2009年06月07日

[お買い物記録*イベント系] 東京国際ミネラルフェアに行ってきたー。

6月といえば 東京国際ミネラルフェア !! 第22回の今年は5〜9日の開催。
6日土曜だけではありますが、今回もわくわくと参加してきました〜 ひゃっほう
3月の横浜ビーズアートショーに行けなかった悔しさを東京ミネラルフェアにぶつけるよ!
(↑WEB購入にさんざんぶつけたんじゃないのかよ、というツッコミはさらりとスルー)
2009東京国際ミネラルフェア-お買い物記録とはいえ、[去年6月の新宿(ミネラルフェア)]、[去年12月の池袋(ミネラルショー)]と培ってきた自制心と無駄遣い防止策を、今また試す時! あんまり自信ないけど!(小声)というわけで、今回も同じ方式でリミットブレイク防止。上限を4万円と決めて現金をバッグのポケットに入れ、『現金は全部使ってもいいけど、クレカは使用禁止』と誓って会場入りしました。
「そもそもクレカ持って来なけりゃいいじゃん!」というご意見もありましょうが、それでは「思わぬ運命の出会い」があったときに困ってしまいますので(笑)
(「すごく良い物」に出会ったときには、なにがなんでも買いたいのです…!)
そんな感じで、今回の収穫を記録しておこうと思います。ちなみに今回も、写真は出展社ごと。
2009東京国際ミネラルフェア-青フロライトとセラフィナイトビーズ←天然ブルーフローライト8ミリビーズ 1連 1,000円
←セラフィナイトタンブル 1連 1,000円
まずビーズ。
ミネラルフェアはミネラルショーと比べるとビーズのブースの割合も少ないし、やっぱり化石や鉱物標本の方に目が行ってしまうのでビーズの購入はいつも控えめ。
このビーズみたいによっぽどお買い得価格だったり、浅草橋のどこを探しても見つからないような希少なビーズでもない限り、買う気にはなりませんね…。
この青いフローライトは色があまりにも好みなうえ、フローライトには珍しく色味がとても均一で美しく…しかもこの値段なので迷わず買いましたv
セラフィナイトは大きめの長方形タンブルで、羽っぽい模様が見えやすい形だったのでこれも迷わずゲットv
2009東京国際ミネラルフェア-翡翠ビーズ2種←翡翠ビーズ8ミリ竹・50個 1,000円
←翡翠ビーズ12ミリ筒・10個 500円
手前の8ミリ竹…見覚えがありますね…。
[去年12月の池袋(ミネラルショー)]で買ったものとまったく同じです。もちろん同じ出展社。
フェアも毎年ほぼ同じ顔ぶれですが、当然ショーと両方出ている出展社も多いので、多ければ年に3回顔を見るお店の人も少なくないわけで。
でもまったく同じビーズが買えたのはラッキーだったと思います。数が少ないものですし、前回買ったものは結構気に入って、すでに全部作品に使ってしまっていたので…今回のものは少し淡い色のが多いけど、満足です。
…ビーズ、たったこれだけだった…! このあとはひたすらルース&結晶・標本まつりです。例によって。
2009東京国際ミネラルフェア-穴なしタンブル5種←チャロアイト、ゴールデンラブラドライト、インカローズ、ブルーレースアゲート、アクアマリンのタンブル 5個あわせて 1,200円
これまた[去年12月の池袋(ミネラルショー)]でも[去年6月の新宿(ミネラルフェア)]でも、その前からも毎回毎回購入している、穴なしタンブルです。もちろん同じ出展社で。
それぞれ189円とか427円とかついてるんですが、連れとあわせて7個・2038円だったのを1900円に丸めて(笑)もらいましたv いつもお世話になってますv
アクアマリン(右下)がちょっと珍しい色合いで特にお気に入り。いかにもベリルっぽい絶妙な青… 金とも銀ともよく合いそうで、どんな風に使おうか楽しく悩んでます♪
2009東京国際ミネラルフェア-スピネルとトルマリン←ピンクスピネル・薔薇カット
←2色トルマリン 1.10ct
ピンクの薔薇は、スピネル。産地でカットされたものを直輸入とのことで、研磨代などがかなり安上がりで済むという話でしたが、それにしてもこのサイズのスピネルをこんな値段で出してしまっては大変なのでは…?(笑)イベントだからということで特価にしているそうですけれども、もちろんわたしはこんな値段で買えてとても嬉しいですv
トルマリンはよくあるバイカラーですが、こんな淡いグリーンと淡いピンクのものはちょっと珍しいと思い、つい購入。
写真だとクラックがたくさんあるように見えてしまうのですが、違います。よーーく見ると裏側の2面に、斜め等間隔に数本の直線カットが入れてあり、表側から見たときに輝きが増すようになっているんですね。こういうカットは初めて見たので、とても興味深い。
2009東京国際ミネラルフェア-ラリマールース←ラリマー ルース 1,000円
大小さまざまのラリマーばかりを並べた「ラリマー屋さん」のブースで、隅っこの1,000円コーナーを真剣に、ひとつ残らず見るわたし。
ひとつだけ、1,000円とはとても思えない色のラリマーを発見し、即座に購入しました。晴れた日の海と空の境目のような、吸い込まれそうな青。ラリマーがヒーリングストーンとして大人気なのも、こうやって見ていると納得してしまいます…。
2009東京国際ミネラルフェア-モルダバイト原石←モルダバイト 原石 500円x2
[去年12月の池袋(ミネラルショー)]ではカットルースを数点だけ購入したモルダバイトですが、今回はちょっと小さいけどかなり厚めの原石を発見。
爪先ほどの大きさながら色も形も気に入ったので、2つほどいただいてきました。すっごく安いし!
これでルース、原石と集まったので、あとはビーズだね★ と言ってたら、ブースのお兄さんがテーブルの下の箱からモルダバイトビーズのブレスを出して見せてくれました。う…美しすぎる…! 11ミリビーズのブレス、値札には300,000円…と… ちょ、ちょっと今日一日で決心できる金額ではないですね!
次の池袋ショーまで、散々悩み倒そうと思います…。
2009東京国際ミネラルフェア-スピネルと天然ジルコン←スピネル スクエアカット 1ペア 1,000円
←天然ジルコン ブリオレットカット(穴無) 1ペア 1,000円
いかにも「ルビーの代用品」て感じのスピネルに出会いました。
これは確かに「まるでルビー」だわ…。これの指輪、「ルビーだよv」て言って渡されたら、たぶん信じますよ、普通の人は。(勿論わたしも)
天然ジルコンはまだ持ってなかったので、小さいくせにブリオレットカットが美しいペアを見つけて大歓迎で購入。わりと綺麗だなあー。(←わりとて)
2009東京国際ミネラルフェア-キャッツアイルチル←キャッツアイルチルクォーツ 大・小 あわせて2,000円
カラット単価すら書いてなかったのでどきどきしながらブースのおじちゃん(たぶん米国人)にまず小さいほうを渡したら、「OH! チイサーイ!」と笑いながらはかりに乗せて、ニコニコ笑いながら向けてくれた計算機には「500」と。じゃあこっちは?と渡した大きいほうは、「1500」。あわせて2000円(負けてはくれない)のルチルでした。
どきどきするほどでもなかったな…
シャトヤンシーってつまり、石の中の繊維や不純物が同方向に並んでいれば出るものなので、(ニューキャッツアイはガラスファイバー(つまり繊維)を圧縮して作るらしいですよ)ルチルの線が一方向に綺麗に並んでいればルチルクォーツでも猫目になるわけですねー。シャトヤンシーが出る原理みたいなものが分かりやすく見えていて、標本として面白いです。…いや、ルースだけど。
2009東京国際ミネラルフェア-ピンクシェルのハート2009東京国際ミネラルフェア-ウサギと亀とインカローズ
←ピンクシェル・ハートカボション 10コ 1,000円
←ローズクォーツ ウサギ/カメ 各300円
←インカローズ 穴無しタンブル 500円
同じブースで買ったのに、うっかり写真分けちゃった…
ウサギとカメを一緒に買ってきたのは、もちろん洒落です。…いや、可愛かったからだけども。シェルのハートも、可愛かったからだけども。
あと、日本国内でも産出するというロードクロサイトを、ぜひひとつ欲しいと思っていたので…ちっちゃいサイコロみたいな形が気に入って1つゲット♪
2009東京国際ミネラルフェア-デマントイドルース←デマントイド ルース 0.24ct
そして[去年12月の池袋(ミネラルショー)]では第一目的としていたのに運命の出会いがなかったデマントイド。
今回も禁則破ってクレカ出すほどの出会いは残念ながらありませんでしたが、ナミビア産のお手ごろ価格のものにちょっと可愛い色とカットのものがあったので…
2009東京国際ミネラルフェア-デマントイドルース
ロシア産とナミビア産は本当に、見慣れると見比べる必要もないほど色が違うな!(値段も全然違うけども!)
手元において見ると、これはこれで素敵です。ちょっと大きめで、かなり繊細なカットが施されていて、それはもうキラキラ光ります。
そしてこの、マロンシェイプっぽい形がなんとも大好き…! もう栗にしか見えない。
2009東京国際ミネラルフェア-硫黄の大型結晶←硫黄 大きめの結晶 2,500円
いつか良い標本に出会ったら必ず買おう、と決めている鉱物が、まだ10種類くらいあります。硫黄もそのひとつ。
硫黄自体はそう珍しいものでもないし、高価なものでもないんですが、なかなかこれはという出会いがありませんでした。希元素はたいてい母岩(?)の表面にへばりついたような状態のものばかりで、こんなふうに純粋な結晶として入手できるものは少なくて…この硫黄を見つけたときは、「わたしのためにわざわざ海を越えて持ってきたの?!」という気持ちになりました(アメリカの会社のブースだったので)
ちなみにお会計するときに店番のお姉さん(もちろんアメリカ人)が、「もろくて壊れたり粉になったりすると危険だから、直接触らないでねv」と英語で教えてくれました。
大丈夫、大事にするよ…! ケースからは出さないよ!
2009東京国際ミネラルフェア-2色フローライト←バイカラーフローライト ルース
拙ブログの「お買い物記録」をこれまでもご覧下さっている皆さんの中には、「お前、緑と黄色のもの買いすぎ…!」とお思いの方もおられるかもしれません。
「どんだけ黄緑と黄色の組み合わせが好きなんだよ…!」と。…ええ、自分でも思います。
どれくらい好きなのかというと、緑黄色野菜という単語を見ただけで心が震える勢いです。…話が逸れました。これ以上は別のブログで語ろうと思います。
それはそれとして、そこまでこの2色の組み合わせが好きなわたしが、このルースを目にしたときの行動は容易に想像してもらえると思います。
見た瞬間、がしっとキープし、そのあと一度たりとも手放しませんでした。
わたしのために仕入れたの? いやむしろ、わたしのために作ったの?(←自然にできたものであって、作ってはいないだろ…!) という気持ちで、購入させていただきました。
何度見ても、わたしのために用意されたルースだとしか思えません…。色合いといい、ちょうど半分ずつのバランスといい、完璧です。GJです。
スタンダードなフローライトは緑と紫が多くて、しかもバイカラーというよりは縞模様のようになっているのが普通なので、こんな明るいグリーンとイエロー、しかも縞ではなくこんな幅のあるバイカラーだなんて…。驚きです。GJです。(←2回言った)
ところでフローライトはfluoriteだから確かに「フルオライト」が正しいんだろうけど…なんか一瞬、別の石かと思っちゃいますね。石の名前はまったくもってややこしいなあ。

10時半から14時半までの短時間ですが、今回のイベントも心ゆくまで堪能しました
さ、コレクションケースに並べて飾る作業に戻るとするか…

[東京国際ミネラルフェアのサイトはこちら]
開催は9日まで、9日は17:00で終了です。

【関連記事】&【TB】

[浅草橋をお散歩♪]鳥越祭、無事終了♪【浅草橋でアクセサリー材料探し!】天然石・ガラスビーズ「ビーズボーイ」

*この記事へのTB用URL *

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】