どうも。

最近、どうでもいいような話が続きましたので

久しぶりに健康系の話でも書いてみたいと思います。

 

先日、子供連れの患者さんがいらっしゃいまして

子供に模型とか色々見せてあげてほしいということで

色んな模型を見せてあげてたら、すごく喜んでたので

調子に乗って頭蓋骨を見せたりしてたら

歯の話になりまして・・・

ということで今日は歯の話でいきましょう。

歯

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の体ってよくできてるなー、といつも思います。

以前何かの本で読んだのですが

歯と人体の関係ってすごいッと思ったことを思い出しました。

それは歯の種類と食事内容についてです。

 

歯の種類ですが

切歯(8本)、犬歯(4本)、小臼歯(8本)、大臼歯(8本)
とあります。

全部で28本ですね。
(親知らずを入れたら32本ですが)

ちなみに親知らず(第3大臼歯)は生える人、生えない人がいて
(最近は生えない人が増えてきているそうです)

生えても抜くことが多いため、正常の歯として数えないことが多いので

ここでも数に入れてません。

8本ある切歯は野菜、

4本ある犬歯は肉、

16本ある臼歯は雑穀類に対応していると言われます。

人間の体は全体でひとつであり、それぞれの部分が補い合いながら
成り立っているわけですから

歯のしくみも体に必要な養分がとれるように

自然とこのように形成されているんでしょう。

 

つまり歯のしくみで考えると

 

野菜 2  肉 1  雑穀類 4

 

の割合になります。

肉食は全体の七分の一にすぎません。

現代人は肉食、つまり動物性蛋白を摂り過ぎる傾向にありますので

注意しなくてはいけませんね。

自然の仕組みに逆らっているわけですから。

七分の六は野菜や雑穀類、つまり植物性のもの。

同じたんぱく質でも植物性がいいというのも頷けますね。

私・・この話を知ってすごく感動したのを覚えております。

 

肉食中心の方は一度自分の食生活を改めてみましょう(^^)

 

あと、よく噛んで食べることもお忘れなくッ!

 

 

今日の一言

歯の仕組みって面白いですね!