さて、皆さんお待ちかね、今年の夏コミの情報です。今回は色々ありますが、まずはスペース情報から。


イベント:コミックマーケットC92
サークル名:Presence-fTVA
配置:一日目(金曜日) 東地区 メ-51b


●TAMUSIC作品委託について

 自サークルの作品のことをすっ飛ばして(←)今回の目玉です。C92落選のTAMUSICより、以下の作品を委託頒布します。

東方バイオリンロック 神-KAMI-(C92新作)
ピアノのための東方超絶技巧曲集5(C92新作)
けもフレこんさーと(コミケでは初頒布)
・最近の「東方バイオリンロック」シリーズ
・最近の「ピアノのための東方超絶技巧曲集」シリーズ
・その他若干を調整中(「君の音は。」等)


 さて、まさかの同人クラシック大手のTAMUSIC作品を委託頒布です。他の委託先も何箇所かありますが、P-fTVAスペースの特色は、場所が東方クラシック(ピアノ)の島であることと、比較的扱う作品の種類が多めな点です。特に「けもフレコンサート」をゲットできる委託先は希少です。一方で広く浅く置くため、新作の枚数は少ないです。1日目ですと以下のサークルがTAMUSICのメイン委託先になっていますので、C92新作を確実に手に入れたい方は以下2サークルもどうぞ。

SYNC.ART'S 東シ-55b
交響アクティブNEETs 東シ-50b



●TAMUSIC作品同時購入特典

 サブのまたサブですが、やれるだけは頑張ってみます。という訳で同時購入特典。

その1.TAMUSIC作品との同時購入で、SP6『上海紅茶館』500円!
・・・東方曲を扱うSPシリーズの中で最新作となる、SP6『上海紅茶館』を廉価に提供いたします。600円だと1000円からお釣り出すの大変だし P-fTVA作品に最初に触れるディスクとしても最も向くチョイスで、10曲全曲が上海紅茶館、P-fTVAのアレンジをいろいろな側面から楽しめます。
SP6 『上海紅茶館』紹介ページ

その2.P-fTVA作品・TAMUSIC作品各1,000円以上購入にて、TAMUSIC特典CDプレゼント!
・・・TAMUSICではお馴染みの特典CDですが、今回P-fTVAスペースにも用意します。なお大量購入者向けに更なる特典CDも用意しています。

その3.P-fTVA作品3点で2,000円!
・・・いつもの方はぴんと来ると思いますが、いつもやっているものであり同時購入特典でも何でもありませんねw  ですが他のサークルにはないものですので、この場にて紹介。



●TAMUSIC作品委託頒布に伴うデビエーション・注意

 C92では以下の部分において、いつものコミケとは異なる対応となりますのでご了承ください。

1.「3作品2000円」を除くP-fTVAの購入オプション群は、繁忙時対応不可となります。
2.台上スペースの余裕確保のため、一部のP-fTVA作品は台上に展示しません。(持ってきてはいますので、頒布可能です。)
3.混雑時、TAMUSIC新作のみを所望の方は、他の委託先での購入をご協力頂く可能性があります。
4.人の集中を防ぐため、TAMUSIC側でのP-fTVAへの委託に関する宣伝・情報提供は最小限としております。誰かにお使いを頼む場合、お使いを頼まれた側が「TAMUSICの側からP-fTVAへの委託情報に辿り着くのは困難」です。サークル名とスペース、購入希望作品等、正確にお伝え下さい。また「C92TAMUSIC新作のみの」お使い依頼の場合はSYNC.ART'S(東シ-55b)または交響アクティブNEETs(東シ-50b)もご検討ください。
5.通常のTAMUSICスペースと異なり、頒布関連特典は特典CDのみの対応になります。紙袋・クリアファイル等には対応しておりません。


●ちょっとだけ裏側をば・・・

 という訳で余談のコーナーです。

 さて、まさかのTAMUSIC作品委託、実現しちゃいました。これは昔から2サークルを知っている人も、P-fTVAなにそれおいしいの?なTAMUSICファンの人もびっくりだと思います。

 言うまでもなくこの委託、「落選サークルの新作を代替頒布する」のがメインの狙いの委託ではありません。というかそれをやったら島中1SPではパンクします。とはいえ新作も一応扱うこともあり、あの手この手の対策をしての委託実現になっています。まず情報制限で、P-fTVA側は8月から、TAMUSIC側からは前述の通り最低限しか告知が出ません。ブース内スペース確保等のため搬入枚数を過去のP-fTVAのピークの頃と同程度に抑えてありますので、パンクを避けられてもあっという間に完売してしまいますからね。そうでなくとも近隣に迷惑をかける訳にはいかないため、P-fTVAの処理能力に対して確実に余裕を残すように、頒布・集客とも計画しています。

 今回はそれに伴い、頒布スペースに余裕を作るためにP-fTVAの一部作品を引っ込めたり、新作(the 10th)を冬送りにしたりと、一体どっちが頒布元サークルなんだ!?な策も打っています。ただしここまでやったのはP-fTVA側の提案であり決断です。というのも、P-fTVAに足を運んでくれる人のかなりがTAMUSICのお零れというか、特にTAMUSICで「東方クラシックアレンジ」に触れた人なんですよね。私の推定では、TAMUSICに全く縁がないP-fTVAのファンは1コミケあたり「多くて」15人。なので今回は、その最大15人の方とP-fTVA自身にはちょっとだけ犠牲を被ってもらって、東方クラシックアレンジの隆盛(とP-fTVAの今後のファン獲得)のためにチャレンジしてみようと思ったのです。

 ブース趣旨としては、事前宣伝で人を集めるのより、通りがかる人に見てもらおうという考えです。これまでTAMUSICが繁忙時間帯以後に担っていた、「クラシックアレンジも見てみようかな?」という需要に対する受け皿に「穴を開けない」ことが一番の目的。ですのでこちらも、ただ作品を代わりに頒布するだけでなく、いつものTAMUSICブースと同等程度に、或いは異なる視点から、ちょうどいい作品をチョイスする手伝いができるように準備をしております。

 やってみての対応となる点はあるとは思いますが、極力混乱なく、また多くの人に満足していただけるスペース運営を目指しますので、どうぞ宜しくお願いします。