どうも。

昨日購入したiPodがかなり好評で喜んでいる者です。

 

さて、今日は久しぶりに治療家っぽい話でも書いてみたいと思います。

最近、東洋医学的な視点から書いている場合が多いので

たまには西洋医学的な視点でいきますね。

 

昨今、どんな症状に対しても

〇〇が原因です!

と限定した言い方をする専門家が多いようです。

「骨盤を矯正すれば全て良くなる」とか。

たしかにかなり効果がありますが

それさえやればOKというわけではありません。

手作業による疲労の蓄積や外傷や歩き方の異常などによる

手や足の関節の不具合によって痛みが出るケース
多々あります。

こういった場合はいくら骨盤だけを矯正しても
良くなることはありません。
(一時的には楽になります)

特に、捻挫や打撲などの外傷歴があって

その後、腰や肩などに痛みが出ている場合は

手や足などの四肢を矯正する必要があります。

専門用語では四肢テクニックとも言いますね。

手の模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは手の模型です。

手根骨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首のところに細かい骨が集中していますが

総称して手根骨と言います。

私の経験上、舟状骨(3番)と月状骨(4番)の問題が多いように
思います。

これらの関節の不整列を正すことで首や肩の動きが良くなり

痛みが軽減したケースを何回も経験しています。

解剖学を念頭に施術されている先生なら

誰でも経験されていることだと思います。

また、足首の捻挫がひどくて、患部に全く施術できない場合は

反対側の手首に動きの制限があることが多く
(例えば、左足を捻挫した場合、右の手首です。
また、同側に異常がある場合もあります)

それを調整することで、足首の可動域が広がったり
歩きやすくなったりもします。

反対側の足首を調整しても良い結果が出ることがあります。

足の模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは足の模型です。

手首の構造と似ていますね。

足根骨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首と同じように細かい骨が集中しています。

総称して足根骨と言います。

私の経験上、舟状骨(5番)と立方骨(6番)の問題が一番多いです。

坐骨神経痛で脛(すね)の外側に痺れや痛みがある場合は、

立方骨に異常がある場合が多いですね。

手首の腱鞘炎を足首の調整で改善させることもできます。

 

それにしても、人間の体って面白いですよね!

一生勉強です(^^)

 

 

 

 

 

今日の一言

今日は「ブログの日」だそうです。

 


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

nigaoe
「体と心が楽になる」

武雄市の黒岩整体院

〒849-2204

佐賀県武雄市北方町大2110-10

TEL:0954-36-2468


【どんなところだろう?と不安な方はコチラ】

4040845はじめて整体を受ける方へ


ご予約はお電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

free10120-23-2468

mail-orange-
※施術に専念できるように、お昼休みは休養させていただいております。

12:20〜13:40くらいの時間帯は

お電話に出れないことがありますのでご了承ください。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆