2016年06月25日

赤松先生の公開レッスン1日目


まだまだ雨の残る中、早朝に家を出て、娘と春日文化センターに向かいました。今日は赤松先生の公開レッスンが開催されました。

9時10分スタートの午前中開催の今日は、比較的小さな生徒さんの演奏でした。皆さんピティナのコンペに出場されてあって、その課題曲を披露されました。

講師対象の講座と違ってお話の先にいらっしゃるのは生徒さんとそのお母様方です。それでいつものお話のスピードを3分の1位に押さえられてゆっくりと説明されました。

講座の際にお聞きした内容があちこちに顔を出します。でも耳にしてそうだった!と確認する段階でいては、まだまだ自分のものにはなっていない証拠なんです。

大切なことは繰り返し何度も耳にして、そして初めて自分の中の引き出しにきちんと収納できるんです。それはいつも生徒さんに言っている自分のセリフであって、自分がお勉強する場合も同様なんですね。

赤松先生からアドバイスを頂いてその場ですぐに反応して直していける生徒さん達はすごいなあと思います。純粋に音楽を追求する無垢な姿に感動する自分がいました。

ホールレッスンなので、音の響き方や飛ばし方に関するアドバイスも聞かせて頂きました。普通に弾くのならば十分だけれど・・と前置きをされて、どうすればホールの後方にまで音が届くかということをきちんとその理由とともにお話しされました。

今日演奏を披露してくれた生徒さんの中には飛び級の方が数人いました。うちの生徒さんでは考えられないことです。そしてそれをきちんと弾きこなしているから又凄いんですね。いろんな生徒さんの演奏を聴かせて頂くと、やはりとても刺激を受けます。

明日も同じ会場で夕方から公開レッスンです。公開レッスンの合間にはプライベートレッスンも入っていることでしょう。うちの生徒さんもそのうち誰か受講できるレベルになってくれないかなあと密かに考えたりした日でした。


25

























チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
  
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)講座 

2016年06月24日

魔法の薬


お教室に小さな生徒さんが増えて来て、レッスン室に置いたものがあります。それはしゃっくりを止める魔法の薬であり、疲れた身体や頭や心に軽く栄養を与える魔法の薬なんです。

地域的なものかもしれませんが、お教室の生徒さんのご家庭は共働きが多く、フルタイムで働いた後でお子さんを迎えに行ってレッスンに連れてみえます。その為、時にはお母様も一緒に疲れてある場合があります。

小さな生徒さんでも早くて6時過ぎの時間だったり、遅い時間帯の生徒さんは8時過ぎだったりします。1週間に1度のレッスンとはいえやはりその時間は大切にしたいし、出来るだけ元気な状態で参加して欲しいという願いがあります。

小学校高学年には残念ながら与えることはほぼありません。体力も知力も増しているし、忍耐も我慢強さも必要とされる学年なので、私がどうぞと言って差し出すのは低学年までです。

その魔法の薬とは、氷砂糖です。以前はチョコレートの欠片をお口にポンと入れていましたが、やはりどう見てもお菓子の類から抜け出せないので変えました。

お口の中に甘さが広がると、眠くてグズっていても疲れて少々不機嫌でも、そこそこ改善されます。糖分は本当に魔法の薬なんです。
毎回与えることはしません。本当に必要だなと私が判断した時のみです。

しゃっくりを止めるのに一役買ってくれることもわかっているので、様子を見て中々止まらない様だったらお口に入れてあげます。すると本当にすぐに止まるんです。これはありがたいです。

レッスン室でお菓子を食べることは禁止されているので、魔法の薬という名前で呼んでいます。レッスン室の棚の上でひっそりといつも出番を待っています。


24



















チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
       
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)あれこれ 

2016年06月23日

先生、面白い!


パーティーAからパーティーBに進んだ小学1年生の元気な男の子のレッスンでした。真ん中CポジションからCポジションへ移行したばかりです。

とても頑張り屋さんなんです。毎回“緊張する〜”と言いつつ弾いてくれますが、その緊張は間違いたくないという思いから来るものだと最近になってわかりました。

ミスしても大丈夫だということ、悔しいなあと思ったら次にどうすれば良いのかを考えてねと、いつも通り伝えてレッスンが進んで行きます。

小学生なので、線の音と間の音を理解してもらっている最中です。2〜3週にわたって線の音をいっぱい書いて来てねと宿題にしていたので、今日はフラッシュカードを線の音と間の音に分けてもらったんです。

私の予想ではサッサと分けて“出来たよ!”と得意げなお顔で私を見つめるはずでした。でもやはり十人十色で、生徒さん1人1人で捉え方が全く違うということの再認識をさせられた時間でした。

間の音がわからない風でした。ということは線の音も怪しいということなんです。ここできちんと把握してもらわなければという思いで、お顔を音符に見立てて両腕で挟んで間の音を表現したんですね。藤原先生の小さな生徒さんがいつも可愛らしくやっているあの動作です。

するとお母様が“ああ、なるほど〜!先生面白い!”と納得しながら大笑いされました。口で“線と線が挟んでいる音符よ”と伝えるより動作で示す方が簡単でわかってもらいやすいんですね。お母様の方にここまで受けるとは思っていませんでしたが(笑)

間の音をたくさん書いて来てねと宿題にしました。お家であの動作をお母様と一緒にやっているでしょうか。次のレッスンの際に間違いなくあの動作をやってみせてくれそうなので、楽しみに待ちたいと思います。


チッペンデールの催し物ご案内

♫佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は7月24日(日)です。 
詳しくはHPをご覧ください。

生徒さんの新着動画も掲載しています♪
http://chippendale-piano.com/

いつも温かい応援をありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいです
   
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


chippendalepiano at 23:30|PermalinkComments(0)ピアノレッスン 
お問い合せ先
記事検索
ギャラリー
  • 赤松先生の公開レッスン1日目
  • 赤松先生の公開レッスン1日目
  • 魔法の薬
  • 魔法の薬
  • 先生、面白い!
  • 心の栄養
  • 心の栄養
  • どうしたの?
  • レッスンで・・・
メッセージ

名前
メール
本文