2013年01月31日

ここは、個人の編みものブログです。間違いもあるかもしれませんが、気付いたらなるべく修正しています。
コメントは現在受け付けなくしていますが、何かありましたら右のプロフィールのからメッセージが送れます。twitterもやってます。
現在通常営業中。だいたい毎朝早朝更新。 諸事情により記事を書くのが止まることもあります。
どうぞ よろしくおねがいします (*・ω・)ノ
since 31/Oct/2005(旧) 2/Nov/2010(新) chirr
続きを読む

chirrchirrchirr at 23:30│トラックバック(0)ご案内 │

2013年01月16日

輪で編む「指でかける2目ゴム編みの作り目」を練習するついでに、せっかくなので帽子を編んでしまおうと思いたちました。
以前ニットマルシェのVol.12で見かけたケーブル編み帽子が好みだから、それを編むんだ♪



DSC02054s


編み図の指定では、本体を別糸から編みだして、あとから目を拾ってかぶり口のゴム編みを編むことになっているのですが、本日のテーマは「2目ゴム編みの作り目」だから、完全ボトムアップで編むのです。

DSC02060s


しかしこの芥子色、本当にいい色だねー。
購入した当時、店員さんとハイテンションで決めた色なのです。



DSC02143s


指定どおりゴム編みを編むと、たっぷり1玉以上ゴム編みに消費されたことになる。
かぶり口を折りかえしたりダブルにしたりしてある帽子って、耳が暖かくって好き^^

この季節になると、帽子のかぶり口が単衣だと、風が通ってサムイサムイ。


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)制作過程 │

2013年01月15日

今回は、テキトー糸レポート記事です。今までの糸レポートはこちら

先日、指でかける2目ゴム編みの作り目(輪で編む)の練習を延々としていた糸です。
何回も練習したので、練習に使った部分はヨレヨレになってしまった~><
おかげさまで、おそらく何も見ずに作り目できるくらいにはなったと思います。
ただし、輪にするときにふつうの指でかける作り目よりも、編み地のエッジが見にくいために、高確率でメビウスるんだよね。
なんとかしないと。

DSC01999m

ダイヤエポカ (301~319番まで) 【毛糸】【ダイヤ】【12秋冬】【RCP】
ダイヤエポカ (301~319番まで) 【毛糸】【ダイヤ】【12秋冬】【RCP】

40g 81m
メリノウール100%
棒針7~8号
20~21目、27~28段
55色



一昨年、店舗でなんとなく購入した糸。
手触りのよさと発色のクリアさに魅かれて手に取りました。
ちなみに写真は305番の芥子色。
黄色系が充実しているんですよね。

この糸はロット表示が全くなく、逆にいえば色番さえ同じならば同一色で編める便利さがウリみたいです。
ホントかな?ホントならすごいことだよ。

ウールで40g81mということは、いわゆる10plyの糸が指定糸になっている編み図では使えるということですね。
汎用性高いです。
手触りがモチっとしていて、糸割れしにくくてとても編みやすい。
目も揃いやすくて扱いやすいです。
作り目の練習していて、この糸で良かったと思いましたもん♪
初心者さんにオススメできる糸でもありますし、
アラン系の模様編みとか、ものすごく合う糸だと思います。

ただ、以前店頭で見た時の発色の良さを思うに、選ぶときにはぜひとも、目で見て色を決めたい糸ではあるのですよね。
画面上の色見本だけで選ぶと、届いたときにはかなり派手に見えてしまうそんな気がします。
まあ、ホントはどんな糸も、自分の目で見たいものではありますが。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)糸レポート │

2013年01月14日

先日Iceyを編んだ時、次回編むときには2目ゴム編みのつくり目から編み始めようと誓ったワタクシ。
今まで別糸から編みだす方法でしか作り目をしたことが無かったのですが、「指でかける2目ゴム編みの作り目」というのがなかなかヨロシイという噂を聞いて、一日練習しておりました。
自分が持っていた本では、往復編みの「指でかける2目ゴム編みのつくり目」しか載っていなかったので、脳内で輪に変換するのが、慣れるまでタイヘン。

備忘録代わりに、ものすごく久々に作り目の仕方などを書いておこうと思います。
あくまでも、輪で編む場合の図なので、お間違えなく。
間違っていたらご指摘お願いします(他力本願)

(1)1段目

tubularcast-on001
人差し指と親指の間に糸を張ります。
親指側が糸端、人差し指側が糸玉。
糸端は、編みたい長さの三倍ほど用意する必要があります。
糸の向こう側に針を置きます。


tubularcast-on002
針先を、下側の糸の手前から右外方面に回すようにくるり。
上の糸の手前側に出します。


tubularcast-on003
1目め(裏目)
糸がこんなふうにかかってると思います。


tubularcast-on004
このへんが裏目です。
裏目だと思うことにする。


tubularcast-on005
tubularcast-on006
次の目は、針先を水色→ピンク→黄色の順に動かす。
イメージとしては、
下の糸の下を通って、
上の糸を表目を編むように手前に引き出す感じ。


tubularcast-on007
2目め(表目)
糸はこんなふうにかかってるはず
(わたしの絵が間違ってなければ)


tubularcast-on008
水色が裏目で、ピンクが表目
…に見えてくるような気がする。


tubularcast-on009
tubularcast-on010
次の目は、針先を水色→ピンク→黄色の順に動かす。
イメージとしては、
上の糸の上を通って
下の糸を裏目を編むように手前に引き出す感じ。


tubularcast-on011
3目め(裏目)
糸はこんなふうにかかってます。


tubularcast-on012
水色が裏目で、ピンクが表目
だんだんそんなふうに見えてきました。

この、2目めと3目めを交互に繰り返し、必要な目数をつくり目します。
でもって、メビウスにならないよう輪にします。
とても目が見にくいです。間違えやすいです。

段の切れ目にマーカーを入れておくことをお勧めします。


この1段目は頼りなく見えますが、上の糸で表目、下の糸で裏目をつくっているために、意外にしっかり糸が絡まっています。
(間違えてほどいてみるときにわかる^^;)
しかもゴム編みでは無い指でかける一般的なつくり目に比べて、糸の結び目が無いため、編み地の表側と裏側を滑らかにつなぐ役割をしてるような気がします。


(2)2段目

2段目には図はありません。
ゴメン。面倒なの。

2段目は2周に分けて編みます。

1周目は奇数目だけ編みます。
最初の目を裏目で編み、
次の目は糸を編み地の向こう側に持って行って目をそのまま右側の針に移します(すべり目)。
(裏目、すべり目を一周繰り返す)

2周目は偶数目だけ編みます。
最初の目は糸を編み地の手前側に置いて目をそのまま右側の針に移し(浮き目)、
次の目を表目で編みます。
(浮き目、表目を一周繰り返す)

1周目も2周目も、糸の位置としては、通常のゴム編み通り、編み地の手前→向こう側→手前→向こう側の順に動いていると思えばわかりやすいかも。
2周終わったところで、無事に奇数目も偶数目も1段ずつ目ができています。

この2段目は、糸をぎゅっと2周渡すことによって芯のような状態になり、編み地の端をしっかりさせる効果があるのだと思ってます。
ちなみに、この状態で、1目ゴム編みの作り目は完成してます。

(3)3段目

3段目は目を入れ変えて1目ゴム編みを2目ゴム編みに変える方法です。

tubularcast-on020
3段目の1目めはふつうに裏目を編みます。


tubularcast-on021
2目め(表目)と3目め(裏目)を入れ替えます。
具体的には、この方向から2目めと3目めを編まずに右側の針に移して


tubularcast-on023
その後この方向から左側の針を入れて目を戻すと、無事入れ替わってます。
入れ替わった状態で裏目→表目を編みます。

4目め(表目)と5目め(裏目)はそのまま編みます。
6目め(表目)と7目め(裏目)は入れ替えて裏目→表目の順に編みます。



一周すると2目ゴム編みの作り目ができ上がってます。
1段の始まりは裏裏から始まり、終わりは表表で終わっているので、本体の編み地によって表表から1段を始めたい場合は、仕方ないので裏裏を編んだ状態で3段目が終わったとみなすしかないかも。

DSC02051m
でき上がった2目ゴム編みの作り目はこんな状態。
手が覚えるまで練習するつもりです。


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ




chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)零細編み物教室 | + 基本の編みかた

2013年01月13日

OpalのHundertwasser 1437番の帽子とお揃いの手袋完成~\(^o^)/



お揃いと言っても本体の糸色のみで、縁編みでものすごく印象が違ってきてしまいました。
この手袋、ものすごく縁編みチョイス大事ですよね。

DSC02113m


手のひら側。
一応両側とも、本体の色の出かたはできるだけ合わせたつもりでございます。
がー、手のひら側はイイ感じですが、手の甲側は左右の印象がかなり変わってきてしまってますね。
難しい。

DSC02113mm
こまあみ


皆さん気になるOpal糸のかぎ編み編み地のどアップ写真。
こま編みでこまこま編んでいくと、こんなかんじでございます。
青い部分も単色じゃなく、微妙なグラデーションが見えています。

DSC02113mmm
2目ゴム編みはアップに耐えられない

DSC02113mmmm
糸玉

棒針で編んだ時よりも、かぎ針で編んだ時のほうが、色がぎゅっと凝縮して見えるのは気のせいでしょうか。
糸の線維の方向が一定でないので、見掛け上の色の濃さが、かぎ針>棒針>糸玉って見えるのかな?

それよりも写真を並べてみたら、やっぱりゴム編みの目の汚さに自分がびっくりだよ!!!

着画を淡々と並べて終わろう(´・ω・`)

DSC02117m
DSC02116m


わたしはこのピンク色、肌の色が綺麗に見えてものすごく好きなんですが、問題はあげる予定の友人sがどう言うかだなー。
きっと苦笑いされちゃうんだろな^^;



ちなみに、この編み図はオカダヤ本店店頭のほかに、こちらで手に入れることができます。
毛糸のこものノート (Let's knit series)
毛糸のこものノート (Let's knit series)
クチコミを見る

1つの編み図で2つのニット
1つの編み図で2つのニット
クチコミを見る

手づくりタウン(編み図単体で購入可)


2013年1月
本体の親指から下の長さのみ14目に減らし、あとは指定(オカダヤ編み図)どおり
手首は52目拾って2目ゴム編みのダブル仕上げ
Opalソックヤーン(1437)0.25玉 ハマナカ純毛中細(9)0.6玉くらい
3/0号かぎ針 2号棒針

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 09:25│トラックバック(0)ニット他作品 | + てぶくろ

2013年01月12日

昨日は残業して帰ってすぐ寝ちゃったので、現在のところ、まだOpalのHundertwasser 1437番で編むかぎ編み手袋の途中経過です。

DSC02087m


1437番があまりにもおとなしい色番だったので、つい縁編みでやらかしてしまいました^^;
純毛中細の9番ピンクです。



わたし、このピンクけっこう好きなんですが、一般的にはいったいどうなんだろう。
引かれたりしないか、ちょっと心配。

もうこの色で仕上げちゃいますけどね~♪

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 07:24│トラックバック(0)制作過程 │

2013年01月11日

お正月に実家の家族に帽子を持って帰ったのですが、なんだかわたしの予想が全く外れた帽子を選ばれて驚いております。
わたしが仕上がりに一番引いた2102番は真っ先に妹が。
母が選ぶだろうと思っていた2106番は義弟が。
母は意外にも2107番のベレーを。
父だけは予想を外しませんでした。5435番です。ベーシックなのしか使ってくれないからね。


でもってIceyの変形版の1437番は友人sさんにあげることにして、セットになる手袋を編み編み中。

DSC02077m
手のひら側


DSC02078m
手の甲側


厳密に左右対称にはできませんでしたが、わりとこの色もちゃんと色合わせできていると思います。
こうして編んでみると、単色に近く見えたブルーの部分もわずかに色が揺れていて、洗ったジーンズみたいな効果が出てると思うのは気のせい?

DSC02080m


あまった糸はこれだけ。
いくつもに短く分かれているのは、手袋を色合わせしようと必死になった結果です。

しかし、帽子の写真と並べていただくとわかりますが、Opalのソックヤーンはかぎ編みで編んだほうが、色が濃く見えますね。
なんでかな?

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)制作過程 │

2013年01月10日

昨日ご紹介した糸「ヴォレンド」の帽子はあっという間にできました。
糸長55mだし、ジャンボ針だし!

DSC02005m


正直、糸が足りないかと思った…^^;
というか、指定よりも作り目を少なくして、ギリギリ無理やり足らせました。
あまった糸端すら残らず、すべての糸を使い切った感じ。
(アルパカ50のほうは残りましたよ)

ヴォレンドとマーノクレアールのアルパカ50を引きそろえて、ゴム編みのところは15号、本体は8mm棒針でざっくざっくと編みました。
ソックヤーンを触った後だと特に、8mm棒針なんて丸太を持ってるかのような感覚です。
編みものと思ってくれません。自分の手が^^

数量限定30%OFF!!小さなリボン付きの可愛い毛糸♪イタリア製のカラフルなブークレヤーンヴォレンド 《内藤商事》【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】【asuraku_kyusyu】
数量限定30%OFF!!小さなリボン付きの可愛い毛糸♪イタリア製のカラフルなブークレヤーンヴォレンド 《内藤商事》【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】【asuraku_kyusyu】

マーノさんのアルパカ50って廃番?
見つからないので情報だけ。
50%ずつのアルパカ&ウールで、40g96m
棒針は5~7号、かぎ針は4/0~5/0号
標準ゲージは19~21目の26~28段 です。



DSC02009m


偶然なのですが、ちょうどいいところへ白と茶のラインが入って、バランスいい感じに仕上がったと思います。
見ていただくとわかると思いますが、かぶると頭の上に全くニットが余らない、まさに「Cap」という感じの帽子に仕上がっています。
糸に余裕があったらもうちょっと目深にかぶれる帽子のほうがわたしは好み。
かぶり口だけ別糸でゴム編みとか作ればよかったかな。

DSC02009ms


編み地のアップを載せてみます。
これは載せざるを得ないかわいらしさ。
無数にはみ出てるリボンは、リボン自体があまりにも小さい上に、編み目があまりにも大きいため、心配せずとも編み針に巻き込まれずにキレイに編み込まれています。
この小さいリボン、よく見るとギンガムチェックなんだよね。
うー、かわいい><

繊維のモコモコな部分も、ツヤがあってとてもきれい。

編んでいて楽しかったです。
あっという間に出来上がったし♪

2013年1月
店頭でもらった編み図を適当に手直し(そのまま編むと大きくなりすぎ&糸足りなさすぎだったので)
ヴォレンド(4)1玉 アルパカ50(305)0.6玉
15号輪針、8mm棒針

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ




chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)ニット他作品 | + ぼうし

2013年01月09日

今回は、テキトー糸レポート記事です。今までの糸レポートはこちら

年初めに「まずは在庫を減らそう!」と思い立ってクロゼットを見まわしていたら、この糸を発見しました。
そういえば去年のシーズン末に、店頭の棚に1個だけ取り残されていたのを救い上げてきたのだったw
背後にそっと控えてるアルパカ50と引きそろえで編む帽子の編み図とセットでした。

DSC01998m
ヴォレンド FILATURA DI CROSA
50g 55m
US15号(日本の10mm)棒針
8目10段
32%ウール 31%アクリル 
21%ナイロン 16%レーヨン




ものすごくかわいい糸だったので、1玉だけでも触ってみたかった♪
芯糸からもこもこ繊維が太さを変えてはみ出していて、その間から小さなリボンが無数に飛び出ているのです。
他の色番はわかりませんが(棚に無かったから)この色番は、この小さなリボンもいろいろ多色展開で、ピンクやら水色やらオレンジやら、かわいくてたまらないのです。

基本は青で、アップ写真で水色に見えてる部分が段染めになってる。
白・コーヒーブラウン・水色が順番に出てくる。

DSC02002m


お店の方が去年言ってたけど、ヴォレンドとアルパカ50、それぞれ1玉でギリギリ帽子が1個編めるとのこと。
ものすごく太い針で編むので、心配しなくてもこの小さなリボンが巻きこまれて裏に回っちゃうことは無いでしょう。
どちらかというと心配なのは糸の量。
ヴォレンドは55mしかありません。
足りるのかなぁ、ホントに?

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2013年01月08日

マラブリゴウーステッドのPOLVORIENTOで、ラベリーのフリーパターンIceyを編みました!
「埃っぽい」という名前のこの色番、実際はロットによって多少差異はあるのですが「茹で小豆」もしくは「焙煎にバラツキのあるコーヒー豆」の色です。
おいしそうです。

DSC01972m





かぶり口を内側に折ったダブル仕立てにしてしまったので、若干かぶり口が見本のパターンよりも広がった感じに仕上がっております。
でも実際に頭にスポッとかぶると、帽子自体が頭の形に丸く添って、すごくかわいい形になりますよ!
自分で言うのもなんだけど、深く目深にかぶると自分に似合うと思う。

DSC01975m


いつも見たいにストローハットくんにかぶってもらいましたが、これでも円くなる形はわかりませんねー(´・ω・`)
でも、裾が広がってる形では無いということはわかっていただけるだろう、うん。

実際マラブリゴウーステッドだと、このパターンを編むにはちょっと糸が太めな気がするのですが、この糸はギュッと編むこともできるので、無理やり細目の針で編んでみました。
風を通さないとてもあたたかい、これからの季節に頼もしい帽子になりました♪
楽しみ~^^

DSC01978m


さてさて、このパターンは、オリジナル通りに編めばおそらくウーステッド1カセで足りるとは思うのですが、わたしがよけいなことにかぶり口をダブルにしたため、途中で糸が足りなくなってしまいました。
結局残り2回のケーブルはあきらめて、ケーブル部分だけ目立たせるようにうまく内外に分けてしぼってみたのですが、ごまかせているでしょうか…orz

ホントはね、このぎゅっと絞ったところに3回分のケーブル模様がぎゅっと集まって、ちょっと雪の結晶みたいに見えるはずだったんですよね。
この失敗のせいで、トップはただの星模様になりました。うん。そういうことにしといて><

DSC01979m


近寄って写真を写さないと見えにくい編み込みビーズはオニキス色です。
とてもオトナな色合いになったとは思うのですが、
この帽子の名前ってIceyなんですよね。
「氷みたいな」って意味なんですよね。
つまり、ビーズは氷見たいにキラキラする色を選ぶべきだったんですよね^^;

えーと、ご存じのとおり、ワタクシ気にいった編み図は何度でも編んでしまうという癖があります。
だから、ちょっと間をおいて墨染め色の「ガーデンゲート」でもう一度チャレンジする予定。
ちゃんとオリジナル通りに編めたら、ラベリーのデザイナーさんのページに「素敵なパターンですね」ってコメント書くんだ!(小さな野望)

でもね、コレはコレで気にいっているワタクシなのでした。


しかし初めてきちんと読解した海外パターンがフィンランド語になるとは思いませんでした^^;
(ほぼ編み図に助けられたのですが)
情熱さえあればなんとかなるものだと思いましたよ。

ひとつ修正せねば!
昨日の記事で「裏目の中上三目一度」と書いてしまいましたが、どうやらわたしの訳がまちがっていたようで正しくは「裏目の右上三目一度」になる…のかな?
うーん、「1目裏目側から針を入れ右側の針に編まずに目を休め、2目一度表編みをして、右側の目をかぶせる」って編み方、日本語ではなんて呼ぶんでしたっけ???

2012年1月
ラベリーフリーパターンIcey
メイキング
マラブリゴウーステッド「POLVORIENTO」1カセ
4号及び6号輪針 6号棒針 なわ編み針 7/0号かぎ針(作り目用) 丸大ビーズ95個
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)ニット他作品 | + ぼうし