2011年09月21日

[P4] P4始めました

ペルソナ4めちゃめちゃ久しぶりにプレステ2でゲームを始めました。

まとものRPGをプレイしたのが去年の10月の大神伝だったから、約1年ぶり。PS2でのゲーム…と考えると、2008年にプレイしたシャドウハーツIIと遥か4にさかのぼる。ちょっと不安だったけれど、ちゃんとプレステ2、動いてくれました。


プレイし始めたのは、ペルソナ4。
2008年に放映された「ペルソナ〜トリニティソウル」というアニメを見て、世界観が面白そう&絵が好み、ということで買ったゲーム。どんだけ暖めてるんだよ、って感じですね(笑)。

それだけ暖めた(積んでおいた)のを、どうして今?
10月から開始のアニメをチェックしていたら、「ペルソナ4」というアニメを発見。どうやらアニメ化されるらしい。ゲームやってないのに、アニメ見ちゃうのは悔しいなぁ……と思ったら、押し入れからプレステ2を引っ張り出して繋いでプレイし始めてました。10月放映までに終わらせるのは無理だけどね。



主人公は都会から来た転校生。主人公はしゃべらず、プレイヤが性格付けできる仕様。高校や町で生活しながら、町に起こる怪異の謎を探るために不思議な空間のダンジョンに潜って行くというゲーム。去年プレイしたP3P(ペルソナ3ポータブル)と感触はほぼ同じ。主人公と仲間達は「ペルソナ」という力(召還獣と考えるとわかりやすいかも)を使ってバトルをする。主人公以外のメンバーは1つのペルソナだけを使うのだけれど、主人公だけはペルソナを付け替えて使うことができる。主人公を成長させ、ペルソナ合成によって新しいペルソナを作って強化していくことになるのだけれど、たぶん、このゲームのいちばんの魅力はこのペルソナ合成。あー、またハマってしまいそう。

バトルはターン制。力技だけじゃなくて、相手の弱点属性を探して戦略を考えながら戦って行く頭脳派バトル。

セーブポイントのないダンジョンを進むため、常に真剣勝負…というハラハラドキドキのスリル感も面白い。


…とかレビューっぽい書き方をしたけど、まだまだ超序盤。5時間ほどプレイしましたが、まだパーティメンバーが全員は集まってない…ってとこ。5時間プレイして、やーっとダンジョンらしいダンジョンに入れて、「わーバトル楽しー!うわーギリギリの勝利、あぶねー。ペルソナいっぱいげっと、早く合成させたいー」とか、ワクワクとプレイ。


で、あまりの楽しさに、お城の中をぐんぐん進んで、さーボス戦、頑張るぞっ、と無謀にも一度も戻ることなくボス戦(お姫様に遣える騎士…と書けば、わかる人にはどのダンジョンなんだかわかるかな)にトライして


  …負けました……


私の1時間(いや2時間ぐらいうろうろしてたかも)が無駄に……(涙)。



そうそう、バトル時には全員が眼鏡をかける、という設定になっていて眼鏡キャラ好き(いや、ほんとは違うんだよ、違うんだってば!)としては嬉しい限り(笑)。前髪のうっとうしい無口な主人公くん、眼鏡がよく似合います(笑)。森久保さん演じるところの、ちょっと軽い親友くんもいいし、勝平さん演じるところのクマも可愛い。まだ、コミュなどいろいろな様子がつかめていないけれど、アニメ放映までにはいろいろな設定を少し探っておこうと思っているところ。

まずは1周目、なるべく攻略情報を見ずに駆け抜けてみようと思ってます。
がんばるぞー。




やっぱ、RPGっていいねぇ。




※注意:
この日記は、あくまでも「私の個人のプレイ日記」ですので、正しい事が書いてあるとは限りません。特に1周目は最終的なストーリーの行きつく場所を知らないでプレイしていますので、勘違いや間違いを書いていることもあるかと思います。けれど、あくまでも、「プレイ当時に思った事」を書き綴る事を目的にしていますので、後に間違いに気がついた場合も修正はしておりません。間違いや勘違いに気がついた方がいらっしゃいましても、【心の中で】笑っておいてください。コメントなどでの指摘やネタバレはご容赦願います。技の名前、固有名詞なども間違っている場合があります(修正するつもりはありません)。

検索などでいらっしゃった方は、このプレイ日記が書かれた日付が数ヶ月、数年の単位で過去のものでありましたら、すでに私自身も間違いに気がついているはずです。あえて、間違いを正していない事をご了承の上、【心の中で】笑ってお済ませください。また、あまり覚えていないゲームの場合、内容についてのコメントにはお返事ができないこともありますのでご了承ください。

また、ストーリー解釈が公式発表とは違うこともありますが、私はあくまでも「自分の感覚で楽しむ」ことがゲームの楽しみ方だと考えております。「公式が正しい」という考えをお持ちの方には気分の悪い記述もあるかと思いますが、コメントなどでの反論はご遠慮ください。
  

Posted by chino4ever at 08:55Comments(2)