どうも。

最近読みかけの本がたまり困っている者です。

今日は波動について書いてみたいと思います。

私たちのまわりではあらゆるものが振動をし、あらゆる種類の波動を発しています。

その波動を感じて私たちは生きているのです。

私たちの体は五臓六腑など、各々の役割を担う多くの器官や臓器でできています。

それらは各々の役割を持っていますが、一つとして単独で存在することはできません。
(東洋医学では「心ひとり病まず」という言葉があります。
心臓は単独では悪くならないという意味です)

これらがエネルギーとして情報を交換しあい、調和を保って、一人の人間としての働きをしています。

気は自然の波動と連動しており、たとえば、細胞は月の周期で生まれ変わり、人は満ち潮で生まれ、引潮で死にます。

太陽系の九星(注:ここでは冥王星は惑星として数えています)の陰陽は18回の呼吸となり、同じく地球の波も1分間で18回のうねりとなり
18回の呼吸の陰陽は増幅して36度の体温となり
体温の陰陽は72の心拍数となり
心拍数の陰陽は144の最高血圧となり
その陰陽が288、すなわち10月10日で生命が誕生するというメカニズムとなっていたのです。
               (「色の治癒力」より一部抜粋)

上記の内容はわかりましたか?

生命ってすごいですね!!

自然界の波動こそが、生命波動のリズムの発生源だったのです。


ちなみに波動には命あるものにプラスに働く波動とマイナスに働く波動があるそうです。

何がプラスで何がマイナスか、悪い波動を打ち消すにはどんなことを行えば良いのか、そういう視点から色々な医療哲学ができあがったのです。

我々手技療法家の中にもこの波動を使って治療を行っている先生がいるように思います。
(と言っても、意識的に使っているわけではない)

短時間の中で、的確に患者さんの状態を把握し、的確な治療を施す技も広い意味では波動と言えるでしょう。

患者さんの出す波動と自分の出す波動を同調させることで、検査と治療がスムーズに
進んでいくのです。

思うに、腕のある先生は無意識レベルで波動を使いこなしています。

私もいずれはそうなりたいと思っているところです。

ちなみに、自分には特別な能力があるとか、パワーがあるとか、霊感があるとか
おっしゃる先生がたまにいますが
私が見たところ、そういう先生は逆に怪しいです。
しかも法外な料金をとったりしますので
騙されないようにしてくださいね。


今日はかなり怪しい記事になってしまいました(^^;

誤解のないように言っておきますが

私は科学的データや理論に基づいた技術を施す正統派の治療家です。
(自分で言ってしまった


今日の一言

自然と人体は深い繋がりがある!