2010年12月15日

[お買い物記録*イベント系] 東京ミネラルショー2010に行ってきました〜♪

…さて、本日3件目のエントリーだったりします。

仕事も私事もてんやわんやでまさに寝る暇もない(←比喩でも誇張でもなく、事実)師走ですが、「池袋ショー」こと東京ミネラルショーを予定から外すことはできません。何があろうとも。
というわけで、11日土曜日の一日だけ、時間を作って行ってきました。
東京ミネラルショー2010-購入記録全体ミネラルフェア&ミネラルショーの記事は6回目になりますね。
(→ 今年6月新宿去年12月池袋去年6月新宿一昨年12月池袋一昨年6月新宿
参加歴としては池袋ショーだけでも13回めくらいになるはずで、コレクションも年々充実していってるはずなのに、買う量が一向に減らないのはどうしてなんでしょう…
…などと首を傾げつつ、今回もいつも通りのリミットブレイク防止策。予算は現金のみで5万円、これは全部使ってもいいけど、クレカはバッグから出さない。
自分の自制心だけを頼りにして、連れに抑止を頼むのはもうやめました。とめてくれた試しがないからな。
ちなみに毎回、重点的に探す石を決めてから出陣します。(そうでないと片端から欲しくなるので… ←そうでなくても片端から欲しいが
今回のお目当ては、「スフェーンのルース(ちょっと大きめ)と、アウィナイト(できれば原石)」。
そんな感じで、今回の購入記録です。
写真は例によって出展社ごと。だいたい買った順だと思うけど順不同。クリックで拡大します。
ついでに、今までの記事で「これはどこのブースで買ったの?!」と知りたがる友人がいたりしたので、購入した会社・ショップが判るものについては記載しておきます…が…、なにしろ6時間弱の短い時間に400近いブースを回って必死に品定めしている中で、いちいち買ったブースを記録している余裕などあるはずもなく。(はっきり言って、石以外のものは全く視界に入らないのです…)
どこの出展社で買ったかさっぱり不明なものもあると思いますが、参考程度にしていただければ。

ブルーアンバー←ブルーアンバー 無穴 1,300円
長辺15ミリ前後のとろんとしたブルーアンバー。
1グラム1,500円くらいのグラム売りだったと思いますが…琥珀はすごーく軽いので、1グラム以下でもわりと大きいものが選べて楽しいですね。
ちょっとおまけしてもらって1,300円で入手。


コーネルピン ルース←コーネルピン 0.21ctルース
昨年までにもいくつか買っているコーネルピンですが、タンザニア産でもこんな美しい青緑のはなかなか見ない…と思ったので、また買ってしまいましたv
こちらのブースはレアっぽい石のルースが多く、メジャーな石でも珍しい色だったりカラーチェンジだったりして、なかなか楽しいところだったような…おぼろげな記憶ですが。


黄緑色のアパタイト原石←アパタイト 原石(ラフカット) 700円
エスケルやセイムチャンなどのパラサイト隕石(←もちろん超高価)をずらりと並べたブースの片隅に、なぜか明るい黄緑色のアパタイトの原石がちょこんと入った小さい箱が。
アパタイトとしては珍しい色味でとても可愛らしいので、20ミリほどの小さい欠片を買ってみました。青緑ではなく黄みの強い緑色ってあまり見ないので嬉しいです。「アスパラガスストーン」っていうのはこういう色を言うのかな?


ヘリオドール・エッチングとプレナイト&エピドート←ヘリオドール 原石(エッチング) 6,500円
←プレナイト(エピドート母岩付) 7,500円
こちらのブースには、午前と午後(帰り際)の2回、お邪魔しました…。
最初は、ヘリオドールだけ買って満足だった!!
ベリル大好きかつ黄色い石大好きなわたしにとって、ヘリオドール(イエローベリル)は『見かけたら買わずにいられないもの』のひとつです。しかもこの原石は質も良く、エッチング処理も丁寧でとてもきらきらする50ミリ弱の素敵なサイズ。
これはスルー不可能、ということで逡巡なしに購入しました。
その時点ではスルーしたプレナイト(連れのIさんは別のを買ってましたが)…どうして結局これを買いに戻ることになったのかは、記事の最後のほうで明らかになります…。

イエローベリル ルース←イエローベリル 4.04ctルース
…ついさっき原石買ったばかりなのに…ヘリオドール…。
でもあまりにもあまりにも綺麗だったので、やっぱりスルーできませんでした。
4カラットと大きめの、濃い黄色の非常に上質なベリルをバフカット(上面がカボション、下面=裏がファセットカット)にしてあります。
表面はとろりとした質感、でも内側からきらきらと輝きを放つ、とても良いカットになっていると思います。惚れ惚れしてしまいますね…。

強蛍光のホタル石←ホタル石 原石 200円
「強蛍光性」と書いてあったので迷わず1個ゲット。
暗い部屋で照らして遊ぶのが好き。↓
強蛍光のホタル石を照らす
…うーむ、コンデジでは蛍光はうまく映らないですねー。

ウランガラスビーズ←ウランガラスビーズ 9個 1,000円
13ミリ玉4個と10ミリ玉5個…かな?
これももちろん照らして遊ぶ。↓
ウランガラスビーズを照らす
いうまでもなくアンティークではなく現在の製品でそれほど高価値なものではありませんが、紫外線で照らして遊ぶ分には十分楽しめます。

サメの歯の化石←サメの歯の化石 300円x2
毎回買っている3個200円のサメの歯の化石を今回はスルーして、別のブース(海外出展社さんでした)で、もうちょっと大きくて質の良いものを選んでみた。
といっても1個300円だけど。全体的に濃い色で歯茎(?)が赤っぽいのはお安いサメの歯には少ないんですが、ねちっこく探して2つ掘り出しました(笑)
尖り具合もいい感じです。

ブルーカルサイトブルーカルサイト 原石2個 350円
まるでセレスタイト(天青石)のような爽やかなライトブルーのカルサイト原石、お値段は1グラム8円。
2つまとめて秤に乗せたら、約44グラムでした。
ですがすみません、300円しか払っていません…いえ、本当は400円払ったのですが、「50円玉のお釣りがない」とのことで、まけていただいてしまって100円戻ってきたのです…。
…次からは小銭も用意します…
方解石は本当に劈開性が強いなあ、というわけで端っこをいくつか指で割って遊んだ欠片が右下に(笑)

スフェーン ルース←スフェーン 1.42ctルース
ようやくスフェーンの登場。
いえ、もちろん他のブースにもたくさんのスフェーンがありましたが、これ!というものには出会えずにいたのです。
でもこのトリリオンカットはとても素敵v カットが良いのでファイアがあまりにも強烈で、ずーっと目の前でぐるぐる回して見蕩れてても見飽きない感じです。
こんなに美しいスフェーンですがモース硬度は5前後と低めで脆いので、ジュエリー加工は諦めた方がいいでしょうねー。残念だけど。

スフェーンとユークレース ルース←ユークレース 原石0.34ct
←スフェーン 0.75ctルース
ユークレースは本当に本当に希少な石でして、『もし万が一見かけることがあったらその場でただちに、必ず確保すべしと、まだ大学生だった8年前からミネショ、フェアのたびに常に念頭に置いているものなのですが、入手できたのは4年ぶり、やっと2つめになります。
全然見かけない希少石だけど原石はそれほど高価ではないのがありがたいところですね。
(実はこのすぐそばのブースで3ctオーバーのカットルースを見かけはしたのですが、なにしろそちらは320万円… 空恐ろしいほどの美しいBGカラーではありましたけども。
「ユークレース」はギリシア語で「よく(ユー)割れる(クレイシス)」という意味で名付けられたそうで…そんなことを言われると自分で割ってみたくてたまらなくなるわけですが、さすがにこの希少な石を割って遊ぶ勇気はちょっとなく、いつかあと2つくらい入手できた暁にはぜひとも『どれくらい割れやすいのか試してみたい』と思っています。…いつになることやら。
「モース硬度は7.5と高めなのに、とても割れやすい」という矛盾が、またたまらない魅力でもあります。
スフェーンは安かったのでついでに。質はそれなりです。この値段なら試しに指輪かなにかに加工してみてもいいかなーと思って買ってみた。加工業者さんには嫌がられるかな?

ひつじ2頭←干支彫刻・未 600円 x2
こちらは昨年、水晶のがっかりオウム(笑)を購入したショップだと思います。
今回買ったのは小さな小さな干支の置物。グリーンアベンチュリンと、イエロージェイドかな。
ころんとしたフォルムと前足ちょこんとしたポーズがとても可愛いのです。



タンブル5点←ゴールデンダンビュライト 1,800円
←プレナイト 500円
←バイカラーフローライト 460円
←フローライト(黄) 150円
←フローライト(緑) 190円
ルースというかタンブルというか…を5点。
小さいフローライト2つはタンブル、あとの3つは裏面フラットなルースですね。
明るいゴールドカラーのダンビュライトを1つ欲しいと最近思っていたので、お手頃で綺麗なものが入手できて嬉しい。


丸い方解石ちゃん方解石 結晶 3,400円
カルサイトの結晶はかなりの数を集めてまして、上のブルーカルサイトを含めるとおよそすべての色展開を揃えたと思うのですが、こういう球体状の結晶はまだ入手したことがありませんでした。
か、…可愛い…。丸い……。
そして黄色い……。
母岩にへしょんっとくっついてるところもなにやら愛おしい。
というわけでついつい買ってしまいました。

→…で、これを買ってしまったら、午前中に見たけどスルーしてしまったあのプレナイト(葡萄石)も買って一緒に飾らなければならないのではないか…?! という、よく分からない義務感に駆られて3階のブースへ再び足を運んだわけです。
丸い方解石と葡萄石ちゃん
8無事にゲットしてきたプレナイトと一緒に。
このまんまるさといい、揃った大きさといい、誂えたかのような色合いといい、…ふたつまとめて食べちゃいたいほどの可愛さ


今回はいつもトリを飾るようなバイカラーの大物はいないんですが、(さりげなくフローライトのルースは紛れてますけどね…)なんというか全体に緑と黄色っぽい写真しかない…という、購入記録全体がオチみたいな感じになってしまったような気が。
…まあいい。
予算は2割オーバーくらいで済んだかな?
アウィナイトとの出会いがなかったのが残念でしたが(←素晴らしいカットルースはいくつもありましたが、原石は見かけることすらありませんでした…。とほー)、今年も面白かったり魅力的だったりな石たちをたくさん連れて帰ることができて、とても満足な一日でした。

[ → 東京ミネラルショーのサイトはこちら]
もう終了してるけど、一応リンクしておきます。来年も楽しみ

【関連記事】&【TB】

*この記事へのTB用URL *

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】