何故か成人した声のクニヌシのナレーションが!


…ということで、なんか、クニヌシが出てくる続編が作られそうな感じで終わりました。

続編、是非とも出てほしい!
…が、素晴らしいゲームが途中でクソゲーに変身しちゃった例(例えばポポロとか…)もあるし、プレイヤーの声をしっかり聞いて、いいゲームを作って欲しい。ううう頑張ってくれっ!



ここからは2周目に向かうための自分へのメモ。

■取りこぼし

妖怪素材があまり集められなくて、武器の強化ができませんでした。3段階目まで強化できたのは鏡だけ。剣は2段階まで、勾玉はまったく強化できず。なので、ラスボス戦は鏡を使用。でも、個人的な好みは剣なので、剣を最強にしたかった! 2周目は妖怪素材を集めることをちゃんと考えよう。大神みたいに「無礼」とかがあればいいのに(妖怪素材を集めやすくなる動作)。

ちなみに、ラスダンのラスボス直前の妖怪商人のところで武器の強化と強化版筆しらべの巻物を買うことができました。ラスダンに入るまでに用意できなくても大丈夫みたいだ(でも、妖怪素材は思うように集まらないので、妖怪素材だけは集めておく必要あり)。

イッスンの傑作の1と5が完成しませんでした
あとで攻略情報を見てみたら、1は後から行けないところでの単純な取りこぼし。どっちにしても序盤まで戻らないとコンプできなかったみたい。が、5は、もっと単純な取りこぼし!後からでも十分取りに行けたものだったみたい!!!くー、ちくしょー。…というわけで、2周目に頑張ります。っていうのか、2周目は、引継ぎありなので、取りこぼした2つだけをゲットすればいいみたい。

骨董品と妖怪図鑑が埋まってないんですけど?
ちゃんと攻略情報を見ておかなくちゃ。


2周目に引継ぎがあるので、かなり楽になるっぽい。イッスンの傑作でもらえた装飾品は持ったままだし、太陽器と墨壷の数も最大の10から開始だし、お金も引継がれてました。お金が引継がれているということは、筆しらべの強化版は、売り出された当初に買えるってことですねー。便利。

あ、そうそう、ラスボス戦あたりでは、強化版の筆しらべがないと、結構キツい戦いになりそうな感じでしたよね。お高いなーと思いながらも買っておいてよかった。が、これはもちろん引継ぎ無し。

武器は引継がれていなかったけど、クリアボーナスなのか、すごーく強力な武器(黒クニヌシが使っていた飛び道具)を最初から持ってました。序盤の妖怪なんて1発でやっつけられるようなヤツ。…でも、これを使っていたら妖怪素材を集められないので、仕方なく弱っちい鏡でバトルしてます。


■ちなみに最終戦績

プレイ時間 31時間31分48秒。
戦績 神358回、松125回、竹64回、梅47回、凡47回。
総合成績:


あー、よかった。神ゲーで神を取れた…(笑)。


ところで、毎回の戦績の「相棒協力」の戦績の付けられ方がわかんないよー。攻撃しろーって命令できないし、近接でダメージを受けやすい敵に遠距離から攻撃したり、一気に早く終わらせちゃうと成績悪くなっちゃうし、なんか、微妙ー。


(大神伝 プレイ日記)
Posted by chino4ever at 21:13│Comments(0)