2015年アイチラ10大ニュース 【第3位】

2016年01月07日

2015年アイチラ10大ニュース 【第2位】

アイチラ界のレジェンド!90年代の二大アイチラ女王 「Wパンチラ田中」によるパンチラトークイベントが夢の実現!


2015年、90'sアイドルファンと、往年のアイチラマニアを最も熱狂させた「伝説の一夜」といえばこれでしょう。

01010101


超正統派清純系美少女のS級ルックスでありながらフワッと広がるミニスカから純白アンスコを全開にしていた、まさにアイチラの教科書ともいえる存在であるアイドルグループMelodyの"ゆきどん"こと、田中有紀美。

yukiyuki1


かたや、よっきゅんの愛称で親しまれて2枚目のシングル『夕陽のクレッシェンド』では、当時の歌番組出演時にヒラヒラのミニスカートから見事な回転チラを連発していた、田中陽子。

yo


前者はライブステージで魅せるアイチラ、後者はテレビ番組で魅せるアイチラと、そのパフォーマンスはそれぞれ異なるものの、90年代のアイチラ界に多大なインパクトを残した「生ける伝説」の二人が今年トークイベントを開催!


2015年6月5日(金)、下北沢の風知空知というダイニングバーで開催されたトークライブ『田中珈琲店ミーティング3』。田中有紀美はMelody解散後も音楽活動を継続しており、38歳となった現在もデビュー時とほぼ変わらないルックスで定期的に自身の主催イベントを開催しています。そんな主催イベントに、既に芸能界を引退している田中陽子を迎えてのトークイベントが実現したのです。

筆者もアイチラ研究員の代表として潜入調査してきました。当日はかつてのゆきどん、よっきゅんファンで大入り満員。ステージには、あの「夕クレ」の衣装も飾られていました。

そして、引退から23年ぶりに公の場に姿を現したよっきゅんの口から思いもよらぬ発言があったのです。それは当時の歌番組での映像を観ながら振り返るコーナー。「夕クレ」を観終わった後によっきゅんから発せられた一言。

『下のパンツの話、しましょう』

えっ!?

アイチラ研究員としては度肝を抜かれた発言でした。なんと、よっきゅん自らパンツについて言及し始めたのです。要約すると、歌番組に初めて出演したときスカートの下に穿いていたパンツは「白」だった。しかし、その収録を観ていた会社の偉い人により「紺に変えよう」ということになってしまった。よっきゅん自身は、別に白のままでもよかった―とのこと。

これに対して、ゆきどんは『パンツ仲間ですね』。よっきゅんも『Wパンチラ田中でね』と発言。互いにパンチラ仲間であったことを公言しました。

その後も、よっきゅんからは『私はおへそぐらいまである普通の白いパンツ』、ゆきどんも
『私はフリルのついた可愛いパンツ』『私だけパンツが見える衣装だった』と発言。Wパンチラ田中による白熱したパンチラトークでした。

ちなみに、当時の投稿写真誌によるとゆきどんは、パンチラを撮るカメコに嫌悪感を抱いているというような記述がありましたが、実際には「無断で写真を販売される」ことが嫌だったとか。パンチラそのものについては
お互い容認しているということで一安心でした。

23


その後、よっきゅんは、2015年11月3日(祝)に開催された『宍戸留美誕生祭&デビュー25周年記念イベント』
にてもステージに上がり、なんと「夕クレ」を歌ったのだとか。そして、2016年3月13日には『ダブル(パンチラ)田中の日』と称してライブが開催予定。勢いは止まりません。

アラフォーになっても、永遠のアイドル的存在としてより一層輝き続ける「Wパンチラ田中」の二人にアイチラ研究員は今後も注目し続けていきたいと思います!

chira55 at 18:20│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2015年アイチラ10大ニュース 【第3位】