どうも。

ゴールデンウィークをすごく楽しみにしている黒岩です。
(今年は初めて連休中に休みを1日設けました)


以前公式ブログの方で
「体が持っている力を信頼することで、整体の効果が高まる」
という話を書きましたが
同業の先生からの反響が良かったですので
こちらでもご紹介いたします。

DSC_1290



























体ってあらためて「すごいなぁ」と感じます。

色んな作業を私たちが知らないところで勝手にしてくれています。


同じ施術方法を学んで実践しているのにもかかわらず

結果を出せる先生と出せない先生に分かれますが

実は施術者が「体というものをどう捉えているのか」

「体の機能をどれだけ信頼しているか」

という所に違いがあります。



以前「自然治癒力を信じる」という記事を書きましたが

自分の能力ではなく、体の能力を信じれるかというのは

施術する上ですごく重要な部分になります。

(では、どうすれば信じることができるか・・・
という部分ですが、後日書きたいと思います)



体は「情報のかたまり」であり、色んな情報を感じ取っていますが

それと同時に情報を発信することもしています。

施術者が自分の能力で治そうと躍起になっていると

「治せるだろうか・・・」という
不安な心の情報を同時に発信していますので

それを相手の体が感じ取り、体を緊張させてしまいます。



体が本来持っている力を信頼し、施術者が安心してそれに委ねると

その「安心」という情報を体が感じ取り

特別な手技をしていなくても体が勝手に仕事をしてくれます。


回復する過程を邪魔しないことが大事だなぁと

最近特に感じております。


今後も体についてもっと深く追究してまいります。



今日の一言

体の力は偉大です