2018年08月05日

ポポロクロイス物語I/ナルシアの涙と妖精の笛 その4

●ポポロクロイス物語〜ナルシアの涙と妖精の笛(スマホアプリ)

なかなか良くできているシステムで、飽きずにやってます。これを優先してるので、ピグも、ポケ森も、ツムツムも、旅かえるも、たまに開く程度。そっちのゲームでお世話になってるみなさん、ご無沙汰しちゃってすみません…。

本当によくできたシステムで、戦闘システムも良く出来てるし、キャラを成長させていく方法も良くできているし、ストーリーも良く出来てる。今までのポポロクロイス物語のメインキャラだけではなく、周りのキャラからの視点でも語られるので面白い。メインのストーリーも結構頻繁に更新されていくし、キャラ全てにストーリーがつけられているので、キャラを獲得して成長させてストーリーを見る…、という作業もあるからやることがたくさん(そろそろすべてのキャラのストーリーを見終わるので、その後が少しダレるかも?)

そして、最近ハマっているのが「船団戦」というもの。ネトゲ嫌いな私なのに、なぜかハマっちゃってるんですよね。1日に2回、30分間、20人の「船団」と呼ばれるチームで、別のチームと対戦する、というもの。バトルに使うキャラを選んだり、成長させたり、バトルに有利なアクセサリを作ったり、限られた資源の中で効率よく30分間を戦い抜く戦術を考えたり…、これが終わりのないパズルみたいで面白い。このシステム、ポポロだけではなく、他の似たようなゲームとそっくりらしい。すでに充実したシステムなんですね。工夫することの面白さは終わりがない。

このゲームを始めたときには、全然わからなかったので、システム側からおすすめされた船団の入っていたのだけど、なんだかあんまりおもしろくなかったんですよね。最初の船団戦のイベントのときには、何が起こってるのか全然わからないままだったし。それが、少し前に勧誘されて入った船団がちょびっと強いところで、みんなが話し合ってノウハウを共有したりして、気付かされることがたくさんあって、俄然面白くなってきちゃったんですよね。

そんなわけで、船団戦で貢献できるようにと、日夜、キャラを強くしたりキャラを選んだりアクセサリを作ったりと、楽しく頭を悩ませることになってます。これが楽しい。ストーリーももちろん面白いけど、船団戦に出ることこそが、このゲームを飽きさせない楽しみ方なのかもしれない!

とりあえず、課金無しで行けるところまで楽しもうと思ってます。


●ポポロクロイス物語(1)(PSP)

終わりました〜!

アプリゲームの方にハマっている関係で、あんまりやってなかったんですが、やっと終わらせました!

意外と短い物語だったんですね。ストーリーもちゃんと思い出せたし、結構楽しめました。

前回からのストーリー的なお話は、闇の番人の館から、闇の世界に行ったピエトロ一行。闇の世界の1つの星に、氷の魔王をサニアが竜の力で封印していることを知り、クジラのマックに乗って、その星に行く。が、サニアがピエトロを大切に思っていることを利用され、ピエトロを危機に陥れることで、サニアの気をそらし、その合間に四天王が氷の魔王を復活させてしまう!という展開に。

氷の魔王が復活し、サニアの生死はわからないまま。ポポロクロイスは氷に閉ざされた世界に変わってしまい、モンスターの活動も活発に。そこで、ピエトロ一行は、北にできた氷の塔にいると思われる氷の魔王討伐に向かう(かけあしの泉→白い村→氷の塔)。サニアの竜の力を使って完全復活を試みようとしているのを阻止。サニアを助け、ポポロクロイス城に戻ってみたら、サニアの体に氷の魔王の一部が残っていて最終戦。そして、完全に氷の魔王を倒して、サニアも助かったのでありました。めでたしめでたし。

というお話でした。

バトルはけっこう大変でした。相手の残りHPが全くわからないシステムって、今では珍しいですよね。

新しいフィールドに行くと、たいてい全滅させられそうな感じで苦しいバトルをすることになるんですが、その雑魚戦を重ねて、雑魚戦が大変じゃなくなった状態でボス戦に臨めば、(苦労しつつも)ちゃんと勝てる、という感じになっているので、とりあえずレベルさえ上げればクリアできるようになってるんですね。

そうそう、そういえば、ポポロクロイスのシステムの面白いところは「バトル画面」というのがないこと。ほとんどのRPGが、敵とエンカウントすると、異次元?(笑)の「バトル画面」に場面が変わってバトルをするんですが、ポポロクロイスは、迷路なら迷路の中、草原なら草原のところ、その場所でバトルが始まるんですよね。狭い場所でエンカウントしちゃうと、動くこともできなくなったり、逆に細い通路に白騎士が盾になってナルシアやピエトロには物理攻撃が届かないようにできたり、と、1戦1戦の状況が違って面白い。

楽しかったなーということで、早速、ポポロ2のダウンロード版を購入。順番で行くと、ポポローグだし、傭兵たちがたくさん出て来て楽しいし、自分で攻略サイトを作ってあるので楽ちんなんだけど(笑)、ポポローグ始めるとやり込みたくなっちゃいそうなので、「ストーリーを思い出す」という目的としては「ポポロ2」をプレイすべきだよね、ということで。

なので、次回の更新は、ポポロ2をある程度進めたところで、ストーリーのメモを書こうと思ってます。


Posted by chino4ever at 12:16│Comments(0)