どうも。

最近少し朝が涼しくなり、何とか無事に部屋のエアコンなしで乗り越えれそうな気がしている者です。

ここ最近夏でも冷え性の人が多いので、今日は冷えについて書いてみます。
(ちなみに当院の治療で冷え性は改善します)

どうして冷え性になるかというと

・エアコンの常用

・甘い物の食べすぎ

・運動不足

・生活習慣からくる骨盤の歪み

・自律神経の乱れ

などでしょうか。もっとありますが、挙げればキリがありません。

冷え性だと自分で感じるほど手足が冷たいなら、体のあちこちの血の巡りが悪く
内臓の調子も落ちてきます。

なので、冷え性の人が頭痛・肩こり・腰痛・便秘など同時に訴えることが多いのは当然のことと言えます。

病理学的に説明すれば、この「冷え」の低温によって血管が縮み、末梢の循環不全、
動脈血流の減少、静脈血のうっ血が起こります。

この状態が長く続くと、末梢の毛細血管の中には交通渋滞の道路のように血球がたまり、流れが遅くなりそうにさえなります。

東洋医学では瘀血(おけつ)と呼び、病気の原因の一つになっています。

血の流れが悪くなると必要な物が来ないで、有害な物な出て行かずにたまってしまい
細胞の機能が低下したり狂ったりしてしまいます。

こんなことが内臓でも起こるのです。

冷えの影響は内臓機能低下だけでなく、病的物質の産出(たとえば結石)、免疫力の低下、潰瘍形成、腫瘍細胞の発生(ガンは温度の低いところにできる。心臓にはガンはできない)などにつながるのです。

さらに自律神経が正常に働かないことにより、寒い日と暖かい日の切り替えがうまくできなくなります。
そうすると頭熱、足寒になってしまうのです(本来は頭寒足熱が良い)。

冷え性は絶対に無視できません。

何とかして冷えをとらねばなりません。

冷えをとるには
ぬるめのお湯で半身浴
(肩までつかる全身浴ではダメです。心臓や肺に負担がかかりますし、特に熱いお湯につかると交感神経を刺激しすぎて、かえって寝付けなくなることがあります。
なんで「ぬるめ」がいいのかというと、それは魚を焼いている状態を思い出してください。
強火で焼くと表面ばかりが黒こげになり「芯」は生焼けです。
魚はやはり弱火でゆっくり焼くのがいいように、私たちの体も芯までしっかり温まるには「ぬるめ」がいいのです)
→半身浴で体の芯まで温まると、湯冷めもせず風邪も引かなくなります。
しかも、夜は自律神経の切り替えがスムーズにいきます。

自然塩を摂る(食塩はNG)
→自然塩は腎機能を高めます!食塩は腎機能を弱くします。

絹の5本指の靴下を履いて寝ること
足のほてりも冷えの状態です。冬でも足をふとんの外へ出さないと眠れないという人は、陰極まって陽になっているだけで、自覚症状がないことは逆に恐いことです

入浴後、冷水でタオルを絞り、全身を拭く
(拭く瞬間は冷たいですが、すぐに体がポカポカしてきます)

などでしょうか。 (「色の治癒力」より一部抜粋)



冷え性の方は少しずつ実践してみてはいかがでしょうか。

当院の治療と平行して行えば効果倍増です!

冷え性は改善できるのです


今日の一言

「冷え性」は万病の引き金です!