2010年06月07日

[お買い物記録*イベント系] 東京国際ミネラルフェア2010、もちろん行ってきましたv

今月4〜8日は第23回 東京国際ミネラルフェア、いわゆる「新宿ショー」。でした。
今回も土曜日の開場とともに突撃ー …開場15分前に並んだのですが、先着プレゼントはゲットできませんでした…。しょぼん。
ミネラルフェア-全体01ltssミネラルフェア&ミネラルショーの記事は5回目になりますね。(去年12月池袋/去年6月新宿/一昨年12月池袋/一昨年6月新宿)毎年通うようになって何年になるのかなあ。
リミットブレイク防止策は今回もいつもと同じ。予算は現金4万円のみで、これは全部使ってもいいけど、クレカはバッグから出さないこと。クレカは禁則事項。(←大事なことなので2回言いました)
もうね、何年も通って、欲しいものは一通り買ったはずなんだから。そうそう買いすぎることもあるまいとね。思うわけですよ。
そんなこんなで、今回のお買い物記録です。写真は例によって出展社ごとです。

ミネラルフェア-ブルーアンバー01ltss←ブルーアンバー 無穴x3 1,300円
いま手元に紫外線ライトがなくてブルーの発色をお見せできず、残念です。
そろそろ一個くらい買おうと思っていたブルーアンバーの小粒玉が、少数だけお手頃グラム単価で出ていたので何も考えず購入。我が家に来た初めてのブルーアンバーなので、加工はせずコレクションボックスに仕舞っておきます。

ミネラルフェア-スターダイとラピス01ltss←スターダイオプサイト 円柱 500円
←ラピスラズリ ラフカット 100円
印鑑ではありません。
…印鑑としか思えないサイズですが。
印鑑ぽい円柱の両端がゆるいカボションになっていて、おぼろげながらスター効果が見えます。
ミネラルフェア-スターダイのスター01ltss
でも写真には上手く映らない…orz →→→
スターとかイリデッセンスの撮影は難しいですねー。
カメラとか照明器具の問題なのだろうか。
それともやっぱり腕の問題だろうか。

ミネラルフェア-サメの歯01ltss←サメの歯 3個 200円x2
すごく…デジャヴです…。
昨年12月の池袋で購入させていただいたのと同じお店であることは言うまでもありません。
しかしあの3つはすでにペンダントやストラップにしてしまいまして、思ったより好評を博したのでした。なので今回は長め3個・短め3個で6個を購入。

ミネラルフェア-ヒデナイトではなくクンツァイトだと思う←クンツァイト 結晶 600円
「HYDDENITE」と書かれた箱に入ってたけど、ピンク色だからヒデナイトではなくクンツァイトが正しいと思う。(←リチア輝石は色によって呼称が変わります)
2x3.5センチくらいの、直方体をぱっきり折り取ったような結晶。リチア輝石の劈開性が「二方向に完全」であることが一目でわかる、素敵な標本です。こういうの、大好き。
後で自分でも劈開してみよう。わくわく。


ミネラルフェア-ナチュラルアンバー←ナチュラルアンバー貫通穴 300円、400円、600円
←ナチュラルアンバー 片穴ドロップ 525円
←淡水パール2ミリ 100円
今回、購入物の写真を撮っていて、「もしや今年はとうとう、ビーズの購入ゼロ?!」と思っていたりしたんですが、よくみたらこれはビーズですね。一応。穴開いてます。
でも今回は本当にビーズはほとんど買っていません。というか、この琥珀だけです。
新宿ショーは池袋ショーに比べるとビーズ販売業者の割合がもともと低めですが、ここのところ特に、ビーズ中心のブースが減ってきているような気もします。
今回、ビーズメインの業者は4〜5ブースしかなかったんじゃないかな?
(片隅にちょこっとビーズも掛かってる、というようなブースはたくさんありましたが)

ミネラルフェア-モルダバイトのペンダントトップ←モルダバイト・シルバー925ペンダントヘッド 2,000円
だからモルダバイトはもうええっちゅうねん!
…と言いたくなるくらい毎回毎回モルダバイトですみません。
SV925のイルカですね。なにしろ可愛いので思わず買ってしまいました…。もうモルダバイトはいいよ…増やしすぎだよ…

ミネラルフェア-オパビニアとピカイア01ltss←オパビニア化石(レプリカ) 2,000円
←ピカイア化石(レプリカ) 1,500円
心の底からバージェス生物群を愛するわたしです。
化石ならなんといっても古生代です。ジュラ紀だの三畳紀だの、そんな最近(2億年前くらい)のことには興味がありません。やっぱり5億年は遡らないと。
カンブリア紀ばんさい。
そんなわけでオパビニアとピカイアの化石のレプリカを発見したので、しかもお手頃価格だったので、両方確保です。
こういう素敵なものがあるからミネラルフェア通いはやめられない。
ミネラルフェア-オパビニアとピカイアぬいぐるみ連れが「こないだ買ったぬいぐるみと撮りなよー」と言ってたので、向きも揃えて記念撮影。→クリックして拡大して見てね!→
…ぬいぐるみもなかなかの出来だと再確認できました。
ハルキゲニアとウィワクシアにもいつか出会えますように。

ミネラルフェア-二色フローライト01ltss←2色フローライト ルース 2,200円
これまた、かなりのデジャヴ。
当ブログご常連の皆さま、昨年12月池袋の記事のトリも、昨年6月新宿の記事のトリもフローライトのルースだったことを覚えておいででしょうか。
見ての通り、今回も罠に嵌りました。
こんなルース見つけて、買わずにいられるわけないじゃないですか…
だがしかし、今回はこれがトリではないのです。
いつもだったらこれで、立派にトリを飾れるのに。今回はこれではないんです。
…何故なのかは、記事の最後で明らかに。

ミネラルフェア-トルマリン8個01ltss←トルマリン ルース 計8個 6,100円
カラット単価の表示されてないルースのブースで、何も考えずにトルマリンのルースを8個。オーバルカットx2、ラウンドカボションx6で、カラット当たりいくらなのかも訊かずに「これ全部ください」しました。
だって色が気に入ったから…。
全部で5カラットくらいありそうなので、カラット単価1,200円くらいでしょうか。トルマリンとしてはお手頃だと思います。

ミネラルフェア-アンデシンとスピネル01ltss←スピネル ルース 6pcセット
←アンデシン ルース
ルース6つ入りのマルチカラースピネルと、可愛いペアシェイプカットのアンデシン。
ミネラルフェア-アンデシン01ltss
アンデシンはアフリカということはコンゴ産かな?
濃い赤色のが多いアンデシンにはさほど魅力を感じていなかったんだけど、このルースは何とも微妙な、淡めのパパラチアカラーを呈していてとても綺麗です。
こんな淡い色のアンデシンは初めて見たかも。

ミネラルフェア-エメラルド01ltss←エメラルド 原石 1,000円x2
「ラリマー処」という大きな看板(?)を出しているブース(店名は違うと思いますが)で、ずらっと並んだラリマーに見向きもせずにエメラルドの原石を物色。(いえ、ラリマーも好きです)
その奥にあったピンクスギライトにも後ろ髪引かれつつ、エメラルドだけを二ついただきました。
素晴らしく綺麗な斑のない発色。このままペンダントにしてもかなり人目を引きそうです。

ミネラルフェア-デマントイド結晶01ltss←デマントイドガーネット 結晶 2,500円
去年、新しくマダガスカルでもデマントイドが産出したと聞いたので、今年あたり出てくるかなーと虎視眈々と狙っていました。
想定通り、かなり手頃な値段で原石をゲット。これは嬉しい出会いでした。
発色はナミビア産に近いかなー。…ナミビア産よりもちょっと若草っぽいかも。カットルースを買っていないのでまだ確かな比較はできませんが。
カットルースもロシア産ほど高価ではないようで、ナミビア産と競合する程度みたいです。12月あたり、もっとたくさん出てきていたら好みのルースを探したい。

ミネラルフェア-バイカラートルマリン01ltssバイカラートルマリン ルース
…はい、こちらが今回のトリになります。
トルマリンです。
フローライトではなく。
最初に見たときは、「あ、フローライトか」とスルーしそうになったんですが。
よく見たら、いやフローライトにしてはゼロいっこ多くね???…と。
たった7カラットで4万超えるようなフローライトなんて、そうそうないですものね…。
…というわけで、緑と黄色のトルマリンに出会ってしまったのです。
あまりにも、あまりにも好みのバイカラー。
発色も輝きも最上級。
これを買わずにおれようか。
逡巡すること5分、結局バッグからクレジットカード出してしまいました…。

そして最終的に購入記録を書いてみると、クレカ使用禁止の禁則を破ったのみならず、総額では予算ダブルオーバーとなったことに気付きました。
反省はしていない。

12月の池袋ショーも今から楽しみですね

[東京国際ミネラルフェアのサイトはこちら]
開催は明日8日まで、8日は17:00で終了です。

【関連記事】&【TB】

*この記事へのTB用URL *

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】