世間ではお盆休みということで

行楽に出かけたり

家でのんびり休暇を楽しんでいる人も多いかと思います。


かく言う私も

学習塾開校初年の昨年は

1週間のお盆休みを設けましたが 

その間の授業振り替えや

月末の休講日がなくなる等

たいしたメリットがないと感じたので

今年は平常(カレンダー)通りでいくことにしました。


お盆はどこに出かけても

人も多いし

値段も高いし

結局長い休みをもてあますだけなら

いっそ

を開けていた方が

生徒も学習が継続できるだろう

という私の判断です。


このように自分の裁量で

自由がきくというのは

何とも言えない心地よさです。



退職後も働くという選択をした私ですが

ストレスフリーのこの仕事(起業)だからこそ

その選択(決断)は正しかったと思います。


ひとりで仕事をすることの不安や大変さは

色々とありますが

毎日通ってくれる子供たちと交流していると

そんなこともつい忘れてしまいます。


あっという間に時間が流れていきます。


日曜日の今日も

教室に来て

生徒たちの履物(下足)を置く台を作りました。

SN3V0916

SN3V0917


塾生が増え

いつも玄関先が靴やサンダルで溢れかえっていましたが

これで少しはスッキリすると思います。