どうも。

背骨の整体・黒岩整骨院の黒岩です。


読書三昧の日々を送っております。

DSC_1277




























天下人の茶


先日、公式ブログでも書きましたが(茶道を整体に活かす

私は一応茶道を始めて来年で10年になります。

千利休や古田織部といった名前を見て、つい買ってしまいました。

読み応え十分で大満足であり、自分がなぜ茶道を始めたのか

という原点に立ち帰ることができました。


私が茶道を始めたのは

当時何となく読んだ「国家の品格」という本に感化され

衝動的に「日本の伝統的文化を学びたい」と思ったからであり


先生が美しいから・・・とか

お茶会の時にキャーキャー言われたい・・・とか

稽古場にいる犬を触りたい・・・とか

高級なお茶菓子を食べたいとか・・・

稽古帰りに外食したい・・・とか

そういう目的で始めたわけではありません。

395059_393990374015177_434498877_n




























ただ、実は他の目的もありました。

当時はまだ全然今ほど忙しくなかったのですが

気分的に忙しない日常から離れたい、解放されたい

という想いがありました。


常に死と隣り合わせにあった戦国時代の武人たちと比較するのも
失礼であり、おかしな話ですが

一時的でもいいので現実から離れ、癒しを求めていたのかもしれません。


しかし、習い始めてからすぐに
茶道の「おもてなしの心」を意識するようになり

目的が「人間力を高めること、人としての器を大きくすること」に変わりました。



74788_394015670679314_226920606_n





















まだまだ未熟者ですので

引き続き人間力を高めるべく精進してまいります。



今日の一言

茶の湯により人としての器を大きくする