どうも。

連日の寒さに滅入っている黒岩です。


最近は「冷え」が原因の腰痛を訴える方が多いですね。

(朝起きる時は痛いが、動き始めると楽

前かがみの状態から戻す時痛い・・など)


腰との関係が深い臓器として腎臓が有名ですが

(ギックリ腰かと思ったら腎結石だったという例もあります)

腎臓は非常に冷えに弱いところです。


腎臓は左右に一つずつありますが、東洋医学的には役割が違い

右腎は精力・ホルモンに関わり(右腎は命門といわれています)

左腎は液体処理・温度変化に敏感に反応すると言われています。


あまり冷えすぎると、左腎が過剰に反応し

腎臓の保護筋である大腰筋という筋肉が異常に収縮し

体が捻じれるように歪んでいき

許容範囲を超えた時点で痛みを感じるようになります。


腹巻などで腰を保温するようにしてください。

また、以前も書きましたが

背中も冷やさないようにしてください

すぐ風邪引いてしまいますよ。


食事では根菜類やひじきなどが

「冷え」の予防になりますので、おすすめです。




今日の一言

温かくしてお過ごしてください。