どうも。

昨日、お茶道具をゲットしたので
いつもより少しだけテンションが高い者です。


今日は久しぶりに整体の話でもしてみましょうかね・・・。

私が施術の際特に意識して診ているところは頭蓋骨とお腹です。

私の先生レベルになると
頭とお腹を触っただけで患者さんの全身状態を瞬時に把握することができます。
(内臓の機能低下などもわかる)

今日は最近多い「お腹の筋肉のコリや傷み」からくる症状について書いてみます。


お腹ってすごく大事なんです!

特に
じっとしてたら痛くないけど、「動いた時」に痛くなる症状に関しては
ほとんどのケースでお腹の筋肉が関係しています。


動く時は必ずといっていいほどお腹の力を使っています。
お腹の筋肉が動きます。
(試しに、お腹に手を軽く当てたまま脚や肩や腰など動かしてみればわかると思います)

膝が痛い人がいて、膝自体を治療しても全然良くならないのに
お腹の筋線維の乱れを調整すると良くなったり
(調整といっても揉んだりしませんよ!)

肩が痛くて挙がらない人が
反対側のお腹(腹斜筋や腹横筋)を調整すると、肩が挙がるようになったり・・・

腰が痛くて後ろに反れない人が
お腹を調整すると、普通に反れるようになったり・・・

そういう例を毎日経験しています。


お腹は力をコントロールする中枢なんです!
(脳がその指令を送っています)

肩や脚を挙げる時も
その部分の筋肉だけでなく、お腹の筋肉も使っているんです。

そのお腹の筋肉が傷んでるとしたら・・・


治療家の方でもし、患者さんの症状が改善しなくて困っている場合は
一度患部から目を離して「お腹」に目を向けるのも面白いですよ!

突破口が開けます(^^)

患部にとらわれることなく、全身に目を向けましょう!

木を見て、森を見ず・・・状態にならないように。

森(全体)を見て、木(局所)を1本1本詳しく診ていきましょう。


ちなみに腰の奥がヅゥーンと痛いという人は

お腹の筋肉の深部にシコリがありますので
それを緩めれば痛みを解消できます。

腰とお腹は表裏一体なんです。



腹部調整のプロフェッショナル
黒岩整骨院


今日の一言

お腹って大事なんです!