2017年11月

チャンピオンズCの自由意志による渾身の◎はグレンツェントに決めてしまった。

左回り1800はこの馬にとってベストかつ、チャンピオンズC狙いのローテもなかなかよいですネ。

とはいえ、最大の理由は、去年、アスカノロマンを「同条件の東海Sの勝ち馬」という事だけで勝ったら、来てしまったので、今年もその計画でいいかなと。
これは間違いない。

「得意の舞台でで血がたぎるぜ!ヒヒーン」
と、グレンツェントさんがおっしゃっています。


最強競馬ブログランキングへ

2017年、秋競馬の重賞レースから、ワタクシの買い方、3連単&複ボックスに相応しい記者を見つけるべく、独断と偏見に満ちた指数設定でランキングを作成しております。
それではドドン!

1位
大阪本紙 弘中
指数 65 的中18
短評→ちょい前までは神様、仏様、弘中様状態でしたが、最近はフツー。
人気馬狙いつつも穴馬でもズバンと。
シリウスS◎メイショウスミトモとか富士S◎クルーガーとか秋天◎レインボーラインとか素敵でした。

2位
栗東 勝羽
指数 53 的中16
短評→5番人気ぐらいの馬をとにかく当てる印象。

3位
東京本紙 外山
指数 43 的中15
短評→最近、調子が良さげ。

4位
記録 武田
指数 36(2) 的中17(1)
短評→人気馬中心でそこはよく当たりますが、人気薄の馬をに◎を打つともれなく来ない。

5位
栗東 薮中
指数 27 的中18
短評→特になし

6位
美浦 大谷
指数24 的中11
短評→特になし

7位
鬼才 橘
指数8(10) 的中1(1)
的中した際の人気→⑧
短評→「鬼才」の肩書きを背負うだけあり、予想の紙面の大きさでは本紙の次になる場合が多い。
基本的に穴しか狙わない、浪漫溢れる記者。
ワタクシも本紙◎が強制買い目の人気馬とかぶった場合は浪漫を感じるために、鬼才の◎を買うようにしています。
ああ、馬券は浪漫なり!
しかし、最大の問題点は、鬼才の◎がほとんど来ないことで、基本は後方で用無しパターンの馬がおおい。
秋競馬の的中はローズS◎ラビットラン&福島記念◎ヒストリカル。
当たればでかいが、確率がアレなのはご愛嬌でしょうか。

番外編
チンタスティックライト
指数28 的中5
基本的に勘の予想。
データに乗っかる場合もありますが、自分の都合のいいように解釈した上での判断。
シリウスSのドラゴンバローズとか毎日王冠のサトノアラジンとか京都大賞典のトーセンバジルとかファンタジーSのベルーガとかアルゼンチン共和国杯のソールインパクトとか◎でしたよ。

※()内の数字はローカル重賞での指数になります。
ローカルだとまた、馬柱に印を打つ記者が変わってくるので、参考記録として扱います。


最強競馬ブログランキングへ

朝日CCといえば、2000。
チャレンジカップになって1800。
そして今度は名前は変わらず2000になり、かつての鳴尾記念化しました?

とまあ、よくわけのわからないレースではありますが、重賞である以上は買いますよ。
まずは指数の上位馬をドドン。
①マキシマムドパリ 107
②マイネルミラノ 102
③デニムアンドルビー 103
さて、これらは買うとして、これ以外で狙いたい馬としては
★サトノクロニクル
前走G1&地力がありそう。ただし、内回りは合わないような気がしますのでコレをどう捉えるか。
その他では
★ジュルジュサンク
小回りならこの馬の方が合いそうな。ただし、前々走の勝ちはただ逃げがハマっただけ感があるのでコレをどう捉えるか。
あたりでしょうか。

ステイヤーズSは当たっても、トリガミ既定路線なので、こちらのレースで少々馬券でオイシイ思いをしたいのですが、さてどうなりますかね。


最強競馬ブログランキングへ

さっそく、ステイヤーズSの競馬ブック指数の上位をドドン!

アルバート 134
フェイムゲーム 128
シルクドリーマー 95

しかし、上位2頭以外の面子がひど過ぎて、シルクドリーマー程度でも3位。
他の馬も中距離馬みたいな血統だったり、牝馬だったりと、なす術がございません。
「もうちょっと、長距離戦の予想を楽しみたい!」
そんな、感じでしょうか。

たいてい、こんなレースは当たっても、トリガミなので、のんびり日刊ゲンダイの印を待ちましょう。
ではでは。


最強競馬ブログランキングへ

現状の収支をドドン。
購入 290000
払戻 288080
収支 ー1920
回収率 99%

回収率は90%で御の字ですが、ここまで来ましたら、2017をプラス収支で終えたい所。

しかし、プラス収支といっても、馬券以外にかかっている
競馬ブックだったり、
競馬最強の法則だったり、
日刊ゲンダイだったり、
そこらへんのお金も回収しなくては真のプラス収支たる男とは呼べないかもしれません。

「ああ、いっそのことトリガミをチョビチョビでなく10万ぐらいドドンと当たらねーかなー」
と、思いつつも今週も守りの馬券を買ってしまうのでしょうけど。
とりあえず、泣いても笑っても、今年は一ヶ月。
いままで、ためにためた運を解き放つ時は来てると思うのですがね。


最強競馬ブログランキングへ

↑このページのトップヘ