結局変わってないやん!すみませんが遠慮します

2007年07月23日

虎がいるよ

酒司飛鳥さんが御向かいに移転されて早三ヶ月。
新店舗も段々馴染んできました。

僕が新店舗になって一番驚いたのが、入ってすぐのテーブル席の壁に
いる“虎”です。

正確には虎の描かれた屏風が、額に入れて飾ってあるんですけど。
飛鳥さんに
「随分古いものなんですか?」とお聞きしたら
「そんなに古くないです。明治か大正ちゃうかな」
いやいや充分古いがな。百年近くたってるがな。

カウンターの端にも、大きな爪織り袱紗が額に入れて掛けてあります。

昔からの建物や習慣が色濃く残る京都。
そういうのを大事にして行きたいですね。


虎がいるよ



















袱紗

chirakasi8796 at 20:05│Comments(4)TrackBack(0) 京都のお勧めバー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by どかやん   2007年07月24日 08:26
屏風の絵描きさんは誰なのだろう?と気になっています。袱紗の方は、確か江戸時代の作ですよね?
私は6月中頃に行って以来、なかなか飛鳥さんに行くチャンスがありません(涙)。
2. Posted by ちらかし   2007年07月24日 20:09
どかやんさん、どうもです。

絵描きさんは、ちょっと気になりますねぇ。

袱紗はそんなに古いものだったんですか!
飛鳥さんに聞いてなかったので知りませんでした!
驚きです。
3. Posted by Robbins   2007年07月26日 02:32
反対側の壁は龍ですか?(笑)

ちなみに、僕は寅年で、別れた女房は竜年だった
ので、やはりうまくいきませんでした(泣)
4. Posted by ちらかし   2007年07月26日 20:15
さすがに反対の壁に龍はありませんでした(^.^)
それと元奥様は辰年だったんですか〜
…僕と同い年なんですね。

でもバツイチはなんか“訳有り”な感じがしてカッコ良い!と思いますよ。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
結局変わってないやん!すみませんが遠慮します