2015年アイチラ10大ニュース 【第4位】2015年アイチラ10大ニュース 【第2位】

2016年01月07日

2015年アイチラ10大ニュース 【第3位】

清純系アイドルやモデルが制服姿で純白パンチラを披露する「みんエス」「やるっきゃ騎士」等のパンチラドラマ、映画が続々登場!


2015年はドラマや映画の中でもアイチラが量産されました。まず、2013年にテレビ東京にて放映されて話題となった『みんな!エスパーだよ!』。元ハロプロの正統派美少女まのえりこと、真野恵里菜がヒロイン役で純白パンチラを惜しげもなく披露した作品。

m6


そのスピンオフドラマとして、2015年4月3日(金)に放送された『みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜』では放映当時AKB48メンバーだった、きたりえこと北原里英が生パン同然の純白パンチラを披露してくれました。

m1


同ドラマの前作では女優の夏帆もパンチラ連発でしたが、役柄がヤンキーということもあって、どちらかというと
"実用性"に欠けるパンチラだったのです。ところが、スピンオフドラマでの北原里英はメガネをかけた芋っぽい優等生の役どころ。A級アイドルグループ所属というルックスの高さはもちろんその役柄のおかげで"実用的"なコンテンツになりました。

m4


m5


真野恵里菜、北原里英ともに1991年生まれで、ともに現在24歳という「なんちゃってJK」ですが、元の素材がよいだけに純白パンチラがとても映えます。この「みんエス」は2015年9月には映画化もされており、本編でのヤンキー役は池田エライザが引き継いでいます。


さらに、80年代に思春期の男子中学生たちを熱狂させた、みやすのんき氏による伝説の学園漫画『やるっきゃ騎士』が2015年5月に実写映画化されました。こちらは、撮影当時20歳だった遠藤新菜という女性ファッション誌のモデルがヒロインを担当。

m9


印象的だったのは、公開初日に行なわれた舞台挨拶。なんと、JKの制服姿で登場した遠藤新菜のスカートを
男性キャストがめくり上げるというパフォーマンスを披露。役柄とはいえ、ほぼ生パンにしか見えない純白パンツ姿を大勢の報道陣に囲まれながら晒されて一斉にカメラのシャッターを切られるという"公開凌辱"羞恥プレイに。

m8


純白パンツと本気で恥ずかしそうな遠藤新菜の表情に報道陣・カメラマンたちはフル勃起不可避だったとか。
ライブステージ等で偶発的に見えてしまうアイチラと異なりドラマや映画は、わざと"見せている"演出のパンチラですが被写体が普段グラビア活動などをしていないアイドルや正統派なモデルだと、その希少価値は格段に高まります。また、自分から"見せる"のではなく、スカートめくりをされて"見られて"しまうとかパンツが見えた後に恥ずかしそうな表情や仕草をするとたとえ演技であっても萌え要素は一気に急上昇します。

m7


みんエス、やるっきゃ騎士に関してはヒロインのキャスティングが神がかっていましたね。わざとらしい露骨なエロドラマも悪くはないですが、こうしたアイチラマニア心をピンポイントでくすぐる良質なパンチラドラマや映画の登場を2016年も期待します。

chira55 at 18:05│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2017年06月06日 13:09
1 変態だ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2015年アイチラ10大ニュース 【第4位】2015年アイチラ10大ニュース 【第2位】