どうも。

 

今日は背骨(脊柱)の不思議についてです。

脊柱は細かく分けると

首の骨(頚椎)、胸の骨(胸椎)、腰の骨(腰椎)、仙骨、尾骨からなり

頚椎は7、胸椎は12、腰椎は5、仙骨・尾骨ともに1

計26個の骨で構成されております。

そして、一般的にはあまり知られていませんが

上部脊柱と下部脊柱は同期的に機能していると言われています。

例えば、頚椎1番(以下C1、頚椎はCで表します)がズレると

腰椎5番(以下L5、腰椎はLで表します)も同時にズレることがあります。

この関係は兄弟椎(ロベットブラザー)と言われており

科学的な根拠はありませんが、多くの本で紹介されており

実際、臨床でもよく見られる身体の反応です。

ロベットブラザー

 

 

 

 

 

 

 

ロベットブラザーの例

C1−−−L5

C2−−−L4

C3−−−L3

C4−−−L2

C5−−−L1

蝶形骨−−−尾骨

後頭骨−−−仙骨

 

蝶形骨と尾骨の関係については以前書いたことがありましたね

 

 

なかなか腰痛が良くならない患者さんが来院され

腰ではなく首の調整をしたら良くなった・・・とか

 

逆に、寝違えがひどくて首に触れる事さえできない患者さんがいて

腰の調整をしたら、首が動きやすくなった・・・とか

こういったことはよくあることです。

 

痛いところだけ治療していて、なかなか良くならない場合は

患部と違うところを調整したりすると、うまくいくことも多いので

広い視野で身体を見ていきたいものですね(^^)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐賀県武雄市の「不思議な整体」
黒岩整骨院

得意技術→頭蓋骨矯正、頚椎矯正、骨盤矯正

得意症状→頭痛、肩こり、自律神経失調症、腰痛

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今日の一言

人間の体って面白いですよね!