2009年09月15日

*ご質問にお応え*ヘンプ用の天然石ビーズを扱ってるお店は?&リボンレイの講習会はある?

メッセージ・ご質問フォーム」からのご質問やご相談にお応えするコーナー〜。
昨日いただいた2件のご質問に、1記事でお返事です。

【そのいち・ヘンプに通す天然石】
「ヘンプアクセサリーを作りたいのですが、8ミリの天然石の穴が小さくて入りません」(要約)というご質問を えりりん さんよりいただきました。
→ヘンプやアジアンノットには、「太穴タイプ」のビーズを使うと楽ですね。(残念ながら、浅草橋ではあまり見かけません…)
見つけるコツは「ビーズ専門店」ではなく、「手芸用品店」で探すこと。毛糸や紐、コードなどを扱っている総合店のほうが、このタイプのビーズをよく扱っているようです。
例えば手芸用品通販の老舗、「シュゲール(藤久株式会社)」。
←こんな感じで、2ミリ以上の穴が開いているものです。
これならヘンプ2回くらい通してもOK。
藤久」さんの商品なので、お近くに「トーカイ」のショップがあればそこで買えるかも。
A5379_I1メルヘンアート社」でも扱ってますね。太穴のさざれも有り。
←この画像はネットショップにリンクしましたが、浅草橋のお隣「両国」駅のほうにショールーム&実店舗もあります
いろいろ相談に乗ってくれるお店なので、訪ねてみるときっと良いことがありますよ!
(「メルヘンアート社」の商品は馬喰町の「マービー 2」でも購入できると思います。品数・値段ともにイチオシ。)
マクラメビーズや染付けビーズ、陶器ビーズなど、紐結び用に穴を大きくしてあるビーズは天然石以外にもいろいろあります。
浅草橋でこういったビーズを扱っているお店は少ないのですが、「MALAIKA」「ヂャンティ」「QUEENS パート2」「マービー 2」あたりを覗いてみると、面白いものに出会えるかも。
手持ちの天然石ビーズの穴を広げるのは…
ついでに、ビーズリーマーで穴を広げるのは難しいか、というご質問。
まず基本的にビーズリーマーとは、穴の詰まりを取ったり穴をきれいに整えるための道具で、穴の太さを広げるという用途にはあまり向きません。
難しいというか、天然石の種類や硬度・性質によってはそもそもビーズリーマーでは歯が立たない、削れないものも多いのです。
特に水晶・石英系(アメジストやシトリン、クォーツ類)などは硬度が高いため、電動リーマーでも穴を広げるのはほとんど無理ですし、無理に広げようとすれば、割れます。
パールやシェルなどの柔らかめの素材なら比較的加工しやすいとは思いますが、慣れるまでにはかなりの数のビーズを無駄にする覚悟が必要でしょう。怪我をする危険もありますし、チャレンジはあまりおすすめできません…。
ヘンプじゃない芯を通してみる
ちょっと裏技的ですが、芯ひもだけを細い紐にしてしまう、という手もありますよ。
平結びやねじり結びなら、芯ひもはヘンプにくるまれて見えなくなってしまいますよね。なので、芯ひもはビーズに通る細さの紐やワイヤーを使い、見えないように始末してしまうデザインにするとうまくいくかも。
200907202333374a1→たとえばこちら、柚香の作成例。(クリックで拡大)
平結びの芯をナイロンコードワイヤーにして、細穴タイプの天然石ビーズを通しています。
これならビーズの穴がすごく細くても、全然問題なし。

いろいろ工夫して試してみるのも、また楽しいですよ


【そのに・リボンレイの講習会】
「リボンレイストラップの講習会等ありますか?」というご質問を、匿名の方からいただきました。
→ハワイアンリボンレイの体験教室は、「east side tokyo(旧・シモジマ6号館)」で月2〜3回くらい実施されていますね。
教材が「レイ(首飾り)」になるか「ストラップ」になるかは、講師に依るのかな? 講師の方に直接お尋ねしてみたほうがよいかもしれません。
講習会・体験教室のスケジュールは→こちらのページで随時公開されていますので、チェックしてみてください。

[ → 各ショップを大きな地図(Googleマップ版)から探す ]

今回のおふた方、メッセージフォームのご利用ありがとうございました♪

【関連記事】&【TB】

*この記事へのTB用URL *

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】