どうも。

昨日、マーブルチョコレートの北海道限定(メロン風味)を
食べてしまった者です。

 

さて、今日は久しぶりに健康系のお話を。

最近、筋・骨格系に異常がないのに症状がひどい方が

結構見受けられます。

そういった方は、

心(感情)の問題が大きく関わっていることがあります。

東洋医学では、五臓と五志といって

感情の変動と五臓の機能活動について考えます。

五臓と感情の関係

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰陽応象大論篇では

「五臓は五気を再生して、怒・喜・思・悲・恐を生じる」

と述べてあります。

つまり、肝は怒を、心は喜を、脾は思を、肺は悲を、腎は恐を

それぞれ生じるとしている。

そして、これらの感情の激しい変動

怒は肝を傷つけ、喜は心を傷つけ、思は脾を傷つけ

悲は肺を傷つけ、恐は腎を傷つける、

というように五臓を傷つけて病変を発生させる。

(図説 東洋医学  より)

 

喜怒哀楽があることは、すばらしいことだと思いますが

あまりにも激しい感情の変動は

内臓にダメージがいくことがありますのでお気をつけ下さい。

感情の波がジェットコースターのように激しい方は特に!

ちなみに私の場合は

感情の波はあまりないと言いますか

いつもテンションがほぼ一定です(^^;

 

腰痛は怒りだ

 

 

 

こんな本も
あります

 

 

 

 

腰痛は<怒り>である

 

痛みと心の不思議な関係が書いてあります。

いつも怒り気味の人は改めましょう!

ちなみに私は、滅多に怒ることはありません。

友人からは、私が怒ったところは見たことがないとか

仏の黒岩とか言われております。

 

ところで当院では臨床現場において

患者さんの症状に心の問題が絡んでいると感じた場合は

本を読むようにすすめています。

VIP患者さんには貸し出しもしています。(信用しているので)

現在も結構旅立っている本が多いです。

本を返しに来られる時には

みなさん笑顔が輝いておられます

ちなみに当院推薦書は

中村文昭シリーズ、斎藤一人シリーズ、小林正観シリーズ

鏡の法則、夢をかなえる「そうじ力」などです。

ぜひ、お休み前などに読まれて心の掃除をしてください。

ある意味、読む薬ですよ(^^)

 

 

ご質問やネタの提供など、メールでどうぞ!
chirooffice76@yahoo.co.jp

コメントも随時受け付けております(^▽^)ノ

 

佐賀県武雄市の不思議な整体
黒岩整骨院

 

 

今日の一言

感情をコントロールしよう!