2009年09月28日

*ご質問にお応え*「14KGF(ゴールドフィルド)」のこと、いろいろ。

もう先々週になってしまうのですが、どんな偶然か、同じ日に別々の方から「14KGF」に関するご質問をいただきました。
不思議。
なので今日は、浅草橋でも取り扱いがじわじわ増えてる【14KGF】のことを少し。

【14KGF(ゴールドフィルド)の、基礎すぎる基礎知識】
[断面イメージ]
GF模式図2
※あくまでイメージ図です。
面積比率は正確ではありません。
「14KGF(ゴールドフィルド)」=「総重量の1/20を14金が占める金張り加工」。
14金の層は圧着されているので、メッキやコーティングとは構造が異なりますが、イメージだけで言うと…こうかな。→
「ゴールドフィルド」ではメッキの約100倍の厚さの14金の層ができるそうで、質感はメッキとはまったく違う感じになりますね。
変色したり剥がれたりも、ほぼしないと言っていいと思います。
大事に使えば、何代も伝えることのできる素材です。(実際、ヨーロッパのアンティークジュエリーは金張りのものが多いです)

【金属アレルギーのこと】
「14kgfはアレルギーが出ないのでしょうか?」というご質問を 匿名 さんからいただきました。
→金属アレルギーはものすごく個人差があるので、どんな素材であろうと「出る」「出ない」という断言はできないのがつらいところですね。
ですが、「14KGF(ゴールドフィルド)」は「かなりアレルギーが出にくい」とは言えると思います。
「14金や18金でアレルギーが出ない人」ならまず大丈夫でしょう。
個人的には、「SV925と同程度の安心感はある」と思っています。
(余談ですがわたしの従姉妹には、ニッケルも錫も大丈夫だけど金にはアレルギーがあるという希少な体質の子がいます…

【浅草橋ならどこで買う?】
購入店についてのご相談は、lancet さんからいただきました。
→現在、浅草橋で14KGFのパーツが一通り揃うのは
・「貴和製作所(本店)
・「Genuine deux(ドゥー)店
・「Beads Lounge
・「BEADS SHOP プレラ
あたりですね。この4店なら基本的な金具パーツはだいたい扱っています。
どのお店を選ぶかは人それぞれだと思いますが、どこで買うにしても、できるだけ1つのお店で全部揃えたほうが良いです。
「14KGF」とひと口に言っても、製造メーカー等によって微妙〜に色や質感が違ったりします。14Kということは、14K部分の5/12(約41%)は銅などの金属が混ぜてあるわけで、その材質・比率によって色味は違ってくるんですね。
(18金がイエローだったりホワイトだったりピンクだったりするのと同じ理屈です)

あちらのお店でピアス金具、こちらのお店で丸カン、通販でワイヤー、等とバラバラに買い揃えると、「意外と色が違う!」なんてことになりかねません。一目ですぐに分かるほどはっきりと違うものはそんなにないですけど、作り手としてはちょっと気になりますよね。
もろちんこれは14KGFに限った話ではないわけですが、パーツとしては値の張るものですし、買った後でがっかりorz、なんてことのないように…(←経験者が語ります)
できれば必要なパーツをすべて、1か所で見比べながら買うのがベストだと思います。
わたしはもちろんお店の回し者ではないのですけれども、お気に入りのお店を贔屓してしまうのは多少大目に見ていただけるでしょうか…。
というわけで、わたしが今まで買った中ではやっぱり、「BEADS SHOP プレラ」さんが一番お勧めだと思います。
お値段も他の3店よりちょっぴりお安いのですが、品質は遜色ありません。…というか、14KGFで質の良くない商品、というものはまだ(他のお店を含めて)見かけたことがありません。「安いものは質が悪いかも…」という心配は今のところあまり必要ないと思いますので、品揃えと価格だけで選んでも良いのではないかと思います。
10K、24Kコート、14KGFのワイヤー類も他の店より揃っています。
ただし。
14KGFのデザインチェーンの品揃えだけは、「貴和製作所(本店)」が最も豊富なのです…。
なので、デザインチェーンをメインにした作品を作るのであれば、「貴和製作所(本店)」に行ってまずチェーンを選び、それに合わせてパーツを揃えるのが良いかもしれませんね。

[ → 各ショップを大きな地図(Googleマップ版)から探す ]

今回のおふた方、メッセージフォームのご利用ありがとうございました。
お返事がだいぶ遅れてしまって、本当にごめんなさい。素敵なパーツに出会えますように!

【関連記事】&【TB】

*この記事へのTB用URL *

この記事へのコメント

1. Posted by 作家   2010年11月02日 13:59
プレラさんのチェーンは後々
変色していきますよ
コマが小さいものをセレクトする方が良いです
また実店舗よりネット店のほうが
お安く質もいいものが出ている場合があります
ご参考までに
2. Posted by もじ   2011年07月13日 23:22
唐突にごめんなさい。とても詳しそうな方なので質問させてください。ゴールドフィルドのネックレスなどで最後ヒキ輪につなぐカンが細めのものだとチェーンが抜けないよう溶着されれいるものが多いと思いますが、その溶着部分が人によっては、使っていて黒く変色するようなのですが、なぜだかお分かりになられますか?またそのような事例はよく耳にされますか??お教えいただければ幸いです。
3. Posted by take   2012年08月07日 17:21
5 こんにちは。

ちょうど、素材をアップグレードしたいと思い、リサーチをしていたところヒットしました。
とっても丁寧なご説明ありがとうございます!!

すっごく参考になりました。

こちらの、もじさんのコメントへレスされている、変色というのは、普通に売られている真鍮なんかに比べると変色しにくいけれど、ということでしょうか?

そもそもアップグレードしたい理由が、やっぱり変色が気になってしまうというのが一番だったので、少し気になってしまいました。


よろしくおねがいいたします。


4. Posted by YUNOKA   2012年08月07日 20:38
はじめまして、takeさん。コメントありがとうございます。

まず、 もじ さんのお書きになっている変色の件ですが、「溶着部分が〜黒く変色」とのことから、これはおそらくロー付け部分の変色のことではないかと思います。
ハンドメイド作品ではほとんど使用しませんが、完成品ジュエリーとして販売されているアクセサリーには、引き輪とチェーンをカンで繋ぐのではなく、ロー付け(←溶接みたいなものと考えてください)されている物もよくあります。
ロー付けには母材(この場合は14KGF)と同じ金属は使用しないものなので、真鍮など他の合金が使われており、使用しているうちにこの部分だけが変色するというのは考えられることですね。

通常、ハンドメイド用として販売されている14KGFパーツには別の合金でのロー付けなどはされていませんので、普通のパーツを組み合わせて制作するぶんにはこのような変色の心配はないものと思います。

ただ、14KGFにしても10K・18Kにしても、変色の心配が少ないのは確かですが、「手入れまったく不要で100%絶対変色しない!」なんて金属は存在しませんので、最低限のお手入れは必要です。
 ・身に着けたあとには必ず布で拭く
 ・必ず密封できる袋やケースにしまう(空気に晒した状態にしない)
丁寧に扱えば何十年も美しいまま使える素材ですので、作品のアップグレードにはとても良いと思います。

また何かありましたら、遠慮なくコメントくださいませ!

この記事にコメントする

名前: 評価:
URL: 顔   
cookie:
【 My Name 】
柚香(ゆのか)==YUNOKA
主な行動範囲は秋葉原〜浅草橋〜御徒町。毎日4時間残業のIT系技術職、だけどお昼休みには浅草橋をうろちょろ。キラキラ光るものが大好きです。
【 My Site 】