かご

2011年08月04日

№118のクラフトクラブのかご、またそれを使った№119№120の籠巾着の編み図+オマケです。
※昨日うっかりまだ未完成の記事URLへリンクを貼ってしまったので、お詫びにオマケつけました。
※記事は長いし、巨大画像がいっぱい載せてあるので、PCでの閲覧推奨します。


大きさはちょうど手のひらに乗るくらい。
プレゼントを入れるラッピングとしても使えますし、小さなお子さんなら浴衣を着たときにハンカチとティッシュを入れて持ち歩く巾着として使うのにちょうどいいと思います。

kagokintyaku

ここには写真のセットが編める編み図を掲載しますが、編み地の色を部分的に変えたり、巾着の方眼編み部分につけるパーツを好みのモチーフに変えることによっていろいろなデザインのものを編むことができます。
このブログでもいろいろなデザインで編んでいるので、籠巾着タグから各記事へ飛んでご参考になさってください。

なお、この編み図はDonation Pattern(ドネーション・パターン)として公開しています。
なので、編み図の使用条件が、いつものとはちょっと違います。

その条件とは、
転載・複製・配布自由。
改変自由、ただし、このパターン使用条件の改変は不可。
個人使用に際しては任意の団体に任意額の寄付をすること。
商用目的使用に際しては利益の半分を寄付すること。
パターンの著作権は著作権者に帰属します。
パターンを改変した場合は、改変されたパターンの著作権は改変者に帰属します。

というものです。

Donation Pattern(ドネーション・パターン)についての詳細は、こちらのwikiを読んでいただくとして、
簡単に言うと、今回は編み図を使うためにどちらかへ寄付してきていただかないとならないわけです。

わたしがこのプロジェクトに参加したきっかけは3月11日の東北の地震なのですが、じつは寄付先には指定がありません。
金額も指定ありません。
どこか別の災害のあった地域を指定して送金するのでも、コンビニのレジ横のチャリティの箱におつりを入れてくるのでもかまいませんが、この編み図を見るために新たに寄付をしていただく必要があります。

また、いつもと違って、利益の半分を寄付するという条件はありますが、商用目的にも使うことができます。
(需要があればですが (≡ω≡.))

というわけで、ご賛同いただけた方はこの記事の続きをご覧ください。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ

続きを読む

chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)