2011年11月09日

突然ですが、カシミヤ糸をずっと編んでみたかったんです。
カシミヤの糸って、既製品でもとにかく単純な編み地・形のものが多くて、お値段のせいもあるとは思いますが手編みの本で使われることも少ない。
どんな糸なんだろうってずっと興味を持っていました。

そんなとき、共同購入で(廃番色だと思うのですが)奇跡の値引きで売りだされていたことがありまして。
友人にいきなりメールしてしまいました。
「今年の誕生日、カシミヤでマフラー編んでみていい?」
・・・値引きされててもいい値段だったから、なにか背中を押すものが欲しかったのね。
ちなみに友人には、去年はアンゴラ混のマフラーを送ってます。
実験台スミマセヌ(´・ω・`)

さて、共同購入で手に入れたのは、先日ご紹介したリッチモアのカシミヤ100
ものすごく気合を入れて買いました!

DSC00393ss


が、編み始めていきなりぐったり~。
頼りないんですよ。
もう、編み始めからしていきなり頼りないんです。

あんまり頼りないから、両端ガーターにしたらどうかと思いまして。
でも本体を3目ゴム編みにしたら、ガーター部分がフリルっぽくならないかなと期待していました。
細いウール糸だと、3目ゴム編みの強烈な収縮性で、ぎゅっと縮まるので。

ぎゅっと縮まる例
DSC_0874m
101108_0030~0002



でも、ぜんぜん縮まらなかった(´;ω;`)
DSC00441s


カシミヤ100%の編み地が、既製品であれだけ単純なものばかり見かける理由が、なんだかちょっと理解できたような気がしました。
きっと、模様がキレイに浮かび上がりにくい性質の糸なのね。
いきなりどうしたらいいかわからなくなってしまいました。

つづく
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 06:31│トラックバック(0)制作過程 │

トラックバックURL