2010年07月01日11:04iPhone4
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
読んで面白かったのでポスト。


ギズモード・ジャパン

「機能美はどこへ行った? iPhone 4のデザインを考える」

「アップルのデザインチームは、iPhone 4 において、現在最良のスマートフォン、そして彼らの歴史上ももっとも美しい物体を作り上げたにも関わらず、失敗したのです。」





デザインのために機能を犠牲にするのは絶対に間違っている。
そんなのは当たり前のことだが。



2010年06月30日14:54悲しいけど、これWCなのよね…
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
すごく良い試合でした。

結果は結果として受け止め、これからの糧にして欲しい。
バッジョだってベッカムだってランパードだってワールドカップでPK外してるもんね。



中三のときに父親を亡くして、
私立初芝橋本高、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島などからスカウトされたが、
寮住まい出来て経済的負担が最も少ない広島ユースに入り
休日でも友人と遊びに行かず、寮に残ってトップチームのビデオを見て研究し
プロ契約してから現在まで欠かさすことなく母親に仕送りをし続け
弟の大学の学費まで全額負担し
性格は純朴そのもので、森崎和幸曰く「今時珍しい生き物」で
左膝前十字靭帯損傷の療養中にエコノミークラス症候群にかかり
生命の危機に陥ったが、不屈の闘志で復活し、アテネ五輪代表に選出され
アテネ五輪ガーナ戦で鎖骨骨折、一ヵ月後ブドウ膜炎まで発症し
失明の危機もあったが
それすら乗り越えて日本代表になった。


それが駒野友一。


がんばれ。




「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」

                    ロベルト・バッジョ


2010年05月25日17:53まりん
PermalinkComments(0)TrackBack(0)




いいね。



2010年05月19日18:29まるえつ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ヴィーナスとジーザス。

この1曲だけで一週間はイケる。
エンドレスリピート。

相変わらず、謎の中毒性。





嫌いじゃないの、嫌なだけ♪




2010年05月13日13:37広島はじまったww
PermalinkComments(1)TrackBack(0)
iPadのせつめいするけぇ、よう聞きんさい。




完全にウチのおじいちゃんのしゃべり方www
中国新聞クソワロタwww


広島出身の人間なら絶対笑うわwww

2010年04月26日12:45次回予告
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
今週、つまり2010年5月1日の出没!アド街ック天国は、待ちに待った「沼津」特集でございます。

以前のブログに書いたとおり、回転寿司屋でどの客よりも美味しそうに寿司を食す僕が全国ネットで放送される予定となっております。


お時間のある方は、是非、御覧下さい。



2010年04月19日17:42ランチ
PermalinkComments(1)TrackBack(0)
今日のお昼ごはん、いわゆるランチ、スペイン人と二人で焼き魚定食を食べてきました。

そのスペイン人、ロベルトっていう男前。

ほっとんどロベルトがしゃべってたけど、意外と楽しかった。




さかのぼること2週間ちょっと。

4月2日の金曜日、外苑前にある某有名建築家事務所で働いている友達が中国に出張するので、その事務所の壮行会が開かれました。
そして、その友人に誘われてなぜか僕も参加しておりました。

全然知らない会社の壮行会ですので、ハッキリ言って浮くわけですよ。
確かに、僕を誘ってきたのは壮行会の主役なワケですから、後ろめたさとか場違い感は感じなかったのですが、唯一の知り合いが主役だからこそ僕一人にかまってはいられず、結果、僕はひとりぼっちになるのです。

案の定、放っておかれる僕。


そこで知り合ったのがロベルトでした。
あとイタリア人のマウリッツォ?とかジョルジーニョ?ジョルジーナ??ハッキリ覚えてない。

さすが世界的に有名な建築家事務所なだけあって、三分の二くらいは外人さんなのね。

どうせ全く知らない他人に話しかけるなら、日本人より外国人の方が話しかけやすいでしょ。
言葉は通じないけども、なんかノリでなんとかなるからさ。


っつーことで、


僕、外人グループに突っ込む

意外と盛り上がる

意気投合

僕「職場ちかいじゃん!今度メシ行こーぜ!」

ロベルト「いつ?いつ?ねぇ、いつ行く?月曜?」

僕「じゃ、じゃあ、月曜。」

月曜日、二人で定食屋へ

ロベルト「今度は飲みにいこーぜ。日曜な。」

僕「おう、またな。」 ←今ここ



日本語しゃべれない外人さんと二人になると、やっぱ言葉の壁ってのはデカイなぁと痛感するけど、これもチャンスだと思って楽しもうと思います。


僕は英語&スペイン語のスキルを上げたい。
ロベルトは日本語のスキルを上げたい。


思惑は一致しているのだ。

何より、ロベルトが良いヤツすぎる。


これから長い付き合いになりそうです。




2010年04月02日13:39ジャックの無茶振り
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
以前ブログに書いたジャックさんことJAXA関連のお話。

無事、JAXAポスターの締め切りに間に合い、ほっと一息いれていたある日、電話がありました。
JAXAの仕事を僕に頼んできた友人からで、

「例のポスターの件なんだけど、今週金曜、JAXAでちょっとプレゼン的なもんをやるんだけど、来れる?」

という内容でした。

タイミング良く、その金曜は仕事が少なかったので、引き受けることに。
当日、7時に丸の内OAZOにて待ち合わせ。


僕が待ち合わせ場所に行ってみると、なんかJAXAのイベントをやってたんですよ。
人通りの多い広場に面したスペースに、ステージが作られてて、観客席みたいなのがあって、結構な人がいるんですよ。
よくわかんないけど、その道じゃ名の知れた人らしきおじいさんが、トークショー的なものを開催してたんです。
観客のみなさんも、食い入るようにおじいさんのお話に耳を傾けています。

よく見ると、トークショーの前には生演奏のライブもあったご様子。



この時点で、嫌な予感はしたんですよね。
ただのプレゼンなら、こんなとこに集合する必要ないですもん。




JAXAの担当者に

「本日のレビューに参加していただける方、こちらでお打ち合わせを…。」

みたいに声をかけられ、裏に連れ込まれます。

「トークショーが終わりましたら、司会が科学ジャーナリストの○○さん(←覚えてない)に変わります。お名前を呼ばれましたら、観客席から登壇していただくカタチで…」



登壇?

ん?

ステージに上がるって事?

俺?



わけもわからぬまま、自分の名前が書かれた名札を渡され、観客席に座らされる僕。

わけもわからぬまま、自分の本名を呼ばれ、まばらな拍手に囲まれてステージに上がる僕。


結局、ステージに上がったのは僕を含めて8人。
天下の電通さんもいらっしゃいました。


観客席に向かって4人ずつ2列に座ります。
僕は前の列、天下の電通さんは後ろの列。

観客席からバンバン写真撮ってるおっさんとか居るし…。


ま、僕なんて、軽〜い気持ちでここに来てますから、もちろんこんな大事になるとは思ってなかったワケです。
なので、なーんにも考えてきてないわけです。


何の準備もなくステージに上がるっていうのは、想像を絶する不安感なんですよ。
もともと、勝てる勝負しかしないタイプの僕が、敗色濃厚の舞台に上がるわけですから。

まず最初に、それぞれが自分の作品の説明をさせられます。
まぁ、自分で作った物ですから、それなりに話は出来ます。

問題はここから。
「衛星写真の可能性」みたいなテーマで、インタビュー形式の罰ゲームが始まったわけです。




司会者「今回、JAXAの衛星写真を使ってアート作品を作るにあたって、どうでした?何か大変だった事とかありますか?」


ステージ上、全員無言。


司会者「…じゃ、じゃあ大田さん、いかがでしたか?何か大変だった事とか、ここはこだわりました!みたいな部分とかありませんか?」


僕「(何で俺なんだよ。目を合わせないようにしてたのに。)……、そ、そうですね、まぁ、その、…特に無いですね…。」


司会者「あ…、そうですか…。」






司会者「どうですか?みなさん。今後、衛星写真をどのように使っていきたいとお思いですか?衛星写真の可能性というか、今回作品を作っていく過程で、こんなことに使いたい!っていうアイデア等、沸いてきたと思うんですが?」


ステージ上、お通夜状態。


司会者「……そ、それでは…大田さん。いかがですか?衛星写真を使ってみて、感じた可能性というか、次は、こんなことに使いたいなっていう考えはありましたか?」


僕「(また俺かよ!電通に聞けよ!)…あ、あぁ、そうですね、まぁ、その、今回、JAXAさんからいただいた衛星写真を使ってデザインをしてみて、えー、すごく、可能性?…は、感じました…ね。」


司会者「……こ、今度はこういうことに使いたいな、っていうようなアイデアは…いかがですか?」


僕「特に…、ないですね…。」


司会者「……そ、そうですか…。」



終始こんな感じで、誰も得しない意味不明なイベントは幕を閉じたのでした。

本当に辛かった。
このトラウマがきっかけで、別の人格が生まれそうになったわ。



その後、その日の記憶を消し去ろうと新宿でヤケ酒し、朝までヤケカラオケして帰りました。



悲しい思い出が、また一つ増えました。




2010年03月17日11:57ジャックさん
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
先週土日、久しぶりに二日とも休日出勤。

元同居人から依頼されたJAXAのポスターデザインの仕事で。
何度も言ってるけど、グラフィックデザイナーって、色んな仕事と絡みやすいから楽しいよね。
元同居人の会社は映像関係なんで、グラフィックは専門外。
っつーことで僕にお仕事が来たって寸法。

今回のお仕事は、JAXAが持ってる人工衛星から撮った衛星写真を使って、「環境」「観光」「健康」のいずれかのテーマに沿ったポスターを集めて展示するっていう企画。


今週土曜から10日間(3/20〜3/29)、丸の内の新丸ビル7Fに展示される予定なんで、お時間ある方は是非行ってみて下さい。
全部でいくつのポスターが展示されるのか知らないけど、おそらく、一番アホっぽいのが僕の作ったやつだと思います。

結構、好きにやらせてもらった感じなんで、楽しかったです。


楽しいのは良いことです。

はい。


2010年03月08日12:39天国に出没する男
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
3月6日と7日の土日、友達と修善寺の温泉に旅行に行ってきた。
二日とも雨であいにくの天気だったんだけど、伊豆のワイナリー行ったり、できたて苺大福食べたり、もちろん温泉も満喫して楽しかった。
宿に露天風呂がついていたので、雨に濡れながら入りまくりました。

7日のお昼、沼津港の近くの回転寿司屋に入り、新鮮な海の幸を使った寿司を堪能していたところ、急に若いメンズが話しかけてきたんですよ。


「あの、すいません。今からちょっとテレビの撮影を行うので、ご協力お願いできますでしょうか?顔が写ることになるんですけど…。」


まぁ、僕も演技力には定評がありますし、どちらかといえばテレビ映えするタイプなんで、快く承諾してあげました。


「それでは、絶対にカメラの方を向かないで下さい。できるだけ自然にしていて下さい。」


撮影中、隣に座っていた友達に「うまいね!うまいね!」ってわざとらしく話しかけ続けてやりました。







「出没!アド街ック天国」という番組だそうです。


「沼津」とか「伊豆」みたいな特集かな。
回転寿司「すし之助」で寿司食べてる客の中にいるので、もし良かったら御覧下さい。



放送終了後、僕に「アド街を見た。」と声をかけてくれれば、「ありがとう。」と返すサービスも予定しています。






旅はいいねぇ
旅はリリンの産み出した文化の極みだよ




2010年02月23日16:46TRIUMPH
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
少し前に発売されていたK.K.PのDVD、「TRIUMPH」を買った。

生で見に行きてぇなぁ…。

まじで。



2010年02月22日12:44カー
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
カーリングが面白い。

平日は会社のテレビで、週末は自宅のテレビで。
今年のオリンピックの中で、カーリングだけはちゃんと見てる。

カーリングは「テクニック」と「戦略」と「運」。
この3つのバランスがとても良い競技だと思う。
だからこそ、どのチームにもチャンスはあるし、一つのミスでチャンスがピンチになったり、またその逆も。

イギリス戦みたいに、お互いミラクルショット連発の好ゲームも、ロシア戦みたいにお互いミスしまくりの接戦も、どっちも面白い。

そして解説の小林さんが良い味出し過ぎ。
テンション上がっちゃうと大声になっちゃって何言ってんのかわかんないとこが好き。
もちろん普段のすごくわかりやすい解説も好き。

「チーム青森」とか、「クリスタル・ジャパン」とか、いまいち統一されてない呼び名が好き。

スキップ目黒萌絵の泣きそうな顔が好き。

セカンド本橋麻里の刺すような視線が好き。

あとの三人は特に無し。


とりあえず予選4位以内めざしてがんばれ。



俺、基本的に採点競技嫌いだからなぁ。
なんかハッキリしないでしょ。
採点基準が不透明っつーか。
審査員の好みで勝敗決めてる気がしてさ。
ちゃんとやってるんだろうけど、なーんか信用できないんだよね。

特にフィギュアスケートのショートプログラムにあった採点項目の「曲の解釈」って何だよ。
それを採点できるのは作曲者だけだろ。
意味わからんわ。


ちなみに、カーリングは只今ドイツと試合中です。







そういえば。

先月から週2で通い続けているボルダリングですが、最初の壁にぶつかりました。
どうしても指の力を使わないといけないところがあって、そこが越えられない。

指の筋肉を鍛えつつ、体重も絞ってがんばります。


2010年02月11日10:37仕事人
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
今日、祝日なのね。


妙に山手線に人が少ないなぁとは思っていたんだけど。


そうか、祝日か。


普通に知らなかった。


忘れてたんじゃなくて、知らなかった。


そりゃ、会社に誰も来ないわな。


休みだもんな。


休みって知らなかった俺だけだよな。


来てるのは。


はぁ。




さ、帰るか。


何だろ。

得したようで損したようなこの気持ちは。


はぁ。



2010年02月06日18:08板尾創路の脱獄王
PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 
今日、見て来た。
板尾創路っぽくて良かった。


板尾創路、ほとんどしゃべらない。

だが、それが良い。


次回にも期待。

2010年01月29日12:29メモ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモ 
松本人志


ガキ使の葉書トーク にて

『新しい彼氏ができたんですけど、元カレの名前を彫った刺青はどうしたらいいですか?』

「その名前の下に『など』って彫りましょう」



ガキ使の葉書トーク にて

『シャンプーをしている時の背後の気配は誰の気配なんですか?』

「リンスです」



ガキ使のロケ中、サングラスをかけた糸井重里に

「モグラの親分かと思いました」



出川と山崎が乳首相撲をやってる時

「こんなもんに勝ち負けはないですよ。やってる時点で既に負けですからね」



ハイテンション・ベストテンでケンコバが微妙にスベって

「いやぁ、これはビデオに録ってない人たちは悔しがってるんじゃないですか?早送りできなくて」



深夜番組で騒ぎまくる今田、東野、ホンコンに対して

「テレビ付けながら寝てる人もおんねんから静かにしろ!」



「テトリスやりすぎて、テトリスの角が丸くなった」



「朝起きて自分の顔がホンコンになってたら、まず自分の目を潰しますよね」






「僕の耳をね、世界で一番、笑い声を聞いた耳にしたいんですよ」




2010年01月18日18:18フリクラ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
2010年、フリークライミングはじめました。

前々から興味あったんだけど、なかなか行く機会と勇気が無くて、昨日やっと初クライミング行ってきた。
結構、急に思い立って行ったので、何人か誘ったんだけど結局一人。

ちなみに、ボルダリングね。

いろいろネットで調べて、ちょっと遠かったけど一番初心者にやさしそうだった錦糸町のT-WALLっていうクライミングジム。

最初に軽くレクチャーを受けて、あとは放置されたので、一番簡単なコースから順に黙々と登った。
ちょうど僕の近くでクライミング上級者風のイケメンがクライミング初心者らしき女性二人に(下心丸出しで)レクチャーしてたので、こっそり近づいて盗み聞きしながら登った。

思ったよりも人が多くてびっくり。
クソガキからハゲたオッサンまで。


三時間くらいやったら腕がパンプしてきたので、少し上級者のムーブを見て帰った。

最初は簡単に登れるんだけど、難易度が上がるにつれて、頭を使わないと厳しくなってくる。
登る前にホールドの位置を確認してゴールまでのシミュレーションをしっかりしないと途中でグダグダになるからね。

ほんと、パズル感覚の楽しさ。

同じコースを登るのでも、俺と違って上級者は美しい。

ねたましい。


とりあえず帰りにクライミングの本買って帰った。
寝る前にYoutubeやニコニコ動画でクライミングの動画見てテンション上げつつ、買った本を見ながらクライミングの基礎を勉強。

近いうちに、クライミングシューズも購入予定。
なんか、目白に良いお店があるみたい。



2010年、細マッチョへの第一歩を踏み出した予感。


平日、仕事帰りに登りに行く気、満々。


2010年01月13日12:18フリクリ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
flcl少し前にヤフオクで買った「フリクリ」のDVD-BOXが届いた。
全六話なんで一気に全部見た。


もう10年以上も前のアニメなんだけど、今見ても相当おもしろいわ。


設定、構図、アクション、演出、全てがイカれてる。
冒頭、いきなりベスパ180ssに轢かれ、さらにリッケンバッカー4001で頭ぶん殴られるアニメ。


色々と勉強になる。

今見てもすごいと思えるのは、技術だけじゃなくてアイデア自体がすごいから。
そういうプリミティブな部分でのクォリティが高い作品は好きだ。


今更だけど、おすすめ。


2010年01月12日12:162010年。「無」から始まる。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
あけまして。

おめでとうございます。



さて。

newton


今月号の雑誌「Newton」の特集が『「無」の物理学』という、僕の厨二心を大いにそそる内容でして、早速買って寝る前に読んでるとこなんです。

この「Newton」っていう科学雑誌、たまーに僕の心をくすぐる特集をやってくれるんですよ。
「無」とか「ブラックホール」とか「暗黒物質」とか「ビッグバン」とか。


ちなみに、全宇宙のエネルギーのうち、70%くらいが「暗黒物質」なんですよ。
別に、だから何?って話ですけど、何か、かっこいいじゃないですか。

「暗黒物質」とかっていう響きが。
俺とか小学生とかが好きそうな響きが。

「暗黒物質」って書いて「ダークマター」って読んじゃいますよ。


今回の特集にしても、「無」って理解できます?

できないでしょ?

それを、きちんと物理学的に考察するわけですよ。


おもしろそうでしょ?



じゃ、本屋行こうか。


この本買って読んで、俺にわかりやすく説明してくれ。


かっこいい響きの単語が出て来る部分を重点的にな。


よろしく。


あ、あと、今年もよろしく。



2009年12月29日16:08師走
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
本日、仕事納め。

本来なら、今日は大掃除の予定だったんだけど、年明け仕事始めの1月5日に入稿しないといけない案件が勃発。

せっせと仕事するハメに。

他のメンバーは、ただ今せっせと大掃除中。


そこらじゅう雑巾で拭いたり掃除機かけたり資料の整理したり…。




うるせーーー!!!

おめーら全員帰れ!

実家に帰れ!!



2009年12月11日12:55マツコの部屋
PermalinkComments(2)TrackBack(0)

matsuko



ご存じですか?
今、個人的に一番はまってるテレビ番組です。

相当おもしろいぞ。

声を出して笑っちゃう数少ないテレビ番組のうちの一つ。
マツコ・デラックスのワンショットだけでも相当な破壊力なのに、進行役の若いディレクターとの掛け合いが絶妙。

なんなの?
あの生物。

「存在感」が異常。

いくらなんでもデラックスすぎるだろ。


もしよかったら一度ご覧になってみては?


ちなみに、マツコさんは体重計に乗るとエラーが出るので、自分の体重を知らないそうです。