2012年10月30日

Opalの2106番で編んでいる帽子、本体は単純なねじりゴム編みにしました。

DSC01531s


色の複雑な変化を綺麗に見せるには、とりあえず単純な編み地がいいかなと思って。
折り返し部分の模様編みから本体に移るときには、編み地をひっくり返して編んでいます。
見えないから大丈夫だと思いつつも、編み地を返すときには、一応かけ目して、最終目で2目一度して、穴があかないようにしてみています。気休めですが。

DSC01532s


ちなみに本体は表目のみねじってあるので、裏側から見たら一見ただの1目ゴム編みです。
なんだかふだんはよろけてしまう1目ゴム編みがやたらと綺麗に見えるのは、ねじり目を間に入れているせいか、それとも輪で編んで往復編みをしていないせいだろうか?

いつもこんなに綺麗な1目ゴム編みができれば理想なんですけれどねー。


編み目途中にマーカーがいくつか入っているのは、これから編み地の目をトップに向かって減らしていこうかなーと思って印をつけてあるもの。
早めに減らし目するのと、一気に減らし目するのと(ゴーギャンの椅子の帽子の時みたいに)では、どっちがかぶりやすいかなと思いまして、試してみることにしました。


できた.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 06:53│トラックバック(1)制作過程 │

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マフラー  [ 頭の片隅 ]   2013年01月14日 15:59
FBに編み物作品を色々と載せていたら、 友人から「マフラーと帽子作って♪」とリクエストがきました。 めっちゃ嬉しい。燃えちゃうよ〜、メラメラ。 でも、マフラーって小学校の時 ...