2018年06月20日

ポポロクロイス物語I/ナルシアの涙と妖精の笛 その2

ポポロクロイスのゲーム2つ、同時進行でのんびり進めてます。その進捗メモ。


●ポポロクロイス物語〜ナルシアの涙と妖精の笛(スマホアプリ)

最初に配信された「メインストーリー」「サブストーリー」を終えてから、キャラの強化を楽しんでました。キャラクタの強化には、「レベル」「限界突破」「覚醒」「必殺技のレベル」「ストーリーレベル」といろいろあって、強化するには、アイテムを集めたり、ガチャでキャラクタを引き当てたり、キャラを実際にバトルで使用したり、いろんなことを考えなくてはならない。ストーリーの供給がなくても、しばらくはキャラの強化で楽しめる仕組みづくりがされていて、よくできた仕組みだなぁー、と。

そんなわけで、アイテム集めのクエストをちまちまやったり、「船団」と呼ばれる決まった時間にバトルをするイベントに参加したりしてます。

そして、もう1つ、よく出来てるなぁと思うシステムは、「ブレイブ」と呼ばれるサブストーリー群。登場人物(ガチャで得られるキャラクタ)たちの、それぞれの物語が3章構成で用意されていて、そのキャラを成長させることでプレイできるようになっている。メインストーリーでは語られないキャラクタたちの過去や日常を見ることができる。新キャラたちの話も面白いけれど、馴染みの深いドンやゴンの物語だったり、タモタモさんやザッパの物語だったり、白騎士とレオナの話だったり、今までのポポロクロイス物語では語られなかった一面を掘り下げてくれているんですよね。

6/19からは、「メインストーリー」と「サブストーリー」が新たに配信されて、しばらくはそっちをプレイしつつ、またアイテム集めやら、キャラクタ強化やらを楽しもうと思ってます。

最近は、最初から使っていたキャラクタたちの強化が頭打ちになっているので(後はガチャの運頼み)、ちょっと弱めのキャラの強化やらブレイブをやっているところ。頭打ちになっちゃったお気に入りキャラのクロウくんをあまりバトルにで使わなくなったのがちょっとさみしい。


●ポポロクロイス物語(1)(PSP)

懐かしのポポロクロイス物語1をPSPでやってるのもちょっとずつ進めてます。これは、以前のようなやりこみプレイを目指しているんじゃなくて、ストーリーを思い出す目的でやってます。現在、第2章。

ポポロクロイス→ガミガミ城→ポポロクロイス→ゴドリフ→カナリシア→ゴドリフ→パーセラ→ゴドリフ→新ガミガミ城→パーセラ→幽霊船→流され島→ブリオニア <いまココ

ストーリーはほとんど忘れてしまっているんだけど、実際にプレイすることで少しずつ思い出してきて面白い。幽霊船では、久々に、ゲームしながらマップを書きましたよー。昔プレイしたときに書いたマップ、どこにしまってあるかな。今後、必要かもしれないから探してみよう〜。

そして、バルの心臓!
まだブリオニアに着いたばっかりなので、「バルの心臓」という言葉は出てきてないんですが、思い出しちゃいました…。どんな攻撃をしてくるのかとか細かいことは忘れたけれど、ものすごーーーく苦労したことが脳裏に刻まれてます。やだなー、こわいなー。色んな要素を取りこぼして進んでるから、もしかしたら全滅するかもー。あーやだなー。でも、ここを越えないと先に進まないからがんばりましょうか。


そういえば、ゴドリフ→パーセラのゴンドラで、ウッキィ王国に足を踏み入れちゃいました。レベル低い状態でプレイしてるので、挑戦したものの全滅。これ、必ず起こることじゃないみたいですね。その後何度かゴンドラ使ったけどスルーしてます。レベル上がったらまた挑戦してみるかー(って、結局やりこみ方向に行きそうで怖いw)。

Posted by chino4ever at 09:07│Comments(0)