2015年04月17日

桜の子。

Chiro さんが 小さな骨壷で
おうちに帰ってきました。

ちいちゃなからだは
棺の窓の部分にすっぽりで。

きれいなお顔ですね、

って最期の最期まで
褒められわんこでした。


なぜ お部屋にいないの?

なんで 階段のいつものとこに
腰かけても
「抱っこ〜」って来ないの?

…大好きボーロさん いっぱいあるよ。


そのたびに 涙がこみあげるです。

★ ★ ★

Chiro が我が家に来た年も3月から
桜の盛りで。

3月末に我が家に来た時も
近所の少し遅咲きの桜が満開で
その桜と記念のお写真を撮りました。

毎年。
桜の季節になると ちょこちょこ
ご近所花見してたかな。

今年は変な桜で
あっという間に咲いて 散っちゃったから
花見らしい花見もできず
ママのお仕事のお見送りがてら
3人で桜見ながら歩いたのが
最期の花見になっちゃいました。

Chiro が亡くなった夜
お花屋さんに行って

桜 ありますか?

って聞いたら
満開の枝が1本だけあって。
Chiro と思い出のある
色んな花と合わせて
買って帰りました。

Chiro を包む白いタオルに
満開過ぎて落ちてきた花びらを
置いてあげて。

「桜さん うまうまじゃないから
どうでもいいでち」

って言ってた気がするけど
Chiro は桜の子だったなぁ…
って 改めて思ったです。

淡い桜色が似合う
かわいい おんなのこ。でした。

chirom at 11:12|PermalinkComments(0)

2015年04月16日

最期の抱っこ。

今日 Chiroさんを 荼毘にふします。

朝 最期の抱っこをして
いっぱい いっぱい お話しました。

なでなでしてる もふもふの感じは
Chiroさんのままなのに
しっぽもふわふわなのに ね

おしゃべりしながら
いっぱい いっぱい 泣きました
まだ 今日は 泣きまくってても
心配しないよね?

★ ★ ★



「おちっちがあるから おきてでち」

って ママを起こしてくれたChiro ちゃん

ベッドでお粗相しちゃうことは
ありませんでした

いつもの おねむの作法があって。

ママがお布団をあげて とんとん てすると
脇の下あたりでくるっとまるくなり
少し経つと
「ママ もう満足したでしょ」
というように はい出してきて
お布団の上の パパとママの隙間に
パパにちょいピトってしながら
丸くなって眠り。
朝方 寒くなってくると
ふたたび ママをツンツンして
お布団に入れてもらう。

毎日。

ふつうに繰り返されていたのに…

Chiro が ひとりでおねむしたのは
我が家に来たその日の晩と
亡くなって帰って来てからの この二晩だけ。

あとは いつも 旅先でも
いつも一緒に寝てました。

お星さまになって帰って来たら
またパパとママの枕元で
一緒におねむしようね。

★ ★ ★

何を思い返しても
かわいくて おりこうで
いいところしかない子でした

blogをあんまり書かなくなってからも
温泉旅行に行ったりしてたのに

記事を読み返しながら
一瞬一瞬をもっと 留めておけばよかったと
後悔しています

Chiro 本当にありがとうね


chirom at 09:04|PermalinkComments(0)

2015年04月15日

ありがとう。です

今日。
Chiro を救って 私たちに 繋いでくださった
Perro Dogs Home さんから
Chiroあてに かわいいお花が届きました。

ありがとうございます。

Chiro の為に用意した
リードやハーネスが黄色だったのをご存知だったのでしょうか?

かわいくて 元気なお色の黄色いお花のアレンジメントでした。

ママは「Chiroには黄色が似合う!」と思っていたので
とっても とっても 嬉しかったです

★ ★ ★

パパ と ママ は情けないけれど
あーした瞬間。こーした瞬間。に涙にくれています。

なんで この週末なんて思っていて
病院にすぐに連れて行かなかったのだろう
と 後悔の思いも募るばかりです

ごめんね。


ひとりぽっちでお留守番しているのが大嫌いで
帰ってくると パパにも ママにも
♪おかえるダンス ♪タッチして〜 タッチして〜
と足元でぴょんこぴょんこしていたChiroさん

亡くなるその夜も そんなダンスを披露してくれてました

一緒にお夕飯のおこぼれを狙ってたり
お豆腐をうまうましたり。
夜もちょっと ケンケンしながらも一緒にベッドに行きましたが
いつもなら収まるケンケンがこの日はおさまらなくて
救急病院に駆け込んで・・・
でも もう重篤な事態でした。。。

すごくすごく頑張って。

酸素室にいた方がいいです
と先生が言うのに暴れて。無意識に暴れて。
「抱っこします」と言って 酸素室からチューブのついた体を
出してもらいました。
ママとパパが交互に抱いて。お口に酸素キューブを差し持って。

そうしたら。
もう弱まってきている感じだったのが
一度 呼吸が少し元気に戻ってきて。
その瞬間だけ。
なんか パパ と ママ のおひざにいるのをわかってくれてる気がしたんです。

パパとママ以外は うまく甘えられなかったし
パパとママがいない場所が大嫌いだった子だから
病院の箱の中に置いていかれるよりは
パパとママがいる その時間を選んでくれたのかもしれません

直前まで いつもとそんなに変わらない感じだったのも
「入院とかさせられるなんて 許せないでち」だったのかな?

Chiroと5月も6月も夏休みもクリスマスもあると思っていたので。
こんなにも急に 実在が消えてしまったことが受け止められません。

最初から手のかからないいい子でしたが
高齢犬を看取る大変さも味あわせずに天国に行ってしまいました。
そんな聞き分けのよい子じゃなくてよかたのに・・・

まだ悲しくて 支離滅裂ですが
どこに行っても 「かわいいワンコね!」と言われた
我が家の できのいい娘は 本当にパパとママの自慢でした。

Chiro ちゃん。
ちゆの パパとママでいさせてくれて ありがとうね。

chirom at 18:01|PermalinkComments(0)

2015年04月14日

ご報告

今朝8時
Chiro が虹の橋を渡りました

心臓病の悪化から来る肺水腫でした

前兆に気づけなかったことが
悔やまれてなりません

Chiro は とてもとても頑張ってくれて
パパとママに抱かれながら息を引き取りました

生前 可愛がっていただいた皆さまに
本当に心からお礼申し上げます

ありがとうございました

chirom at 09:04|PermalinkComments(0)

2013年12月09日

来月 犬ドック。

先月、また鼻水がぐしゅぐしゅしてて
病院で抗生物質を貰ったChiroさん。

きれいにお薬だけお皿からポイする!

というウルトラCもやってのけましたが
騙されて食べたり
お口に無理矢理入れられたりしながら
全部飲み終わり
すっかりぐしゅぐしゅは治まりました。

ただ。
前から指摘されている心臓の方は
加齢もあって症状が進行しているみたい。

年明け早々に人間ドックならぬ犬ドックを受け
エコーとかもして
状況をちゃんと確認した後
(状態の比較ができるように)
お薬を飲み始めようと思っています。

唯一のお遊びさんだった

ボーロさん 追いかけるです!

も、実は最近はお口にもっていってるか
足元に投げてあげてるのでしてないの。
気づいてるかな?

病気もその仔の個性だから
上手につきあっていきたいです。

chirom at 11:53|PermalinkComments(0)Chiro♪