2015年04月19日

みなしゃま ありがとでち。

1419062607367



KIMG0327



KIMG0324



1410002360293



1419154393849



1406470809367



おやちゅみなしゃい。


chirom at 18:39|PermalinkComments(0)

となりに ふつうに。

いないけど

どこかにいるよで



ひょいと顔出しそうなのに

どこにも姿はない




空気のような

あって当たり前の存在にだった


当たり前すぎて

うまく顔が思い出せないよ



かぁちゃん!べぇっ!

って しに来てちょーだい


chirom at 12:23|PermalinkComments(0)

2015年04月18日

お休みの好天。

久しぶりのお休みのよい天気。

今日 ふたりで病院に行って
せんせいに見てもらうつもりだったのにね。。。

こんなに いいお天気で
お散歩日和だよ

どうして


いないの。。。

chirom at 14:23|PermalinkComments(0)

2015年04月17日

桜の子。

Chiro さんが 小さな骨壷で
おうちに帰ってきました。

ちいちゃなからだは
棺の窓の部分にすっぽりで。

きれいなお顔ですね、

って最期の最期まで
褒められわんこでした。


なぜ お部屋にいないの?

なんで 階段のいつものとこに
腰かけても
「抱っこ〜」って来ないの?

…大好きボーロさん いっぱいあるよ。


そのたびに 涙がこみあげるです。

★ ★ ★

Chiro が我が家に来た年も3月から
桜の盛りで。

3月末に我が家に来た時も
近所の少し遅咲きの桜が満開で
その桜と記念のお写真を撮りました。

毎年。
桜の季節になると ちょこちょこ
ご近所花見してたかな。

今年は変な桜で
あっという間に咲いて 散っちゃったから
花見らしい花見もできず
ママのお仕事のお見送りがてら
3人で桜見ながら歩いたのが
最期の花見になっちゃいました。

Chiro が亡くなった夜
お花屋さんに行って

桜 ありますか?

って聞いたら
満開の枝が1本だけあって。
Chiro と思い出のある
色んな花と合わせて
買って帰りました。

Chiro を包む白いタオルに
満開過ぎて落ちてきた花びらを
置いてあげて。

「桜さん うまうまじゃないから
どうでもいいでち」

って言ってた気がするけど
Chiro は桜の子だったなぁ…
って 改めて思ったです。

淡い桜色が似合う
かわいい おんなのこ。でした。

chirom at 11:12|PermalinkComments(0)

2015年04月16日

最期の抱っこ。

今日 Chiroさんを 荼毘にふします。

朝 最期の抱っこをして
いっぱい いっぱい お話しました。

なでなでしてる もふもふの感じは
Chiroさんのままなのに
しっぽもふわふわなのに ね

おしゃべりしながら
いっぱい いっぱい 泣きました
まだ 今日は 泣きまくってても
心配しないよね?

★ ★ ★



「おちっちがあるから おきてでち」

って ママを起こしてくれたChiro ちゃん

ベッドでお粗相しちゃうことは
ありませんでした

いつもの おねむの作法があって。

ママがお布団をあげて とんとん てすると
脇の下あたりでくるっとまるくなり
少し経つと
「ママ もう満足したでしょ」
というように はい出してきて
お布団の上の パパとママの隙間に
パパにちょいピトってしながら
丸くなって眠り。
朝方 寒くなってくると
ふたたび ママをツンツンして
お布団に入れてもらう。

毎日。

ふつうに繰り返されていたのに…

Chiro が ひとりでおねむしたのは
我が家に来たその日の晩と
亡くなって帰って来てからの この二晩だけ。

あとは いつも 旅先でも
いつも一緒に寝てました。

お星さまになって帰って来たら
またパパとママの枕元で
一緒におねむしようね。

★ ★ ★

何を思い返しても
かわいくて おりこうで
いいところしかない子でした

blogをあんまり書かなくなってからも
温泉旅行に行ったりしてたのに

記事を読み返しながら
一瞬一瞬をもっと 留めておけばよかったと
後悔しています

Chiro 本当にありがとうね


chirom at 09:04|PermalinkComments(0)