初心者向け

2011年05月10日

№8687のストライプペットボトルカバーの編み方です。
最初から見たい方はこちらへどうぞ(*・ω・)ノ


今までの、こま編みで底から上へ→立ち上がり鎖1目→こま編みで上から底へ→底の外周部分に2目引き抜く→こま編みで底から上へ…を繰り返していけば、とりあえずカバーの形はできます。
ここからは「編みながら上部に紐通し穴を作る方法」です。
編み図にも紐通し穴がある状態で書いてあるのでご参照を。


わたしは、2目分の紐通し穴を作ることにしました。
まずは端から3目のところでこま編みをやめて…
PA0_0087




鎖を2目編みます。
PA0_0053




そして一番端の目でこま編みを編みます。
これで鎖2目分の穴があきました。
PA0_0050



1目鎖で立ち上がって、編み地を返してこま編みを編んだところです。
紐通し穴が開いているのが見えるでしょうか。
PA0_0049




10段ほど編んだところです。
3段一組でこの方法で
紐通し穴を作っていきます。
くさり編みをするときの方向が
毎回変わるのでお気をつけて。
PA0_0025



66段編み終わったところです。
無事にカバーっぽい形に出来上がりました。
PA0_0018

編み終わり部分が編み図と違ってる気もするけど
たぶんわたしがどっかで1目落としてしまっただけなので
気になさらないでくれるとありがたいです(≡ω≡.)
とにかく最後の部分で隙間さえ開いてなければ
形になるので、ええ。




最後は、引き抜いて長めに残した糸で、
最初の鎖目と巻き綴じで綴じていきます。
最後は裏側で適当に糸処理。
PA0_0014



意外に綴じ部分は目立たずに仕上がりました。
段染め糸万歳\(^o^)/
PA0_0002




入れ口を縛る紐を適当に編みました。
鎖編みでも、二重鎖でもいいんですけど、
せっかくの色を楽しむために
色違い部分をわざとそろえてスレッドコートで編んでみました。
PA0_0000




紐を通し穴に通して出来上がりです。
1玉でちょっと糸が余るくらいで編めました。
時間もそんなにかかりません。
休日なら1~2日、仕事のある日なら1週間もあれば出来上がります。
PA0_0124



以上です(*・ω・)ノ



ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 04:30│トラックバック(0)
№8687のストライプペットボトルカバーの編み方です。
最初から見たい方はこちらへどうぞ(*・ω・)ノ


続けて側面を編んでいきます。
さっきの裏引き上げ編みを一周して
最初の目に引き抜いてから、
必要な高さ分鎖編みを編んでいきます。
コットンソレント・3/0号針では
46目分の高さで、
カバーを着脱しなくても使いやすい形になりました。
PA0_0119




一目鎖で立ち上げて、
今編んだ46目の鎖編みを作り目に、
こま編みで戻っていきます。
abf4d9b0




スタート地点まで戻ってきました。
最初の部分はとても頼りないですね(´・ω・`)
PA0_0094



端まで編み終えたら、
その前に編んだ引き上げ編みの、
鎖編みで立ち上がった部分の
隣の目に針を入れて…
PA0_0091




引き抜きます。
PA0_0090




さらに、その隣の目でも
もうひとつ引き抜きます。
(これが立ち上がり鎖目のかわり)
PA0_0089




そして編み地をくるりと裏に返して、
二段目のこま編みを編んでいきます。
なお、この編み方だと(見慣れないためか)
どこまで編めば正しいのか
ちょっと間違えやすかったので、
ときどき目数が減ってないか数えてください。
わたしは4目ほど減ったときに気付いた…orz
PA0_0088



4へ続く



ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ




chirrchirrchirr at 04:20│トラックバック(0)
№8687のストライプペットボトルカバーの編み方です。
最初から見たい方はこちらへどうぞ(*・ω・)ノ

底は編み終わったので、側面にかかります。

【編み図:側面】
底から続けて編みます。
pet002


1目鎖で立ち上げて、
円周を1周ぶん、裏引き上げこま編みで編んでいきます。
裏引き上げこま編みとは…
PA0_0154




前段のこま編みの足の部分を裏側から拾って…
PA0_0136



糸をかけて…
PA0_0135




こま編みします。
前段のこま編みの目と目の間に、
裏側に90度曲がって、編み地が立ち上がる感じです。
きっちりと角を作りたいそんな時に使える編み方ですね。
なお、引き上げ編みは
表引き上げ編みより裏引き上げ編みのほうが編みやすいとおもう。
なぜなら、編み地を外側から見て編める(針先が常に見えている)から。
PA0_0122




一周66目編んだところです。
これ、色変わり部分がうまく切り替わると、
底に色違いのステッチ模様が現れてかわいい^^
PA0_0120


3へ続く



《編み図のご利用について》
こちらの「このブログについて」をご一読ください。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 04:10│トラックバック(0)
№8687のストライプペットボトルカバーの編み方です。


【用意するもの】
糸…ショートピッチのグラデーション糸。
写真はコットンソレント。
編み図もコットンソレント用で書いています。
かぎ針…糸にあったかぎ針。
コットンソレントの適正号数は3/0~5/0号。
しっかり編みたいので3/0号を採用。
500mlペットボトル(見本用)
ホントはもっと底が平らなの推奨。
PA0_0182

***
今回使った糸はこれ。
コットンソレント 【毛糸】【パピー】【11春夏】
コットンソレント 【毛糸】【パピー】【11春夏】
***
ゲージ変わっちゃうけど、このへんの糸でも可愛いのができそう!
01、04、07の色がものすごくカワイイ><

毛糸ピエロ♪【422】Sogno(ソーニョ)[綿100% 中細~合太]
毛糸ピエロ♪【422】Sogno(ソーニョ)[綿100% 中細~合太]
***
これは綿100じゃないけど、どうだろう?
段染めのカンジは悪くない気も。

毛糸ピエロ♪【639】Celeste(チェレステ)[綿45%・毛40%・ナイロン15% 中細]
毛糸ピエロ♪【639】Celeste(チェレステ)[綿45%・毛40%・ナイロン15% 中細]
この三つは、下へ行けばいくほど細番手の糸になります。一応。
糸を替えたら、実際のペットボトルで測りながら目数を変えてください。

***



【編み図:底】
pet001

わの中に6目こま編みから始めます。
PA0_0179


1段ごとに6目増やすやり方で円を編んでいきます。
PA0_0166


ペットボトルの底と合わせてみて、ちょうどこま編み1段分くらいはみでるくらいで編みやめます。
コットンソレント・3/0号針で編んでみたら、11段(外周66目)でした。
PA0_0155

2へ続く

《編み図のご利用について》
こちらの「このブログについて」をご一読ください。
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 04:00│トラックバック(0)

2010年12月27日

№91のかぎ針で編むストライプマフラーの編み方その5です。
最初からご覧になる方は記事1へお戻りください。
編み図も記事1を参照してください。いろいろ省略してますがご容赦ください。

(21)本体を編み終えたら、袋を閉じます。
101204_2201~0001

まず、最終段の濃色の引き抜きをします。
両端の色を濃色と揃えていたらそのまま引き抜いてください。
両端の色を濃色と変えていたら、糸を変えて引き抜きます。

(22)
101204_2206~0001

立ち上がりのくさり編みを1目。

(23)引き抜いた目にこま編みを編みます。
そのまま1周こま編みしますが・・・
101204_2207~0001

最終段がくさり目の部分のみ、1段前の薄色の目を拾って、くさり目を編みくるみつつこま編みします。
1周こま編みしたら、長めに糸を残して最初の目に引き抜きます。

ここで最後に残した糸意外の糸を始末します。
とはいってもお互い片結びでほどけないようにしておけば充分かと。
外から見えないし、糸始末めんd(≡ω≡.)

(24)最後に残した糸を、本体を二つ折りにしてちょうど模様の端に来るまで適当に内側の目にくぐらせます。
模様がねじれないように編み始めから二つ折りして、慎重に端っこを決めてください。
101204_2212~0001

「くぐらせます」と言ったけど、ちょうど模様の端っこに編み終わりが来ていました。
ラッキー。

(25)
101204_2219~0001

こま編み部分を糸1本ずつすくって巻綴じで綴じ、目立たない部分5~6目に糸端をくぐらせて、残った糸端は無理やり本体の中に隠してしまえばでき上がりです。

このマフラーのいいところは、とにかく糸始末がラクだということですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ちょっと両端の形状が違ってはいますが、厚さは同じくらいですし、そんなに気にならないと思われます。
両端と濃色を同色にすれば、たぶんほとんどわからなくなるでしょう。
ちなみに、右が編み始めで左が編み終わりです。
101204_2220~0002



chirrchirrchirr at 07:00│トラックバック(0)
№91のかぎ針で編むストライプマフラーの編み方です。
最初からご覧になる方は記事1へお戻りください。
編み図も記事1を参照してください。いろいろ省略してますのでご容赦ください。

(18)この要領で、基本的には奇数段=濃色偶数段=薄色で編んでいきます。
101203_1425~0001


(19)ためしに裏返してみたところ
101203_1430~0001

この編み方の特徴は、輪で編んでいくと糸の立ち上がりがらせん状にずれていくことです。

このくらい編んだところで、編み始めの糸たちを始末しておきます。
と言っても、袋状に編んでいてどうせ表から見えないので、糸同士を片結びしてほどけなくしておくだけで充分。
そのまま編みっぱなしで袋の中に隠しておいて構わないと思います。
だって糸始末ってめんどう(≡ω≡.)

(20)編んでいくと、だんだんストライプが見えてきました。
101203_1532~0001


糸の替え方を工夫すると、模様を編むこともできます。
ただし、模様を入れると計算しながら編んでいかないと、終わり端のほうで糸が足りなくなることもあるのでご注意。

つづきます(*・ω・)ノ

chirrchirrchirr at 06:30│トラックバック(0)
№91のかぎ針で編むストライプマフラーの編み方その3です。
編み図は記事1を参照してください。
ただし、編み図はわかりやすいようにいろいろ省略して書いてあるのでご了承ください。

(9)2色目の薄色の糸をつけます。
101203_1409~0001

2色目の糸は、濃色の糸を針から外さずに、最後に編んだくさり編みの下をくぐらせて引き抜きます。

(10)
101203_1410~0001

そして立ち上がり3目を編みます。

(11)
101203_1411~0001

次に長編みを1目編みますが、土台のこま編みの、ちょうど真下になる目を拾い、濃色のくさり目ごと編みくるみます。

ここでは土台の最後のこま編みになりますが、写真がわかりにくいですね(≡ω≡.)

1段下の段から目を拾うため、少し余裕を持って長編みしてください。


(12)
101203_1411~0002

次の目は、濃色のくさり目だけを拾って長編みします。

(13)
そして、くさり編みを1目編みます。(忘れがち)

(14)
101203_1412~0002

次の濃色のくさり編みを拾って、1目長編み。

(15)
101203_1413~0001

土台の目を拾って、くさり目を編みくるみつつ1目長編み。

(16)
101203_1413~0002

さっきのくさり編みを拾って1目長編み。

(17)
101203_1415~0001

最初の立ち上がり目のくさり3目めにひきぬいて、薄色が1段くるりと編み終わりました。

この要領で濃色に糸を変えて、次の段を編みます。

つづきます(*・ω・)ノ

chirrchirrchirr at 06:00│トラックバック(0)
№91のかぎ針で編むストライプマフラーの編み方です。
最初からご覧になる方は記事1へお戻りください。

(1)まず、4の倍数-1目の作り目をします。
№91のマフラー(使用糸:プリンセスアニー 幅10センチ)では、15目作り目をしました。
これで1周8ストライプの模様が編めます。
もっと細い糸で編むときは作り目19目→1周10ストライプのように計算し直してください。

(2)記事1の編み図を参照に、作り目の周囲にぐるっとこま編みを編みます。
101203_1401~0001

両端のくさりにこま編みを3目編みいれる状態で編んで、最初の目に引き抜くと、ちょうど目の数が1周で4の倍数になります。

マフラーの両端の糸と、本体のストライプの糸の色を変えるならば、ここで糸を一度切ります。
マフラーの両端の糸と、本体のストライプの片方の色を同じにするのならば、糸は切らずに次の段に渡らせて編んでください。

(3)便宜上、ここから1段目と数えます。
101203_1402~0001

引き抜いた目から1目とばした部分に、ストライプの濃いほうの色の糸をつけます。
そして立ち上がりに3目編みます。

(4)
101203_1403~0001

同じ目にさらに長編みを2目編みいれます。

(5)
101203_1403~0002

そして、くさり編みを1目編みます。

(6)
101203_1404~0001

3目とばした目に、同じように長編みを編みいれていきます。

(7)
101203_1406~0001

1周くるりと編んだところです。
もう平面には置けません。

(8)
101203_1407~0001

そして、最初の立ち上がりのくさり目の3目めに引き抜いて、1段目は終了です。
まだぜんぜんストライプには見えませんが、2段目に行きましょう。

つづきます(*・ω・)ノ


chirrchirrchirr at 05:30│トラックバック(0)
№91のかぎ針で編むストライプマフラーの編み方です。
また、№32のような袋ものにも応用できます。
でき上がりサンプルはこちら
101204_2220~0002


使用する糸は、並太以下のものがいいと思います。
№91ではパピーのプリンセスアニーを使用しましたが、マフラーで編むにはこれが限界だと思いました。
もう一段階細い糸を使ってもよかったかも知れません。
袋状に編んでいくので、かなり厚みが出てしまうためです。
101203_1534~0001


かぎ針は、比較的ゆるめに編めるものを推奨します。
たとえば、このプリンセスアニーの適正号数が5/0~7/0号なので、今回は7/0号を使っています。

ストライプなので2色の糸を用意します。
№91では2色を2玉ずつ+@使いました。(濃いほうの糸は2.3玉くらい余っていたので、模様として多く入れてあります)
説明のために№91では3色の糸を使っていますが、両端の糸は濃いほうのストライプにあわせるといいと思います。
もちろん3色つかっても全然かまいません。
ただし、両端の糸はほんのちょっとしか使いません。

では、まず編み図を掲載してみます。

編み始め
ストライプマフラー001


そのあと
*例によって、いろいろと省略しています*
ストライプマフラー002


あ、こま編みをくさり編みで書いちゃった(´・ω・`)
「これは本体に使われる編み地見本の編み図です」←これでいいか。
編み方はこの後の写真での説明を本格的にご参照ください。

編み方の解説は、記事(2)以降へつづく(*・ω・)ノ

《編み図のご利用について》
こちらの「このブログについて」をご一読ください。
ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2010年12月13日

メリヤスマフラーを編む気軽さで作れるブランケットのレシピその6です。
この記事に直接飛んでいらした方は、記事1に戻ってご覧ください。

(9) 縁飾りを編んでいきます。
duoalbum投稿画像0604062056512592

縁飾りは、こんなふうに色違いピコットを編み込むことにしました。
糸で作った編み込みビーズみたい。
可愛いでしょ♪

duoalbum投稿画像0604062056510387

縁編み5段目の立ち上がりのくさり目を編んだら、ピコットを編む色の糸を編みくるみながらこま編みを編んでいきます。
編み図どおりだと、まずは3目こま編みします・・・が、3目めのこま編みの引き抜きはしないでおきます。

duoalbum投稿画像0604062056515367

左手にかかっている糸をピコット用糸に持ち替えて、こま編みの引き抜きをします。

duoalbum投稿画像0604062056514492

ピコット用糸を使って、くさり編みを3目編みます。

duoalbum投稿画像0604091220448335

くさり編みが編めたら、また左手の糸を縁編み用の糸に持ち替えます。

duoalbum投稿画像0604091220455128

そして、くさり編みの根元のこま編みに引き抜き編みで編みつけます。

duoalbum投稿画像0604091220458405

次からはまた、ピコット用糸を編みくるみながらこま編みを始めます。
ここからはピコット間のこま編みが5目になります。

この調子でくるりと最後まで編めたら、糸端は目立たないよう編み地にくぐらせてしまってください。
duoalbum投稿画像0604091220450982


以上で編み方おわりです(*・ω・)ノ

そのうち、覚えていたら、この色違いピコットの編み方は、図入りで説明しますね。

chirrchirrchirr at 22:03│トラックバック(0)