2010年08月13日

*ご質問にお応え*チタンのパーツをお探しとのご相談。

先週はじめくらいにいただいていたご質問、でしょうか。お返事が大変遅くなってしまいまして本当に申し訳ありません。

nao さんより、「チタン、もしくはステンレスの金具パーツを豊富に取り扱っているお店はありますか? (要約)」というご相談をいただきました。
…お気持ち、とてもよく分かります。毎日汗だくのこの時期、わたしも金属のアクセサリーはほぼなにも着けられず、ビーズと石のみで金具使わないネックレスだけで乗り切っております。早く秋になればいいのに!!

ええと、実は半年ほど前に、知人の仕入れに助力を頼まれて浅草橋中をチタン製品を探して回ったことがあります。
その結果分かったことは、『チタンピアス金具ならわりとどの店にもあるが、ピアス以外のチタンパーツは浅草橋(の小売店)にはほぼ無い』です。
(その時は某店の店長さん経由で浅草橋近辺の業者さんを2社ほど紹介してもらって仕入れることができたのですが、どちらも一般小売りは行わないそうです)
この記事は nao さんへのお返事であると同時に、チタンパーツを探してこのブログへお越しになる皆さんへの情報でもありますので、概観的に紹介しておきます。

→チタンピアス
「パーツクラブ」、「貴和製作所」、「Beads Lounge」あたりではチタンピアスの扱いもそれなりにあります。
バリエーションが豊富なのは「パーツクラブ」でしょうか。フック、ポスト、フープと一通りのデザインが揃います。

→ピアス以外のチタン金具
ピアス以外のチタン製品を通常商品として扱っている小売店は、浅草橋では「ジュエリーガーデン」のみ、と考えたほうが良いと思います。
「ジュエリーガーデン」では、チェーン、丸カン、クラスプ、フック金具など基礎パーツはほぼ揃えられるラインナップがありますね。
※ただしこちらの店舗は一昨年から平日のみ(17:30まで)の営業となっていますので、平日来店できない方はネットショップをご利用になる方がよろしいかと思います。

→ステンレス系
「ティーラ」でステンレスピアス(金具ではなく、製品だったかも)を見た記憶がある…程度のような。
やはり通常商品として常時在庫のあるものではないようです。

金属アレルギー回避のためのアクセサリーパーツというとやっぱり銀(silver925)か金(18K、14KFG)が主流だし、銀や金でアレルギーが出る人というのはかなり稀(※いない訳ではない)なので、あえてそれ以外の素材を商材にするのは販売業者さんから見るととてもリスクが高いと思います。
(SV925や14KGFはすでにアレルギーの出にくい素材として定着しているので、わりとどのお店でもたくさん扱っていますが)
パーツクラブなど大きな店舗でチタンピアス金具だけを入荷して販売しているのは、お客の反応を見るためのお試しみたいなものなのではないかなーとも考えられるのですが。( ← 当時取引してくれた業者さんも似たようなことを言っていました)
つまりチタンピアスがよく売れるようなら、ピアス以外のチタン金具も販売するようになるのかも…みたいな。
でもとりあえず現在の状況では、チタンパーツの購入にはネット店舗を利用するほうが効率的なのではないかな、というのがわたしの結論です。

チタン金具を浅草橋で探したい皆さんには申し訳ない感じになってしまった記事ですが、多少なりと参考になれば幸いです。

nao さん、ご質問&メッセージありがとうございました。またのお越しをお待ちしております♪


【余談として・・・チタン金具等の取り扱いが今後増えるのかどうか考察してみる
当時(半年前)たまたま金属材料や臨床系の論文・資料をいくつかあたってみたのですが、金属チタン(Ti)のアレルギー感作率、および陽性率は「金(Au)」「銀(Ag)」とほぼ同じレベルらしいのですね。(※臨床的には、です)
加えて、金属チタンは鋳造性・切削性・研磨性のいずれにも難があり、要するに加工におそろしくコストがかかる、という難点があります。
大変なコストがかかるうえに、成形の自由度は低い。(この点はステンレスも同様) これはパーツの材料として非常に厄介です。
アクセサリー用の金具なんていう小さな金属製品は、実は価格のほとんどが加工費といっても良いくらいです。
合金製のパーツが安いのは、合金が安いというのももちろんありますが、加工が容易という点も大きいんですね。加工が容易だから、様々なデザインも作れますし、お客の要望にも応えやすい。安くたくさん作って、たくさん売ることができる利点があるわけです。
純銀も非常に加工が容易で、アレルギーフリーのパーツとしてsilver925が最主流なのはこの点が大きいのではと思います。
で。
金(18K、14K)や銀(Silver925)と金属チタンの安全性がほぼ同程度であるなら、加工性に優れていてデザイン性の高い金・銀パーツ製品がすでに多く市場に出ているのに、あえてチタンを新しく取り扱うメリットは業者側の視点から見ればそれほど多くないのではないかと。
(もちろんお客側によほど大きなニーズがあれば話は別なのですけれど)
少なくとも一般向けのハンドメイド用パーツとしてチタン製品が定着するかと問われると、難しいのではないかと考えているわたしです。

以上、余談というか、独り言でした。
聞き流してやってくださいませ。

*この記事へのTB用URL *

この記事へのコメント

1. Posted by nao   2010年08月13日 19:09
丁寧な記事、ありがとうございました!
さすがの情報量です(*_*)!

なるほど〜。業者にとっても客にとっても、チタンパーツに絞って拡充するメリットがあまりないのですね。。たしかに金や銀の方が見た目も自由度も高いですもんねぇ…
ただ、私はシルバーにアレルギーがあるので金もちょっと怖くて手が出せないのですよね(/_\;)
やっぱり、おとなしくビーズや蝋引き紐で凌ぎます!

本当にありがとうございましたっ!
2. Posted by YUNOKA   2010年08月16日 18:05
こんにちは、コメントありがとうございます。

チタンにはチタンの魅力もあって、特にあの軽さ! チェーンのあの「樹脂かよ!」的な軽さは素材として面白いと思っています。
ただやっぱり、値段があまりにも(部品としては)見合わないこと、今後下がりそうな要素が少ないことはネックですねー。
うむむ、難しいです。

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】