2016年05月24日

何でも話してね


今日の午前中は、次の日曜日に控えている飯塚のステップの直前打ち合わせに参加して来ました。慣れてある役員の先生方のテキパキとこなして行く様を見て、経験の大切さを実感しました。当日は足を引っ張ることのない様に頑張ろうと思います。

今日の最初の生徒さんは、先週、気持ちとやっていることのバランスが取れなくて涙ぐんでしまった小学生です。頭が良く回る分、プライドも高く感受性が豊かです。

うちのお教室に移って来てまだ4ヶ月です。癖直しの最中ですが、今まで言われたことのないことを私が色々と手直しして行くので、面食らっている様な所が見受けられました。

そこで今日はお話から入りました。言いたいことはあるけれど内に秘めてしまう所は昔の娘と良く似ています。このレッスン室は嬉しいこと、悲しいこと、聞きたいことや尋ねたいこと、そして辛いことや心配なことなど、何でも話していいお部屋なんだよと伝えます。

今日の学校からの帰り道で起きたことも話してくれましたが、先生は◯◯ちゃんのことを何でも知りたいから何でもお話しして報告してと、本気でお願いしました。

そしてストレッチの訓練に移りましたが、とても真剣にお話を聞いてくれました。先週のお顔が嘘のように爽やかで、前向きでした。信頼関係が1歩前進したかなあと感じました。

宿題はストレッチを中心に出しました。弾くことだけが練習ではないんだよ、大切な指をきちんとしたものにしようね、そして美しい音を出して行こうねとお約束しました。

生徒さんの笑顔は私の宝物です。音楽と一生のお友達でいてくれることが願いです。その為に、今できることを少しずつ、丁寧に真摯に、伝えていこうと思います。



チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
   
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)ピアノレッスン 

2016年05月23日

ストレッチは大切


テキストの宿題とは別に、私は必ずストレッチの宿題を出します。それはボールを握ることだったりグーパーをすることだったり、毎日の生活の中でほんの数分の時間を割いてやって欲しいことです。

手の形や大きさは千差万別ですが、鍛えることで条件や状況がどんどん変わって行きます。私は手の大きさではなくて柔軟性が大切だと思っています。

かなり若い頃、私よりも手の大きな生徒さんがいて、発表会の曲としてオクターブで動く曲を何気に渡したんです。すると翌週“届きません”と真顔で言われてびっくりした覚えがあります。広がらないんですね。その時、大きさではないんだと実感しました。

ストレッチはすぐに効果が出るものではありません。水泳の前の準備体操の様にほぐすのが目的です。ですから毎日少しずつ、積み重ねて欲しいものなんです。

やらなくても分かりにくいものでもあります。やっている生徒さんとやらずにいる生徒さんの差は、ずいぶん後のお楽しみということになります。でもちゃんとやることで、見えない宝物は確実に身に付いているものなんです。

レッスンノートに○×を書いて来てもらう様にしています。毎日きちんと記録して頑張っている生徒さんもいれば、記録は忘れたけれどやってるよという自己申告の生徒さんもいます。私が問うと目が泳ぐ生徒さんも中にはいます。

意識を持つことでピアノの音が変わります。柔軟な肘や手首はやはり柔軟な音を生みます。その音が出したい、出せる様になりたいという意識がまずは大切かもしれません。

レッスンを始めてまだ数回の生徒さんも、ストレッチの幾つかを宿題として持って帰りました。お母様が“頑張らせます!”と意気込んでくださっています。とてもありがたく受け止めています。

ストレッチの種類を書いたプリントを用意しようかなと思います。全部は無理でも半分はやってねと伝えようと思います。生徒さん達の音が少しでも良い音になる様に、アレコレと模索したいと思います。



チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
  
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)ピアノレッスン 

2016年05月22日

アルモニア管弦楽団第15回定期演奏会へ


良く晴れた夏日の今日は、鳥栖文化会館大ホールにて、アルモニア管弦楽団の定期演奏会でした。毎年この時期にゲストをお迎えして大規模な演奏会が開催されます。

娘が高校時代にお世話になった音楽の先生がヴィオラ奏者として、又、息子の大学時代の親友のお母様がチェロ奏者として、それぞれ出演されます。今回は伊藤恵さんがピアノコンチェルトのゲストとしてお見えになるということで楽しみに伺いました。

いつもながら長蛇の列が出来ていました。開場して席を確保したら、ロビーコンサートに直行です。今回はチェロ奏者8名による演奏でした。最後のプログラムの“証城寺の狸囃子”が奇抜で面白かったですね。

ブラームスのピアノ協奏曲第1番は圧巻でした。伊藤恵さんの渾身の演奏は迫力があって素晴らしいものでした。その後に休憩を挟んで演奏されたドボルザークの交響曲第8番は、ブラームスの重さと打って変わってのどかで楽しくて、別の意味で聴きごたえがありました。

指揮者の下野竜也さんもユニークな方でしたが、指揮をされる姿はそのあまり大きくはない身体がとても大きく見える位に迫力のあるものでした。指揮台から跳び上がるのでないかなと思える位に没頭された指揮に暫し酔いました。

今日は懐かしい方々にお会いしました。息子の親友で浜松に住んでいるチェロ奏者の方の息子さんが奥様と一緒にみえてあって、“おばちゃん!”と声をかけてくれて久しぶりに再会しました。又、以前娘と同門でピアノを習っていた現在医学部6年生の女の子とばったり出会って、又々久しぶりに言葉を交わしました。

音楽で繋がっているって素敵ですね。雲の上の方の伊藤恵さんや下野竜也さんも、娘の高校時代の音楽の先生も、久しぶりに再会した方々もそして私達も、皆んな同じ空間に存在して同じ感動を味わって同じ時間を共有しているんです。最期の時まで音楽に浸っていたいと感じる瞬間ですね。

演奏会が終わると、又それぞれの生活の場へと散って行きます。寂しくもあり、でも又いつかお会いしましょうと思える瞬間でもあります。今日は本当に楽しい日でした。ドボルザークのCDでも購入して、余韻に浸りたい気分になりながら帰路に着きました。




22















チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
   
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)演奏会 
お問い合せ先
記事検索
ギャラリー
  • 何でも話してね
  • ストレッチは大切
  • アルモニア管弦楽団第15回定期演奏会へ
  • アルモニア管弦楽団第15回定期演奏会へ
  • お友達と
  • 石嶺先生のバーナム導入書の講座
  • 石嶺先生のバーナム導入書の講座
  • 石嶺尚江先生と
  • 石嶺尚江先生と
メッセージ

名前
メール
本文