どうも。

お風呂掃除・朝のゴミ出しだけでなく

布団の上げ下ろしも担当に加わった黒岩です。

 

先日、「筋肉が先か、骨が先か」という記事の中で

直接法と間接法のことに触れましたが

今日はそれについて簡単に書いてみたいと思います。

 

例えば、骨が右にズレているとして・・

直接法は元に戻す方向(この場合左)に力を加えて調整します。

一般的にイメージされているカイロプラクティックはこれに近いと思います。

瞬間的でダイナミックなやり方ですね。


間接法はズレている骨をさらに誇張する方向(この場合右)に力を加え

その反発力を利用して調整します。

日常生活に例えると

閉まりにくい襖(ふすま)を一旦逆方向に持っていき閉める

といった感じでしょうか。

動きやすい方向に関節を持っていくので痛みを伴うことはありません。

直接法に比べると反発を待つ分だけ時間がかかるというデメリットはありますが

患者さんにとっては安全なやり方と言えるでしょう。

 

私の場合、基本的に間接的な方法でやっていき

それで解決できない場合に直接的な刺激を加えるようにしています。


安全で安心して受けることのできる整体


当院は常にそのことを意識しています。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佐賀県武雄市の「不思議な整体」
黒岩整骨院

得意技術→頭蓋骨矯正、頚椎矯正、骨盤矯正

専門症状→自律神経失調症、顎関節症
       交通事故の後遺症(ムチウチなど)


電話 0954−36−2468

メール chirooffice76@yahoo.co.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今日の一言

使い分けが大事