リド

2012年03月21日

今回は、テキトー糸レポート記事です。今までの糸レポートはこちら

廃盤になってしまったRoberta de Camerinoコラボのパピーの高級糸です。

DSC01005s
ウール100%
50g 125m
5~7号 5/0~7/0号
20~21目 26~27段


発色と色のラインナップが絶妙に良かった糸だったのだけれど、ちょっと手を出すのがためらわれるほどのお値段だったため、購入不可になった今ごろ廃番セールで手に入れて編みました。
でも今頃気づいたんだけど、50g巻きで125mの長さだから、もとのお値段でも驚くほど高くなかったのかもしれない。
10玉でカーディガンが編めるとか、普通ではありませんからね~。
もっと早く気付けばよかったです。
そしてもっとガシガシ編めば良かったー。

DSC01006ss


とても細いウール糸が、空気を含むように6本撚りになっていて、とても弾力があります。
見た目だけで判断するともっと太い針で編むタイプの糸かな~って見えるんだけれど、じつは5~7号が適正。
編み地も軽く仕上がります。
空気を含んでモチっとしてるので扱いやすく、編み地もキレイ。
模様編みもふっくら浮き出てくれます。

糸自体も丈夫で、1~2度の編み直しなら十分耐えてくれます。
あと、この形状だから、糸を割りにくい!
編んでいてストレスが無い糸でした。

ホントにもっと早く気付きたかったorz

あと1色たっぷり1着編めるだけ持っているので、なにかとてもいいパターンを見つけたら編みたいです。
あの時争奪戦に勝利した方、その糸は正解ですよ!


→リド作品はリドタグ

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月20日

パピーの廃番高級糸、ロベルタリドで編んでいた、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデ。
ようやく完成しました!

DSC01195m


最初はこのカーデ、ポピーレッドかマラカイトグリーンのリドを手に入れて、それで編もうと思っていたもの。(派手)
しかし争奪戦に速攻敗退して、残った色の中からこの茶色を買いました。
この、ミルクチョコみたいなローシェンナもかなり良い色合いで、編んでいる間に一度も飽きることありませんでした。

もっと編みたかったですね、リド。
でも廃番セールで超特売にならないと手が出ないようなお値段だったのもたしかですけど^^;

DSC01196m


襟首のくりはこんなかんじ。
ご覧のとおりデザインもものすごくかわいいんですけど、一つだけ気になったのがこの襟ぐりの開き具合です。
なで肩なので。
あまりに気になって、襟ぐりのゴム編みを2段増やしたりもしてみました。
一日着て歩いてみたけれど、動きにくいということもありませんでした。

あと、ラグラン線に模様編みで玉編みがポコポコしていて、脇とか動かしにくくないかなーとも思ったのですが、こちらも一日着ていて気になることもなし。
ちょっとゆったりめなので、普段着やすいデザインです。
丈がちょっと短めに見える気もしますが、バランスいい長さです。
というか、わたしみたいなおチビが着ると、スカートと合わせるともっと短くてもいいみたい。
デニムパンツとかと合わせるなら、この長さでジャスト丈です。

このへんのパターンのバランスについては、まだまだ勉強不足なカンジでございます。

DSC01206m


ボタンは予告通りピザの形の青いビンテージボタンを刺繍糸で。
ボタンが透明だから、刺繍糸が綺麗に映えますよ!
茶色に青ってすごくお洒落な色合わせだと思いませんか?

裏側には小さな力ボタン(20個くらいついてて50円とかいうやつ)をつけてあるから編み地も傷みにくいし、ボタンつけ位置にはマーキングしてあるので、飽きたら別のボタンにつけ替えることも容易です。
手編みするときには、マーキングオススメ。

DSC01204m


最初は黒いスカートで合わせて見たんですけれど…

DSC01210m2


白いスカートのほうが似合うかもしれません。

DSC01197m


一番似合うのはこれかな?
模様編みとスカートのプリントが似合いすぎ。
スカートの形も、広がるタイプのほうがなんだか合う気がする。


編んでみての感想は、とにかく楽しかった!
糸が良い糸で、好みの感触だったのもあるし、色も目に優しく、そしてパターンがとても編みやすいものでした。
編んでいる最中はメリヤス編みの乱れに悩まされたけれど、全部仕上がってみると、編み本でもこの程度の編み癖が出てる作品はごまんとありますし、気にすることなかったという結論に達しました。
針の不調とメリヤス修行で何度か編み直して、もしかしたら二着作れたんじゃない?ってくらいの長さを編んだ気もするけれど、これは絶対途中で投げ出すことは無いと確信して編んでいました。

おかげさまで無事完成させることができ、達成感ハンパないです。
とても充実した一か月でした。

あとね、ウェアだと、5号で編むのが限度ですね。
わたし個人的には、もう少しローゲージ糸をふあふあ編むのが作業的感触的には好きなんですが(マフラーとか帽子ではそれでいい)、袖まで付いたカーデでは、編み地がこれ以上ごつくなると重すぎる服になると感じましたね。
好みなんですけどね。

その他編み途中でいろいろ感じたことは、メイキング記事でご覧下さい。
あとでリンク貼っておきます。

2012年3月
「着こなし上手のニットのふだん着」よりNのカーデ
制作過程はこちら
ロベルタリド(1662)10玉、5号輪針(ただし棒針として使用)




着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



》ななしさま
ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコ
袖なしのウェアを編めるのならば、袖ありのウェアもなんとかなります!必要なのは根性!!
意外に袖って面積大きいんですよねー。
michiyoさんのこのパターンは、めんどうな肩下がりとかメリヤスはぎとかゴム編み留めとか一切ナシなので、初心者さんにも難しくないと思いました。
リドは瞬殺でしたねorz
わたしも欲しい色は一切買うことできませんでした。つくづくバーゲン向きではありません。


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月19日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

一日かけて、脇と袖下の綴じと、糸始末が終わりました~。

DSC01178s


とにかくこのカーデ、「はぎ」が無いのがイイですね!
「綴じ」だったら比較的編み地も見やすく綺麗に仕上がりやすいのですが、どうも「はぎ」は苦手です。

また、糸始末も、編んでいる段階から糸端をすべて編み地の端に揃えておいたので、綴じた綴じしろにくぐらせて始末することができました。
編み地の真ん中に結び目が来てしまうと、ぼこぼこしてしまうのでキライです。

糸始末は各パーツの編み始め・編み終わりと、綴じはぎの糸のほかに、どうしても糸玉を変える時に糸端が出てしまうため、意外に手間と時間がかかりますよね。
40g玉とか50g玉では、どうしても玉替えは出てしまう。
毛糸が欲しい重さだけ量り売りだったらいいのに。お店の手間かかるけど。
と思ったり思わなかったり。

DSC01179s


めったに見せない裏側の処理あと。
糸の太さの割に、意外にコンパクトに処理できたのではないかと思います。

DSC01181s


無事服の形になって、ほぼ完成☆
あとはボタンをつけるのみ。
気になっていた玉編みを裏で処理した後のギャザーは、再度スチームすることで目立たなくなりました。
なので、水通しせずにこのまま着て出掛けちゃうんだ~。

完成.。゚+.(・∀・)゚+.゚


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月18日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

先日は、ボタンが決められない優柔不断なわたしへたくさんのご意見いただき、ありがとうございました(*・ω・)*_ _))ペコ
アンケートの結果発表と、わたしの出した結論をまとめさせていただきます。

★人気第一位★よっつめの小鳥ボタン
DSC01188m
37票 63.8%


圧倒的な人気でした、ことり。
わたしもこの可愛さに衝動買いした一人なので、納得の結果です。

皆さまのご意見を並べてみると、
「自宅用ならナチュラルが好きなので。」「とりさんかわええです」「小鳥のボタンがキュートです(^-^)」「小鳥のボタンがキュートです(^-^)」「すっごくかわいいです!」「普通にかわいいと思います。」「普通にかわいいと思います。」「自分なら同系色で無難に」「同系色なので落ち着いた雰囲気になるかな、と。」「カラスたん可愛いよカラスたん(^^)」

小鳥の可愛さにノックダウンされた方々と、ナチュラル好きなご意見とで半々、といった感じでしょうか。

★人気第二位★みっつめの星模様ボタン
DSC01187m
10票 17.2%


ブルービンテージボタンの中では、これが人気でした。
みっつの中ではキラキラ度が一番高いです。

「かわいい!」「私ならコレ!」「レトロな感じが可愛いです」「メリヤス編みに映えると思いますよー。」「これが青い糸で縫いつけられるなんてステキすぎます」

など、ビンテージっぽさが決め手みたいです。

★人気第三位★ひとつめのお皿ボタン
DSC01185m
6票 10.3%


星模様から一転、いちばんシンプルな青のボタンです。

「色が綺麗です」「シンプルイズベスト」「次点はふたつめ。」「小鳥はかわいいけど、毛糸と同色系なので、目立たなくてもったいないと思いました。」

こちらは青が目立つのがポイントですね。

★人気第四位★ふたつめのピザボタン
DSC01184m
5票 8.6%


第三位と第四位の差はほぼ無いのだった。

「茶にブルーって好きです。小鳥も可愛いけど、ありきたりになるかも。」「かわいらしいけどビンテージの雰囲気がすてきです。」

こちらもビンテージ感が漂うボタンでした。

アンケートのご意見を読ませていただきまして、ものすごく悩みました。
正直言って、わたしの当初の候補は、最初のブログの記事で並べた順(皿→ピザ→星→小鳥)でした。
「青いボタンをつけたい」というのがあって、シンプルな順に候補にしていて、小鳥ボタンは本当に衝動買いだったのです。
アンケートやらなければ、おそらくひとつ目のシンプルお皿ボタンに決めていたのではないかと思います。

しかし、皆さまのご意見を読んで、本当に一から考え直しました。
得票数でなく、ご意見のほうを参考にしました。
そして、最終的に、ふたつめのピザボタンをつけることにしました。

DSC01098ss


友人に「一番人気無しボタンをつけるなら、なぜアンケート取った?」と笑われましたが、順位よりもご意見ひとつひとつが参考になりました。
うまく表現できないのですが、自分の好きなボタンとして考えるのではなく、全体のバランスを見て考えようと思いなおしたんですね。

当初第一候補だったひとつめお皿ボタンは、並べてバランスを見たら、意外にシンプルすぎる気がしてきました。
みっつめ星ボタンは、カーデの編み地のぷくぷく模様に反して、模様がシャープすぎる気がしました。また、目で見たときに、光の反射で他の二つよりも色が薄く見えたので外しました。
小鳥も本当にキュート。編み地とも調和しています。でも、仕上がりがちょっとナチュラル寄りになりすぎる。
ピザボタンは、レトロ感たっぷりな縁飾りが、ちょうどなわ編みの感じと似合ってる気がしてきたのです。

今回外した3つのボタンも、どれも好き。
きっとどこかで使います。

それから、入手先を教えてください、とのご意見。
いずれのボタンも、アンティーク手芸 レネットさんで入手しました。
ここはものすごく危険な(うっかりポチりやすい)お店なので、覗くときはお覚悟を決めて覗いてくださいませ。
可愛い商品は、あっという間に売り切れてしまいます。
残念ながら、小鳥ボタンも売り切れです><

いつでも跳べるように、右側のリンクに加えておきますね~。

DSC01190s


ボタンつけの糸も決めました!
試してみていちばん鮮やかだった、真ん中の刺繍糸で縫いつけます。

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月15日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

昨日の記事で宣言していた、玉編みが裏側に凹まない細工を、終了できませんでしたorz
意外に時間がかかって、1/4残ってしまってます。

でも、そのおかげでビフォーアフターをご覧いただけます!

DSC01159s
ビフォー


なんということでしょう!
ところどころ裏側に凹んでしまっていた玉編みが、

DSC01160s
アフター


このとおり、くっきり浮かび上がりました!
指で押しても裏側に入っていきません。

最初は玉編みの上下に糸をかけて、裏側でひとつひとつ糸を結んでいこうかと思っていたのですね。
でも、昨日の実験で裏編みの裏側の端なら、糸をくぐらせても見えないとわかったので、糸を渡しながら縫っております。
ちょっとだけギャザーが入ってしまったように見えますが、もう一度スチームを当てれば何とかなるのではないかと勝手に期待しております。

あと、右上2目一度が汚いのは、ウデのせいです(≡ω≡.)

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月14日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。
案の定というか、ええ、一か月では編み終わりませんでした。

先日から言っていた「玉編みを凹ませないために手当てする」方法ですが、決まった方法があるわけではなく、こうしたらいいんじゃない?というのを試してみようかなと漠然と思っています。
いきなり本体で試す度胸は無いので、あまり毛糸でセーターの部分模型を編んでみました。

DSC01154s


玉編み部分2玉だけ^^
こういうのって意味無いけど可愛い。
このサイズの理由は、残り糸の長さに合わせただけです。

さてこの玉編み、すでに裏側から凹まないように細工をしてあります。
今回はわざと見えやすい糸で細工してみました。

DSC01155s


こんなかんじ~。
玉編みのすぐ脇に、ちょうど裏編みの縁部分があったので、その端の糸に適度に糸を絡ませながら、玉編みの上と下のメリヤスの目をすくってほどよく締めた、それだけです。
あまりぎゅっと締めてしまうとギャザーが入りそうな気がするので、裏側に玉編み部分が入りこまない程度に適度に縮めました。

もっかい表側を見てください。

DSC01154s


わざと目立つ糸で縫ってあるけど、全く見えませんよね?
玉編みの影になってる部分に、玉編みの上下をすくった糸は理論上見えてるはずだけれど、ちょうどよく隠れてくれているのだと思います。
共糸でこれをやれば、きっと目立たず補強できるのではないかと思うのです。

始末する量が意外に多いので、今日はこれにかかりきりかな~。

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



≫gobuzakiさま
これでいいかどうかは、自分でもオタメシなのでわかりません。
「今、これで大丈夫か」というのと、「使い続けてこれで大丈夫か」というのは別問題だと思うので、何回か着てからまたレポしまーす!


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月13日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

襟ぐりのゴム編みを先にやっつけてみた。

DSC01119s


一気に服っぽくなったねー。

今回のゴム編み部分、ちょっと指定から変更しました。
見た感じ、襟ぐりが開き気味のデザインではないですか?
わたし、なで肩なので。
ショルダーバッグがずるずるずり落ちてしまうなで肩なので。
ちょっとビッグシルエットのコートとか試着してみると、毛布をかぶってるみたいに貧弱に見えるなで肩なので。
(なで肩と肩こりって関係あるのだろうか?)

そんな哀しみのなで肩対策のためにゴム編みを6段に増やしております。
それに伴い、ボタン穴の位置もちょい調整。

糸始末も、ゴム編み止めじゃなくて伏せ止めなのは、おそらく襟ぐりが伸びすぎないようにという配慮もあるのではと思いました。
それでもまだちょっと心配だったりします。
大丈夫かなぁ?

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月12日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

ラグラン部分を綴じてみました。

DSC01116s


斜めになっているのですが、減らし目の操作を模様の内側で行っているので、編み目の端はまっすぐな表目なのですよ。
なので、増減なしのメリヤス地のすくい綴じと同じ感覚で綴じることができます。

でも、けっこう緊張して時間がかかるんだよね。

DSC01118s


全部綴じた感じはこう。
カーディガンってひらきにするとこんな形になるんだーという図^^

ここまで全部綴じちゃってから気付いた。
綴じる前に、玉編み部分がへこまないように、裏側から処理しておけばよかったorz
そして、この状態だと、脇綴じよりも前に襟ぐりのゴム編みを先にしてしまって、休み目にかかってる針を外さなければ作業しにくいですね。

順番変更です。

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



》gobuzakiさま
決まった方法なんてナイですー。
わたしも悩んで今回オタメシでやってみようかとそのくらいです。
写真も撮ったので、明日の記事にしようかと。


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月11日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

編む部分は全パーツが揃ったので、迷っているボタンを並べてみます。
ひとつだけ衝動買いで全く違ったテイストのものが混じっておりますが、並べてみてみると今回わたしがどんな感じに仕上げたいのかわかるはず。

まずは飾りのないいちばんシンプルなタイプ。(画面中央のです)

DSC01101s
拡大 ↓
DSC01101ss


青いプラスチックのビンテージボタンで、お皿のような形です。
いちばんシンプルなかたちなので、青の色が一番クリアに見えています。
色が付いているとはいえ透明だから、糸の色も考慮してつけなきゃならないなぁ。
綺麗な青の刺繍糸とかはどうだろう?

ふたつめ、ちょっとだけ飾りが入ってるタイプ。

DSC01098s
拡大 ↓
DSC01098ss


これも同じ色のプラスチックのビンテージボタン。
かたちはピザみたいな形です。
周りの模様がイタリアの食器とかによく描いてある太陽の絵みたい。
これも捨てがたいですよね。

みっつめ、飾りが全面に入ってるタイプ。

DSC01099s
拡大 ↓
DSC01099ss


同じ色のはずなのに、光を反射する面積の関係で今までのよりも薄い青に見える、やっぱりプラスチックのビンテージボタン。
模様がくっきりと星みたいです。

ビンテージボタンのせいか、成型がちょっと甘いところがあって、ひとつめからみっつめは、どれを使うにしてもいくつかは縁にやすりをかけなくてはならないのがありそうです。

よっつめ、衝動買いボタン。

DSC01100s
拡大 ↓
DSC01100ss


木製ボタンに鳥の絵。
かわええええ><
シンプルなところにアンバランスにレーザー加工。
ホントに可愛いです。

とはいえ、じつはこのリドの茶色を選んだときから、ボタンは緑か青系って決めていたので、ビンテージボタンのどれかにかなり傾いてはおります。
でも小鳥もかわいい、んだよねー。

ホントにどれがいいかな~?
アンケート作ってみようかな。
お気軽にご意見お聞かせください。



続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月10日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

変わり映えのしない記事が続いてすみません(*・ω・)*_ _))ペコ
しかしやっと、最後のパーツである袖が編み上がりました。

DSC01109s


右:最初に編んだほう。
左:あとで編んだほうですが、あとで編んだほうのほうが格段に編み地が綺麗な気がします。

DSC01112s


ええ。気のせいではありません。
わたしが慣れたせいもあるかもしれませんが、壊れかけだった輪針のジョイント部分が、いちいち引っ掛かってたという可能性も無きにしも非ず。
まあ、編み直すほどではないと判断します。

DSC01113s


糸はまだこのくらい余ってます。
短い糸群で綴じはぎをして、糸玉で残ってるので襟ぐりを編む予定。
ちょうどいいかんじです。

DSC01114s


パーツ全部そろったのを確認。
チキンなわたしはここでさらに残りの工程を再確認です。

1)ラグラン線を綴じる
2)脇と袖下を綴じる

ラグラン線も、脇も袖下も、編み目の端で増し目・減らし目をしてる部分はひとつもないわけだから、普通のメリヤス地をノーマルにすくいとじするカンジで綴じられるはず。

3)襟ぐりのゴム編みを編む。

1目ゴム編み。ボタンホールを忘れるな。
4段で終了という指示だけれど、ちょっと頼りない気もするので6段まで増やすか検討中。
伸びないようにゴム編み留めではなく、伏せ止めをする。

4)ボタンをつける

5)指示はされてないんだけど、玉編みがへこんでしまいがちなので、対策をするかどうか考え中。

6)水通し

こんなものかな?
綴じはぎは一気に終わらせないと綺麗にできないから、時間を確保してから始めよう。
あと、ボタンを選ばなくちゃ。

続きの記事へ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



》名無しさま
このカーデはあの本の中では難易度高め(というより手間が多め)かもしれませんが、一般的なカーディガンよりも編みやすく作られていると思います。
ゲージさえ合えばどんな糸でも編めると思いますよ!
ぜひチャレンジ!ただし、メリヤス修行ですけど^^;

》makimakiさま
玉編み部分がへこんでしまうのは気分までへこみますよね~。
玉編み凹み対策についてはどうしようかちょい悩み中です。
余り糸で部分的に同じように編んでみて、試してみようかなと思っております。


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)