どうも。

夫婦で犬の散歩をするようになった黒岩です。

最近は40〜50分かけて散歩してますね。

良い運動になってます。


さて、今日はネタがないので

さきほど患者さんにメールで送った「新月の復習」を紹介したいと思います。
(通常メールレターは患者さんだけの特典ですが
新月についてはここでも書いたことがありますので特別に紹介いたします)



今日は新月(18:03頃)です。

新月の日は「浄化」や「解毒」などに最適です。

また昔からの言い伝えで「新しい物事は新月から」といわれ

何か新しいことをはじめるのに適しているようです。
(禁煙・禁酒など)


新月から満月へ(月が満ちていくとき)

満ちていく月には、吸収・補給・摂取・保護・休養などの

作用があるといわれています。

月が満ち始めるときに合わせて新しい物事をスタートさせると、

流れがスムーズのようですね。

月のエネルギーが一番強くなる満月までに一気に攻めましょう!

新しい出会いも満ちているときが大事なようです。


また、以前からお伝えしてますが、

新月の時は願い事が叶いやすいと言われています。

新月になった瞬間(今回は1月4日18:03)から48時間以内は

エネルギーが強く願い事が叶いやすいと言われますが、

特に8時間以内はより叶いやすいそうです。

ですからこの時間内に紙に願い事を書きます。
(時間より前には書かないこと)


コツは・・・

・手書きで書く(思いのパワーをこめて)

・願い事は2件以上10件以内
 (相乗効果とパワーの分散を防ぎます)

・自分を主体に書く
 (他人を変える願いより自分が変わる願いをします)

・プラスの言葉=肯定文で書く
 (「〜になります」「〜になってます」
そして、感謝の言葉「ありがとうございます!」で締めくくります)
 

願い事を書いた紙は日付を入れて大切に保存しておきましょう。

数ヶ月くらいしたら叶っているかチェックしてみます。

余程大それた目標でない限り、叶っている可能性が高いですので

ぜひお試しください。


また、月は体の不調も解消してくれるらしいです。

膝、腰、腕、肘、腹・・・のように

体の各部位の名称には、肉月がつくものが多数あります。

これは、月と体が密接な関係があることの現れだと言います。

ですから、お月さまの力をいただいて

不調を改善する方向に導くことができるんだそうです。

膝や腰や肩など痛みのある部分をさすりながら月を眺め

感謝の気持ちを「ありがとう」などの言葉にします。
(感謝の気持ちを表すことで、迷いや不安、焦りといった
心のモヤモヤから解放される)

新月から数日間は、体が再生しようとする力が高まりますから

新月の日から始めて、3日間くらいを目安に行うといいでしょう。

お月さまが持っている癒しの力が

心だけでなく体の不調の解消にも役立ってくれるはずです(^^)

(「月と暮らす手帖」より一部引用)
  


今日の一言

月のリズムを意識しましょう!