京都弁

2008年07月05日

ぼっかぶり

でました!台所にヤツが…

そうです、ぼっかぶり!!!
え?ぼっかぶりを御存知じゃないですか?

そんな事ないと思います。

もし御存じないのなら幸せですが、
ゴキブリのことを京都弁で“ぼっかぶり”て言うんです ^^;
(ひょっとすると関西弁かも?!)

まだ小さなヤツでしたが、一匹見つけたら
三十匹はいると思わないと(>_<)

ゴキブリホイホイ仕掛けなきゃ!

chirakasi8796 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月19日

ごもく

京都弁で「ごもく」って何の事だと思われます?
連想するのは“ごもく”御飯?それとも“ごもく”並べ?

「ごもく」って京都弁では「ゴミ」の事なんです。

「そこのゴミ捨てておいて」は
京都弁で「そこの“ごもく”ほかしといて」になるんですよ。

あっ!「ほかしといて」は「捨てておいて」と言う事です。
「ほかす」=「捨てる」です。これも多分方言ですね。

ですから京都で「肩に“ごもく”付いてるえ」と言われたら、
肩に糸クズかなんかが付いてるよ と
言われたのだと思ってください。

chirakasi8796 at 00:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月13日

おばんざい

京都弁でお惣菜の事を“おばんざい”と言います。
しかし京都では普通“おばんざい”とは使いません。
普通に“おかず”と言います。

しかし街に出ると“京のおばんざい”と銘打ったお店がチラホラ、
いや多数見かけます。

京都が流行っているせいなのでしょうか?

僕のイメージでは“おばんざい”とは、おからとか、お豆腐を炊いたんとか、
ヒジキとおあげを炊いたん等(炊いたんばっかし^^;)
大変しまつした(節約したの意味)料理だと思うんですけど。

つまり、“京都の質素なおかず”と謳ってるようなもの。
そんなん食べたい?



chirakasi8796 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月03日

いかれこれ

東野圭吾氏の名作「秘密」を読んだ女性の感想を
聞きたいと、以前の記事で書いていましたが
遂にその機会を得ました。

その女性の感想は置いておいて、
僕が「あれでは旦那さん、新しい人生に一歩も踏み出せず、
年老いて行くだけ。あまりにも寂しい。あれでは“いかれこれ”やん!」
と怒っていたら、よほどそのフレーズが面白かったのか
「いかれこれ、いかれこれ」と、おまじないの様にリフレーンしていました。

そんなに“いかれこれ”が面白いか?

え〜、それでは“いかれこれ”の使用例など。
「なんや話題のレストランや言うから来たら、店員態度悪いわ、
料理来るの遅いわ、オマケに不味いわ、とどめに値段高いわ、
ホンマ“いかれこれ”やがな!」

皆さんも明日から“いかれこれ”を流行らしましょう!(^.^)
さあ!御一緒に「“いかれこれ”やがな!」


chirakasi8796 at 20:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年07月12日

京都弁? 3

「にぬき」好きですか?
「にぬき」食べます?
と聞かれたら何と答えはります?

「にぬき」って何ですか?となるでしょうか。
「にぬき」とはゆで卵の事です。

ゆで卵より「にぬき」の方が言い易いので、そう言ってますが
これは京都弁なのでしょうか?

関東の人には通じませんでした。

それはさて置き、にぬきには塩派?醤油派?ソース派?はたまた
マヨネーズ派ですか?

僕はソース派ですね。

chirakasi8796 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)