どうも。

久しぶりに真面目な話を・・・

 

当院は肩こり(頭痛の併発がほとんど)や腰痛の患者さんが多いのですが

腰痛の中でも最近多いのが

腰を後ろに反らすと痛い

痛くて反ることができない・・・

といった症状です。

 

これは

体の前面の筋肉(主にお腹の筋肉、大胸筋などの鎖骨周辺の筋肉)の
異常緊張によって、反る(後屈)という動作が制限されている状態です。

服(お腹の前)を下に引っ張った状態で反ってみてください。

やりにくいと思います。

例えがわかりにくいですかね

 

では、なぜ体の前面の筋肉が異常緊張してしまうのか?

ポイントはです!

胃の経絡(ツボの通る道)は体の前面を通ります。

よく噛んで食べなかったり(早食い)

暴飲暴食やストレスなどで胃に負担がかかると

体の前面の筋肉が緊張してしまうのです。

特にお腹の筋肉や鎖骨周辺の筋肉が緊張しやすいです。

腹診やストレス検査、左足の中指の圧痛で確認することができます。

 

施術は異常緊張した筋肉を緩めるように進めていきます。

緊張した筋肉が緩めば、ストッパーがはずれたように

動作がスムーズになり、痛みの消失・軽減が確認できます。

 

大事なのは予防!

胃に負担をかけない(労わる)ことです!

 

胃の問題痛みのメカニズムについては
 以前書きましたので、そちらをご覧下さい。

 

ちなみに同じように首を反れない(上を向けない)、痛い・・というのは

首の前の筋肉が異常緊張しているので

それを緩めればOKです。

 

PS。西洋医学的に説明しても面白くないので
   東洋医学的に説明しています。
   

 

佐賀県武雄市の整体
(北方カイロプラクティックオフィス)
黒岩整骨院

 

 

今日の一言

腹診をするとお腹が張っている人が多いのに驚きます。

 

今日の体重

68.2