ゴン太ゴン太







どうも。

雨が降らない限りは
ほぼ毎日ゴン太のボール遊びに付き合っている者です。

ボールを投げると走って追っかけますよ。

そしてちゃんと持ってくるんです。

だいたい7〜8回すると飽きるみたいですが(^^;



今日は午後から休み・・・

甲野善紀氏の「身体操作術」と

以前お伝えした「古武術 for SPORTS」のDVDを見ました!

常識にあまり囚われたくない私としては
最高に面白い内容です。

ポイントは「身体の使い方

これに尽きると思います。

身体の使い方がおかしい(間違っている)とケガしやすいし
肩こりや腰痛などの慢性痛を引き起こすことにもなります。

逆に言えば
上手な身体の使い方ができるようになると
それだけで肩こりや腰痛なんか良くなっちゃいます!

立つ姿勢・意識の変え方・膝の抜き(力の抜き方)
肩甲骨、股関節の動かし方・・・など学べます。

また、効率よく(力を使わないで)相手を動かすことができるので
介護の分野にも応用できます。

介護の分野には今後間違いなく浸透していくだろうなと感じています。

介護する方・される方、双方にとってたくさんメリットがありますからね。


スポーツへの応用なども言われてますが
頭の柔らかい一部の人には受け入れられると思いますが
なかなか難しいでしょう。

スポーツ関係の人(トレーナーなど)は
自分の手持ちの知識や経験で全て説明しようとする傾向が強くて
ちょっと変わった話なんか聞くと、勝手に合理化するみたいですし(^^;


あと、古武術の本やDVDを見て思うことは

「技」というのは、数多く覚えればいいというものではなく
一つ一つの技を、どれだけ多くのことに応用できるか」ということ!

これは整体にも全く同じことが言えます。

以前は「いかに多くの技を習得できるか」を意識してましたが
今ではそういう考えは全くありません。

一つの技の精度をいかにあげるか・・・ということを重要視しています。


そして、理論も大事ですが

もっと大事なことは「感じること」!!

考えない世界・・・

周囲の雑音を気にすることなく
自分の中にルールを作ること。


揺るぎない確固たる自信と誇り・・・


私は自分の技術に対しては自信や誇りを持っておりますが

一人の人間としてはまだまだ未熟であり
自信がないのかもしれません。

「自分」を磨くためにも
これからもっともっと色んな本を読んだり
人に会ったりしていきたいです。

出没先(主に本屋)で私を目にした時は声をかけてくださいね(^^)


今日は少し長くなってしまいました(^^;

古武術系の本は面白いので
みなさんもぜひどうぞ(^^)



今日の一言

自分の中にルールを作ろう!