ソノモノ

2011年10月29日

ソノモノロービングで編むmichiyoさんのカスケット帽、あっという間に出来上がりました!
ホントにあっという間!
おそらく集中して編めば、三時間で完成するかもしれません。

DSC00458M


まっすぐ平らに編んで、
ぎゅぎゅ!くるん!
も一度くるりと編む。

それだけでできているというのに、かぶると可愛いんだよーΣ(゚∀゚ノ)ノ
こうやって平らに置いただけでは説明しきれませんが、ちょっと頭の上でくしゃっと余るのが絶妙なラインです。
こんなかわいい帽子がこんなに簡単にできていいものか。
絶対驚くから、この本持ってる人はぜひ編んでみて!!

この本この本!Qの帽子。
着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る


また、ソノモノロービングの質感が似あってる。
この素朴な感じがすごくいい!

でも、ラミーが入ってるので、痒くなるのが心配だったので…

DSC00459M


肌に当たる部分には、バイアステープで保護しておきましたわよ。ほほほ。
備えあれば憂いないんです。


この帽子、ソノモノロービング2.5玉で仕上がります。
残りの0.5玉どうしようか?
この撚りの甘さ(というかほぼ撚りが無い)だと、糸割れさせてしまいそうな、棒針の編み地の感じも見てたいから、意味無く試し編みしようか?と悩んでおりましたが・・・

DSC00462M


もう2玉買い足して自分用も編んでしまいました。
テヘ(*^▽^*)ゞ


2011年10月
着こなし上手のニットのふだん着 より 編み途中記事
ソノモノロービング(93) 2.5玉×2
10/0、8/0号かぎ針

東北へマフラーを送ろうプロジェクト
imagemini
プロジェクトHP ブログ twitter
ScarvesforJapanタグでここから送付した作品が見られます
1箱目:マフラー10本 帽子2個 ベスト1枚 靴下2足
2箱目:帽子1個


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ




chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2011年10月28日

さっそくソノモノロービングを編んでみました。
10/0号かぎ針でざくざくと。

ざっくりと編んでいるせいもあって、とても素朴な感じの編み地になります。
糸巻きなおしで一度麻くずを落としていたにもかかわらず、膝の上にもまだ糸ぼこりが^^;
針サイズが大きいせいか、意外と心配していた糸割りは一度もやらかさなかったです。

手触りの第一印象は暖かくない気がしたんですが、ずっと膝上に置いてると意外にぽかぽかしてくる感じ。
まあ、アルパカとウールもたくさん入ってますからね!

1玉でこんなかんじ。
DSC00433s


2玉だとこのくらい。
糸長が短いせいか、かぎ針の号数が大きいためか、あっという間に玉数が進みます。
DSC00437s


というわけで、ランチョンマットの出来上がり☆

・・・嘘です。
皆さまご存じのとおり、michiyoさんのあの本のあの帽子です。
着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

長編みを少し短く編んでしまったので、お手本より少し段数を増やしております。
とにかくサイズ通りに平らに編む!のが大切です。

オモシロいパターンで、この平らな状態からくしゅくしゅくるんと帽子になっちゃうわけですが、
DSC00440s

平らなうちに、針を入れない予定の四隅の目にマーキングをしておくと、最後の部分を編むための目を拾うときの、いい目印になりますよ~。

全く違う糸でも、サイズ通りに編む!
ぎゅぎゅっとする!
ぐるっと編む!!
・・・で帽子ができちゃう気もするんですけれど、この素朴さは麻入りのソノモノロービングにしか出せないんじゃないかと思われます。

完成.。゚+.(・∀・)゚+.゚



ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 06:46│トラックバック(0)

2011年10月27日

今回は、テキトー糸レポート記事です。今までの糸レポートはこちら

それから、今回はアレルギー(たぶんラミーがダメ)持ちの人の感想なので、麻系大丈夫なかたは思いっきり差し引いてお読みください。
それでもなんで買ったんだ?と言われるとひとえに興味本位^^;


DSC00405s


今季新製品のソノモノロービングです。
アルパカ・ウール・リネン・ラミーをブレンドしてある、オモシロ手触りな糸。
ロービングであるということより、この材料の組み合わせがヘンです。
夏糸なのか、冬糸なのかはっきりせい!って言いたくなりませんか?

***
(Sonomonoシリーズ)【毛糸】【ハマナカ】ソノモノ ロービング
(Sonomonoシリーズ)【毛糸】【ハマナカ】ソノモノ ロービング
40g 64m
アルパカ 40%
ウール 30%
麻(ラミー・リネン) 30%
棒針10~12号 かぎ針8/0号
棒針 15~16目 18~19段
かぎ針(長編み)14目 6.5段
***


店頭で見かけたときは、とにかくふわふわでとろとろな柔らか糸に見えたので、ものすごく興味を持っておりました。
ツヤっツヤな光沢にも目をひかれてました。
どうしても触ってみたくて、友人のお伴で手芸店を訪れたときに、つい購入^^;

DSC00407s


しかし、でございます。
確かに柔らか~な糸なんですが、実際編んでみると第一印象と違う。
ぜんぜん伸びない糸なんですよ。
思ったよりも硬質なイメージ。

それから、この糸、糸端がなかなか見つからなくて、例によって糸玉を二つに割ってしまうような引き出し方をしてしまうので、玉巻き機で巻きなおして使ったのですが、糸くずが(正確に言うと麻くずが)ハンパない!
あたりを繊維がふわふわんと舞い散ります><

なんだこれ???
…と頭の中?マーク。

もともと、ラミーが入ってる時点で、わたしにはウェアは無理だと思っておりました。
アレルギー持ちなので。
触ってみて、よけいに「これウェアにできるのか?」みたいな印象。
毛糸だま№151にあったような、アウターだったらギリギリ使えそうなんですが、でもあの着方は無理だよ!
鎖骨の辺り痒くなるよ!!
マフラーにも難しい。
あったかくない手触りだもん。

でも、ですよ。
この、『伸びない』という特徴をうまく使えば、いいモノができるんじゃないかしら。
形を崩したくない帽子とか、バッグとかには、これも長所になるのじゃないかな。
ラミーでかゆみが出ない人には、毛糸だまみたいなアウターもいいかもしれない。
適度な硬さがあるし。
硬い、というと語弊があるな。柔らかいんだけど伸びないのよ。
それに、糸としては、見た目はとてもきれいなんだもん。
きりっとした印象を出せると思うんです。

ただ、このふわっふわな飛び繊維はなんとかならないものか(苦笑)
一度洗ったらおさまるのかな?

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2011年10月25日

これはすでに「東北へマフラーを送ろうプロジェクト」へ送ってしまったものなのですが、記事を書くのが億劫で遅れていたものでした。
なんかほら、送っちゃったらモチベーションの糸がぷっつり切れたみたいな?

DSC00367m


これ、きのこ帽という名前も微妙だし、フラットに置いてとった写真もこんなカンジですが、かぶるとソフトフィットでかなりイイ感じの帽子なんです。
しかも、ソノモノアルパカウールちょうど2玉でできるし。
軽くていいです。糸も余らないし。



DSC00369m

かぶると、模様編みがこんなふうに伸びます。
イイ感じでしょ?

模様も4段で1模様という簡単さなので、すぐに手が覚えてトップスピードに乗れますよ!
しかも表だけ見て編む輪編みなので、さらに簡単.。゚+.(・∀・)゚+.゚

浅く(ふつうに)かぶると帽子の後ろのほうがちょっと余る感じになります。
柔らかい編み地なので、ギュッと引っ張って深くかぶることもできる。
だから、髪の長さとかも問わない感じ。
いいデザインですよね。

DSC00371s


ぜったい自分にも編む!!と決めています。
もう糸も購入してあるもんねー。
友達に「あなたに似合うのはグレーよりも明るい色」と指摘されたのでベージュを2玉買ってあるのです。
個人的には頭回りのコードは要らないな。
編みっぱなしで充分かわいい帽子です。

編み図はこの本から。
大人スウィートな手編み (Heart Warming Life Series)
大人スウィートな手編み (Heart Warming Life Series)
クチコミを見る


ところでですね。
昨日言ってた三角の目数マーカーはさっそく買ってみたんですが、(たしかに丸よりも使いやすかった!特に落ちたとき拾いやすい^^;)
いまのわたしには、他にも欲しいものがあるのです。
輪針のセット。



持ってる人にぜひ教えていただきたい。
どっちがオススメ?
なにか欠点とかはあるでしょうか??

ちょっと簡単には手が出ない価格なので、吟味して選びたいそんなこの頃なのでございます。

2011年10月
大人スウィートな手編み より
ソノモノ アルパカウール並太(65)2玉
6号・8号針

東北へマフラーを送ろうプロジェクト
imagemini
プロジェクトHP ブログ twitter
ScarvesforJapanタグでここから送付した作品が見られます
1箱目:マフラー10本 帽子2個 ベスト1枚 靴下2足


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2011年10月24日

先日「東北へマフラーを送ろうプロジェクト」へ送った箱に最後に入れたのがこの帽子。
この本に紹介されている「きのこ帽」です。
きのこ帽って名前はいかがなものかと思います。ええ。



DSC00293s


なわ編み針を使った模様編みなのですが、単純な編み込みなので、この写真くらい編んでいくと手が覚えてスピードに乗ってきます。
ずっと表を見ながら編む輪編みなので、段数を数えるために印をつけておく必要があるのでご注意を。
あー、三角の目数リングが欲しい(そのくらい買えば^^;

DSC00363s


ちょうど一玉編みきったあたりで模様編みの27段目。
足りるのかどうか不安になってきました。
使っている糸はソノモノアルパカ並太です。手触り最高。

輪針で編むので、サイズを途中で確認できないため、つい編み図の指定糸をそのまま使ってしまいましたが、編み地自体がソフトに収縮するので、違う糸で編んでもごまかしがききそう。



今回はこれ、東北へ送るつもりですが、あとで自分用にも編みたいですね。
グレーは自分に似合わないかな?

完成(*・ω・)ノ
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2011年10月21日

今回は、テキトー糸レポート記事です。今までの糸レポートはこちら

素材の色を活かしたソノモノシリーズの、アルパカウールの並太糸。
ええ、説明も糸の名前そのものです。

DSC00403s


ソノモノシリーズは、ウール糸のほうも軟らかめな糸なんだけど、アルパカウールはもっとトロッとして手触りすべすべ。
アルパカが40パーセントも入ってるから、けっこうアルパカっぽさが強く前へ出ている。
アルパカのぬめっと感が好きな人は、ソノモノウールのふわっと感よりもこっちが好きかも。
極太と並太の二種類の太さ展開で、わたしはこちらの並太のほうが繊細で汎用性が高い気がします。
軽さは、ウールとそんなに変わらない感じ。
おどろくほど軽いわけではない。

というわけで、この糸の一番の魅力は、手触りです。
直接肌に触れる系の小物には最高だと思います。

***
ハマナカ毛糸 ソノモノ アルパカウール並太 ウール60% アルパカ40%
ハマナカ毛糸 ソノモノ アルパカウール並太 ウール60% アルパカ40%
ウール60% アルパカ40%
40g 92m
6~8号 6/0号
棒針21~22目、26~27段
かぎ針19目8.5段(長編み)
***


さすが大手の糸だけあって、自然の色合いだけでけっこう安定した色の濃淡を表現してきているのですが、染料なし生産なので、ロット違いで使うのは避けたほうがいいと思います。
素材の色で勝負なため、オフホワイトからグレー、茶系しかないのだけれど、どれも嫌みのないいい色です。

ええ、糸玉の状態ではね。キレイなんですけど。
ただ、ずっと編んでると、グレーグレーグレー…ってちょっと滅入ってくるんですよね^^;
ワガママなんですけど、目が色を欲してくると言いますか(≡ω≡.)
派手好き?


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2010年11月17日

№88のフード付きベストを編んだ時の、途中経過の写真を撮ってあったのでここに保存しておこうかな。

100927_0038~0001


本体がもう少しで編み上がるところ

100927_0040~0001


ポケットをつけようとしている

101003_1258~0001


周囲のループヤーンを編みつけてるところ
ものすごくサイズの大きいかぎで編んだ。
このあと前立てを編んで、肩をはいで、袖ぐりを編みつけて、襟周りを編んだんですが写真ナシ。

101006_2039~0001


フード展開図

101006_2113~0001


組み立てたフード
これを本体に綴じつけて完成\(^o^)/

101009_1156~0001


以上です(*・ω・)ノ

chirrchirrchirr at 06:55│トラックバック(0)

2010年11月03日

101009_1156~0001

こんにちは。
何事もなかったかのように、以前のブログからの続きを始めてみます。
作品№87までの記事は、いずれうまくできたら、こちらにお引っ越ししてくる予定です。

さて、sonomonoという毛糸が5玉ほど在庫で残っていたので、毛糸だま秋号のベストを編んでみました。

101009_1156~0002

拡大してみるとおわかりのとおり、ひし形の模様が並んだ編み地になっています。
ループ糸の縁取りや、フードもいいよなぁ(*´∇`*)

難しかったのは手加減です。
ゆるくゆるく、ふんわりと編んでいかないときれいな模様が出ません。
見ていた友人に「また編み直し?たた大変だね」と何度言われたことか^^
どうです、できましたよー<友人

ちなみに指定では前立てがジップアップのファスナーだったのですが、我が家での普段着なのでいらないかとつけませんでした。
そのかわり・・・

101009_1157~0001

使わないとわかっているのに、無駄にポケットつけちゃった(*゚▽゚*)
メッシュ状になっているので、ハンカチくらいしか入れられませんが・・・

 「毛糸だま」2010秋号22ページ
 sonomono≪合太≫ (2)5玉 (3)6玉
  sonomonoループ (53)4玉
  かぎ針6号、10号
  ※ 本の分量通り、編み図そのままでできました。指定ゲージに編めるようになるまで時間がかかったけど・・・

(。・ω・)ノ゙制作過程

毛糸だま No.147(2010年秋号) (Let’s Knit series)
クチコミを見る


そんなわけで、「ふわっと。」始めてみました。
これからもよろしゅう。

chirrchirrchirr at 10:18│トラックバック(0)