ここのところ新聞ネタが多い
 ファイターズパパブログですが・・・

 またまたまた〜新聞からで〜す

 「レバレッジ」ってご存じですか?
 最近では よく投資関係に出てくる横文字ですが・・・
 で・・・
 聞いてみました
 英語のプロフェッショナルに・・・

 「てこ」のことです。
 「てこ」って 小さい力で大きい力を生み出しますよね。
 その原理で
 投資等で 
 少ない資金で大きな利益を上げることを意味するようです。

 では・・・
 「レバレッジ勉強法」とは
 「勉強することで自分に投資し、ビジネスや生活にリターンを得る」
 という考え方。

 レバレッジコンサルティング株式会社 
 代表取締役社長兼CEO 本田直之氏が 提唱しています。

「仕事や雑用の忙しさにかまけて、読書や勉強する時間が取れないことを言い訳にしている人は、いくら一生懸命頑張っていてもいずれは枯渇してしまう。スポーツにたとえると、練習(インプット)がなければ、試合での成果(アウトプット)もないのと同じ原理。少しずつインプットを積み重ねることによって、アウトプットも継続していける。最もいい方法は、『読書や勉強』(インプット)の時間をあらかじめ確保することである。その結果、アウトプットのレベルも上がり、仕事の効率も上がる。プラススパイラルが続き、やがてそれが「レバレッジ(てこ)」となって、仕事能力が飛躍的に向上する。ただ、『モチベーション』だけで勉強を続けるのは困難で、積極的に『自分の中に勉強をする仕組みを作る』工夫が必要である。」
(1/28朝日新聞記事要約)

 
 社会人にとって
 「インプット」は非常に大切なものと思います。
 氏は 主としてビジネスパーソンを対象に提唱していますが
 もちろん 
 主婦やセカンドライフを歩んでいる中高年にもあてはまります。

 「これこれ〜!これが言いたかった!」
 「我が意を得たり!」

 「レバレッジ勉強法」の考え方は
 まさに 私が理想とする中高年の生き方です

 「いやぁ〜最近忙しくてねぇ〜」
 「やりたいことはやりたいんだけど時間がなくて〜」

 私の周りにも 結構たくさんいるんですよね・・・

 この言い訳・・・
 見苦しいですね。(自分に言い聞かせています)
 まぁ・・・
 結局は
 自分に跳ね返ってくるだけなんですけどね。
 「人は人 私は私」
 でいきませんか。

 1日のうち 
 たとえ 10分でも 1時間でも
 自分の時間(勉強・読書)を持つと決める。
 それが
 1ヶ月
 1年
 3年・・・
 5年経ったとき
 きっと大きな「レバレッジ」となって
 人生に輝きを与えてくれているでしょう。

 合い言葉は

 自分に投資


 なお
 関連する話題として
 拙ブログ12/29「リベラルアーツ 生涯学習のススメ」
 も再読してもらえれば
 私の言わんとしていることが
 さらに ご理解いただけると思いますm(、、)m