道具

2013年01月04日

週に一度くらいの、yarnaholicさんで購入したGood grrl のマフラーの進捗状況です。
年末年始にもっと進む予定だったのですが、いろいろ誘惑も多くて…ゴニョゴニョ

DSC01955m


でも、やっと1カセ編み終えました!!!
なかなか時間がかかりましたよー。
横に見えてるのは新しいカセを巻いたものです。糸途切れてるでしょ?

DSC01934m


あーorz
やっぱりホワイトバランス難しい…
青に引っ張られたり、赤に引っ張られたり、紫が一番難しいわー(ノ`Д´)ノ

気を取り直して、予告していた通り、1カセ編んだところで何センチになったか測ってみました。

DSC01943m


85センチです!
思ったより編み進むことができました!
2カセ編んで170センチ。これだけあれば充分ぐるぐる巻きマフラーとして活躍できます!
GoodGrrlをお持ちの皆さま、イギリスゴム編みマフラーでも2カセでたっぷりマフラーができることが実証されましたよー。(ってあまりいないか^^;←最後に買いつくしちゃったし)

DSC01932m


ちなみにメジャーはずっと以前にレネットさんで残りポイント買いしたもの。
ポイントがハンパに残ると、ついレネットさんに行ってしまう意志薄弱者はワタクシです。



あと、悩むのは仕上げだよなあ。
2カセ編みきりで長さを出すとなると、フリンジをつけたりする余裕はないであろう。
編みっぱなしで終わるか(わたしがラク)、前みたいに既製品のタッセルをつけるか、何かモチーフでもつけるか…悩むよね。
まだまだ半分しか編めていないのに何を言うって感じでございますが^^;

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年12月18日

今回は、テキトー針レポート記事です。今までのレポートはこちら

クロバーさんのミニ輪針を使ってみました。

この輪針、たぶん使ったことのある方が多数派な気がしますが、わたしは5本針で編むほうが気楽で、ミニ輪針は未体験。
ただ、12月15日期限のポイントが残っていたので、一度試してみるにはちょうどいいかなーと買ってみました。

DSC01884s




以前、記事にも書いていたように趣芸さんの切り替え輪針セット(ショート)をすでに持っております。
最初はその一番短いコードがミニ輪針かわりになるのではないのかと期待していたのですね。
しかし、このショート針であっても、短すぎる輪針は使いづらい。(一度試した)
針を動かせる範囲がとてもせまいんです。
手袋の手首くらいだったら、絶対に4本針or5本針のほうが使い勝手が良かったのです。
セーターの首回りくらいまで長さがあれば、このショート針でも使いやすいと思うのですが、手首だとちょっと動きがキツイ。



だからこそ、このミニ輪針、試してみたかった。
いったいどのくらい使い勝手が良くなるのか?

というわけで似たような長さを比べてみました!
13センチのコードをつないで、針が5センチずつなのでちょうど23センチです。

DSC01895s


おお!
こうして並べてみただけでも違いがけっこうわかる!
輪針のコード、可動部分の長さが断然違うんですよ。

DSC01898s


しかも、両側の針が内側にちょっと曲がっている。
コレでかなり編む動作がしやすいのです。
力を入れて無理やりくいっとしなくとも、ちょうどよいポジションに針が来てくれます。

さすがだなあ、クロバーさん。

それでもわたしには、やはり4or5本針のほうが動きやすいですが、針と針の間の目がゆるんでしまう方には、このミニ輪針はオススメかもしれませんね。


たぶんどちらかというと5本針を多用しそうな予感もしますが、輪針には輪針の良さがあります。
それはモバイルしやすいということ。
これなら編みかけでも、外出先に持って行って編めそう!
余りポイントの使い道としては、かなりヒットだったなーと思っています。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年12月13日

おはようございます。
朝が暗くてうまく写真撮れないです(´;ω;`)

なので前回のマフラーと一緒に写真撮っておいた、今回買ってしまった道具のことでも。



趣芸さんとこで扱っている段数マーカーですね。
右側に出てるクロバーさんの段数マーカーは比較画像です。

もともとは色の種類がもっと欲しくて手を出したんですけれど、ソックヤーンを編んでると、この細いタイプのマーカーがとても使いやすいことに気付きました。
中細糸には、クロバーさんのだとちょっと使ったときに編み地に穴が開くのではないかと気になることがあるのよね。
趣芸さんとこの細いマーカーだと、糸にヘンな癖もつけずにマーキングできて安心感があります。

ただ、この細いマーカー、太いのとセットでしか売っていないのよね。

細いほうだけでいいのに。
細いのだけで袋詰めして販売してほしいなと思ってるのは、わたしだけでしょうか?


もちろん青黄色セットだけではなく、白黒セットのほうも買って、写真の小ビンの中に放りこんであります。
ビンは桃のコンフィチュールのビンを綺麗に洗ったもの♪
カラフルで超カワイイ><


などとリアルタイムに記事を打って、仕事行ってきます(`・ω・´)ゞ


ぎゃー、桃のコンフィチュール、違った!
金市商店の苺ジャムでした。
もう出ないと遅れる―><
国産いちご蜂蜜ジャム230g 老舗はちみつ専門店金市商店
国産いちご蜂蜜ジャム230g 老舗はちみつ専門店金市商店


ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 06:40│トラックバック(0)

2012年12月07日

細々とではありますが編んでるので、週末には編み記事に戻れると思われますorz
とりあえずまずご報告。
係の方達には、無事手袋渡せました。喜んでもらったよ~♪

DSC01745m


今回の衝動買いは、糸巻カードでございます。
アンティーク手芸レネットさんのサジューのシリーズ。
ずっと気になってたのです。
こうやって編みだし糸を巻いて収納したかった。
カゴに入れておくと、可愛いですよね><

あ、一応カゴも手編みです。

DSC01746m


カード型のと円盤型を買ったけれど、円盤型のに比べてカード型はちょっと素材が薄めかな。
編みだし糸を巻いておくという目的では、円盤型のほうがしっかりして巻きやすいです。
あとなぜか、円盤型のには上側にポツンと穴が開いてて、紐を通せばぶら下げたりして飾れそう。
あ、ひっかけて収納とかもできるってことか?

レネットさんは可愛いものが多くて油断できません。


》とっぽ様
お道具の使い方は人それぞれ♪
好きなように使うのが一番でしょう^^
わたしもともと編みだし糸は巻いて収納しておきたい人で、今まではテキトーなボール紙に巻いたり(でも見栄え悪い)、二枚目の写真のカゴの中にチラッと写ってるワインのコルクに巻いたり(小さくて巻きにくいし転がる)しておりました。
糸巻カードをわざわざ買うのは…と思っていたのですが、こうやって収納しておくとかわいくてテンション上がるので、買ってよかったと思っています。
どちらにせよ、編みだし糸はしまうときは縛らずに巻いてしまっておいた方が、次回使う時に使いやすいです。



ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年10月14日

今回は、テキトー針レポート記事です。今までのレポートはこちら

今回、ソックヤーンを編める太さの輪針を持っていなかったので、つい趣芸さんのSwitchショートセットを購入してしまいました。
(高熱の中ポチったので、そういう理性的な理由づけは無かった気もしますが)



意外にこれ、いいお買い物でした。
輪針セットでこの号数をカバーしているのって、これだけじゃないですか?
あと、ショートセットというのも◎。
小物を編むときに重宝しそう。
サイズもUSサイズしかないのですが、別売りで1.5号、2.5号などの中間サイズも買い足すことができ、日本の号数表示に近いサイズで編むことができるのもいいです。

DSC01466s


いろいろ悩んだけれど、ピンクです。
なぜピンクかというと、今まで購入した針セットのケースがほぼピンク基調なため、なんとなく揃えてみた^^

針の太さによってケーブルのジョイントの大きさが違います。
1,2,3号針には極細ジョイントのケーブル、4,5,6号には2番目に細いジョイントのケーブル・・・のように。
でも、ケース自体、針ポケットも上下2段、左側の説明書に隠れてしまっていますがケーブルポケットも前後2つに分けられていて、サイズごとに収納でき、使うときにわかりやすくなっています。
前述の中間サイズを購入したときに収納できるように、針ポケットに余裕があるのもしんせつ。

ケースは布製です。
とても丁寧な仕上げ。
使いやすくて癒されますね。
お茶とかこぼさないように気をつけます。

今回はわけもわからずセットで購入しましたが、ケースや針先・コード・ジョイントすべてバラで手に入れられるので、自分の望むサイズのみでセットを組むこともできそうです。
わたしも実際小さい輪を編むことの少ない4,5,6号はたぶん「匠」コンボのほうを手に取ることが多いですし、1.5号などの中間サイズはあとから買い足しました。
セットで買ってもバラで揃えても、そんなにお値段が変わらない気もするので、これから購入を予定されている方は(特にご自宅に別の輪針セットをお持ちの方は)必要なサイズのみを厳選して組み合わせるのもアリですよ。



さて、自宅にある輪針セットを比較してみます。
これから購入する方のなにかの参考になるかもしれん。ならないかもだけど。

DSC01624m


針の長さ。

右から、ニットプロ、クロバー「匠」コンボ、Switchショートセット、左端が切りかえでは無いふつうの「匠」です。

ニットプロ 付け替え式輪針 スターターセット
ニットプロ 付け替え式輪針 スターターセット
ついうっかり・・・(≡ω≡.)
このセットのケースはオマケっぽいです。


【CLOVERクロバー】 匠 輪針セット 《コンボ》
【CLOVERクロバー】 匠 輪針セット 《コンボ》
これはいいセット。
不具合時の対応もヨシ!!


※さすがにCarryCは買っておりません。


長さ的にはダントツに短いSwitchはとてもホールドしにくいです。
割とすぐ慣れますけど、手のひらの新たな場所に編みダコができそう。
あと、慣れても疲れます。
ただし、編み地の輪のサイズが小さいものを編むには、このくらい小回りが利くほうがベター。

「匠」コンボは純正「匠」とあまり変わらない長さ。ジョイントをつけるとほぼ同じではないかと思われます。

ニットプロはちょっと長め。
というか、輪針としては長すぎという印象です。
ホールドしやすさを考えたら、輪針ではなくて棒針を使えばイイし、輪針はある程度小回りが利くサイズで無いと汎用性が低い気がしました。
「匠」コンボに3号が無いので、補完として手に入れては見たものの、正直、ちょっとやっちまったなーと思ってます。

たとえば40cmサイズの輪針をつくろうとケーブルをつなげるとします。
針の長さが長ければ長いほど、可動域であるケーブルの長さは短くなる。
だから、針が短いほうが、動きがスムーズなんです。
ただし、ニット帽以上の輪のものを編もうとすると、Switchショートセットの長さでは、指が疲れるのが早いです。
そんなかんじ。
 ※ニットプロのセットでは、ケーブルの長さは60cmからでした。40cmではキツイんだろうな。
 ※「匠」とニットプロでは、針先装着時の長さでケーブルを呼び分けていますが、Switchではケーブルの長さのみで呼び分けているようです。たとえば、Switchではケーブルの長さ30cm+針5cm×2で40cmが作れます。



針先は、同じ竹製の「匠」もSwitchもあまり違いを感じられません。
ふつうの竹針の滑りやすさを感じました。編み慣れていて安心の手触りです。
ニットプロは先端の細さと独特な粘り気が特徴です。
きちっきちっと編むのに向いている気がします。

あと、ケーブルね。
ケーブルはどの輪針セットも、ケーブル自体の出来の癖があるみたいで、ジョイントの金属部分で糸が引っ掛かりやすいのがあったり、編んでいるうちにゆるみやすいのがあったり、いろいろです。
使ってみて、引っ掛かりやすかったら編み方向を変えてみるとか、緩みやすいのに当たったら気をつけて毎段締めるとか、工夫して付き合っていくしかないかなと思う。
まだ「不良品」と思えるほどのケーブルには出会ってないので、わたしはこれで充分です。



あと、ニットプロとSwitchの号数表示の印刷は、あっというまに摩擦で消えます。
どうしよう^^;
使うたびに同じポケットに戻す癖をつけるとかしか対処法を思いつかないよ。
クロバーの印字技術はすごいよと感心しました。




それから。
もうこれはネタか?!と自分でも思いましたが、今回もこんな針先に出会ってしまいましたorz

DSC01572s


ジョイントの部分が抜ける不良品でございます^^;

今回は前回の「匠」の時みたいに完全にすっぽ抜けたりはしませんでしたが、これだけ段差ができると、糸が引っ掛かって編めません。
さっそく趣芸さんに問い合わせてみると、交換してくださるとのこと。

(趣芸さんへの問い合わせのレスポンスには、比較的時間がかかるようです。
気長に待ってさし上げて下さい。
1回目の問い合わせの時はわたしつい不安で再問い合わせしちゃったよ///
その節はご迷惑おかけしました(*・ω・)*_ _))ペコ)

ちなみに↑に「1回目の問い合わせ」とありますが、じつは2回目もありまして。
あとで買い足した1.5号サイズの針先も、同じように抜けが起きてしまったのです。
どんだけ針先運が無いんだ!わたし!!Σ( ̄◇ ̄;)

そちらもほぼ同時に不良が発覚したので、不良品の送りかえしは2本同時に行えました。


というわけで、輪針セットを購入する皆様にひとつだけアドバイス。
工業製品だから、運が悪ければ不良品に当たってしまうことは避けられません。
だから、買ったらまず、次の2点だけはすべての針において確認しておいた方がイイと思います。

1)ケーブルのジョイントにきっちり嵌まるか。
2)ジョイントと針先のあいだに緩みは無いか?

1とか面倒だけれど、とりあえず一番使う長さのケーブルとすべての針、そして一番使うサイズの針とすべてのケーブルくらいは試しておくといいと思われます。
2は、わたしがこれで発見できたのですが、見た目は大丈夫でも、糸の摩擦でかかる程度の弱い力でジョイントと針先を引っ張ってみると、緩んでるのは簡単に外れます。(破壊するほどの力で引っ張ったらダメです)

買ってすぐだと、交換してねってメールも出しやすいじゃないですか?
なので、ぜひ、製品チェックは早めにしてみたほうがラクですよーということでございました。


いろいろ伝えたくて、わかりにくい文章になってしまった。
これから購入を考える方のお助けになれれば幸い。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ




chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年03月05日

今回は、テキトー針レポート記事です。カテゴリは糸レポートに入ってるけど^^;今までの糸レポートはこちら

昨年末に自分へのクリスマスプレゼントとして購入した「匠」コンボですが、購入して2カ月、パーツとして使い始めて半月くらいで、5号針が片方壊れてしまうという事件がありました。

クロバーさんに連絡したら、即座に「交換いたします」とのご連絡。

そして、郵送先を連絡したら、数日後に交換用の針が届きました!

DSC01102s


なるほどー、こうやって破損したパーツごとに取り寄せられるんですね!
などと、感心してる場合じゃありません。
だって・・・

DSC01104s
?!


壊れた5号針意外に、全部の針先が届いたんですから。
セット自体の出来が良くないといけないので、クロバーさんのほうで強度確認した針先に全部交換してくださったというわけなのです。
実際壊れたのは5号針の片方だけなのですが、念のため全部入れ替えしました。
(平日に届いたんですが、作業は日曜日に)
もちろん壊れてない部分の従来の針が手元に2組ずつになるわけではなく、返信用封筒でご返却下さいとのこと。
クロバーさんのほうでも調査したいのでしょうねー。

DSC01106s


それから「お詫びにお使いください」とこのようなものまで入ってましたよ!

DSC01105s


ワタクシお気に入りのロック式段数マーカーです。
ここだけの話、3セットくらい持ってます。
段数マーカーにも、目数リングがわりにも、刺繍やアップリケのマーキングや仮止めにも何でも使える優れモノ。
これはいいものを。
かえって申し訳なかったです(*・ω・)*_ _))ペコ

もう何色か、ラインナップを増やしてくれるともっと嬉しいんだけどなぁ^^
(もちろんちいさなてしごとシリーズの茶色も持ってる)


というわけで、次の袖から輪針復活ですよ。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年02月29日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

クロバーさんから昨日のアレ↓のお返事が即座に返ってきました。もう速攻。



交換してくださるそうです。
ほっとした―。


今回の件で考えさせられたのは二つ。

1、セットものを買うときは、不良品部分をずいぶんあとから発見することも覚悟しなきゃならないということ。
今回はたまたま買ってほどなく不良部品の5号針を使う機会があったから見つけられたんだけど、もしわたしが太番手の糸が好きで、小さい号数の針を使う機会が数年後だったら。
いったいどのくらいのスパンで、交換に応じてもらえるんだろう。
ちょっと怖いな~と思いました。
でも、部品がひとつ壊れてもいろいろ交換して工夫して編むのをやめずに済んだのは、セットだったからなのですよね。

2、大手メーカーさんはさすが対応がイイ.。゚+.(・∀・)゚+.゚ということ。
回答も素早いし、破損や紛失にも対応してもらえるというちょっとした安心感。
もちろん自分のせいで無くしたりしたら、部品代はお支払いするつもりですが^^;
個別に取り寄せができる、というのはセットでのお買いものだからこそ必要なオプションですよね。

とにかく、クロバーさんに感謝です。


DSC01067s

ついでのように途中経過を貼っておきます。



続きの記事へ
匠コンボのその後レポへ


着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



》gobuzakiさま
シンフォニーウッドを4本も。。。。・゜・(ノД`)・゜・。
わたしは今まで、安物の細番手の針を歪ませちゃったり、うっかりスチームにあてて滑りを悪くしちゃったりしたことはありましたが、幸い今のところまだ折ったことはありません。
今回も折れたのではなく、接着部分が外れただけですし^^;
自分のテンパった時のハイテンションぶりを自覚しているので、なるべくお道具は丁寧に扱おうと心がけています。一応><


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年02月28日

ロベルタリドで、michiyoさんの「着こなし」からNのカーデを編んでいます。

一回解いた片袖を、もう一度ここまで編み直しました。
微妙ではありますが、自分的に許容範囲内まで編み地も綺麗になりました。

DSC01060s


で、気付かれました?
輪針の片方が針になってないこと。

DSC01061s


ストッパーをつけております。
しかも、なぜかもう片方は棒針です^^;

棒針だと編み地のウェイトのかかり方で片手が重いし、編み地が伸びないので意地でも輪針を使うワタクシ。

なぜこんなことになっているかと申しますと、使い始めたばかりの5号針の片方が…

DSC01070s


いきなり壊れちゃったんですね~・゚・(ノД`;)・゚・

DSC01072s


ものの見事に綺麗に外れております。
左前身ごろに続いて、片袖のメリヤス編みが安定しにくかったのは、ここがゆるんでたせいもあったのでしょう。
などと自分の腕前を棚に上げて言ってみるテスト(≡ω≡.)

匠「コンボ」はバラ売りもしていないし、どうしようかと思いました。
(どうしようかと思いつつ、片方を棒針に替えて編み続けてはおりますが)
よく見ると、輪針セットの中に「破損や紛失等のため個々のパーツを取り寄せたい人はこちらまでご連絡を」という紙が入っています。
ということは、クロバーさんに連絡すれば、なんとかなるかもしれません。

昼間は仕事で電話とかなかなかできないので、クロバーさんのサイトのメールフォームから連絡を取っているところです。
「こんなに簡単に壊れるものなんですか」なんて、あんまりびっくりして、ちょっと恨みがましい文章になっちゃったよ。
だって買ったばっかりなんだもん(´・ω・`)

続きの記事へ
匠コンボのその後レポへ


【CLOVERクロバー】 匠 輪針セット 《コンボ》
【CLOVERクロバー】 匠 輪針セット 《コンボ》

着こなし上手のニットのふだん着
着こなし上手のニットのふだん着
クチコミを見る

草の根notice
初版のこの本のNのカーディガンの編み図には、間違いがあるそうです。
これから編まれる方は、この記事あたりをご一読いただいた方がいいような気がします。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



》gobuzakiさま
どんな商品にも不良品はありえると思ってはいましたが、今までの人生、セットじゃない「匠」をけっこうハードユーズしてきて壊れたことなかったので、今回のは本当にびっくりしました。
まさかここが抜けるとは!
面白すぎて笑ってしまった.。゚+.(・∀・)゚+.゚


chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2012年02月07日

今回は、テキトー糸レポート記事とみせかけたアイロンレポートです。今までの糸レポートはこちら

アイロンについての話題をツイッターでいただきまして、お答えしようとしてはたと考えた。
わたし、短く文章を書くのが苦手で、ツイッターでもあっという間に文字数制限に引っ掛かってしまうのですよね。
(gdgdといらんことを書きながら何を書きたいのか探ってる部分もある)
なのでいっそ、こちらで記事にすることにしました。
画像とかリンクとかも貼りやすいし。

さて、わたしが使っているアイロンは、東芝のLacooです。



うん、この画像はちょっとまちがい.。゚+.(・∀・)゚+.゚
実際購入したのは、移転前の旧「ふわっと。」を立ち上げたのと同時くらい。
つまり6年半前くらいです。
なのでモデルとしてはここらへんが一番近い。(こっちのリンクも東芝のサイトへ飛びます)
当時は新製品扱いだった気がします。

でも、基本コンセプトはあんまり変わってないみたいね。

コードレスアイロンとしては、かなり高価です。
しかし、編みものブログを立ち上げようとしたときで、かなり気合を入れて購入しました!
購入時、選択のポイントは次の通り。

1 コードレスであること

当時、実家で使っていたアイロンがコードありアイロンで、不注意なわたしはちょくちょくコードを引っ掛けて足に三角やけどを作っていました。
ただの三角やけどならまだいいんです。
三角の中にぽつぽつとスチーム孔が水玉みたいに抜けたみっともないやけどになるんです。
なので、買うなら絶対コードレス!と決めていました。
コードありのほうがパワフルなので、パワーで選ぼうとするとまた変わってくるんだろうと思うんですが、身の安全のためにコードレスが第一条件でした。

また、アイロン置き(コードレスはこれが充電台になってる)があって熱い面に肌が触れにくいということも決め手でした。

今もし買い替えるとしたら、コレもちょっと気になる。
ティファールの、コードが取れるやつ。


2 スチームがたっぷり

ニットの仕上げもしたいと思って購入したアイロンです。
スチームがしっかり出るものを選びました。
例えば、コップ一杯分の水を入れてニット地にスチームを当て始めると、あっという間に水が無くなる。
そのくらいのパワーがあります。
わたしが購入した当時よりも、現行品のほうがよりパワーが増してるんじゃないかな。

それも考えると、さっき貼ったティファールもけっこう魅力的。
(コードを外した場合どうなのかというのはわからないけど)

あと、パナソニックのコレとかもスチームは強そうですがどうなんだろう?

↑うーん、微妙かも・・・

スーパースチーマーアイロンというのもスチームはすごいらしい。

↑ただ、注水するのが面倒そう。あとコードありなのがなぁ。

3 適度な重さがある

7年前当時、ニットに使いたいだけでなく、普段着るものとして綿シャツがとても好きだったのでピシっと仕上がるアイロンが欲しかったのですよね。
あとね、わたし非力なので。
これはネタでも何でもなく、手袋の試着してる控えめな大きさの手を見ていただくとわかると思うんですが、腕の力も握力も人一倍無いので、アイロンの重さにすがることにしました。
お店でいろいろ持ち比べて、軽すぎるのは却下!てかんじで選びました。

たしかに綿シャツなどはピシっと仕上がってきれいです。
ただひとつ盲点だったのは、ニットにスチームを当てるためにずっと浮かせて持っていると、ウデがとても痛くなるということです。
それでももし、今アイロンが壊れて買い替えるってなっても、わたしは重量があるものを選ぶと思う。

さてそれから、7年使ってみて気付いたことはこんなかんじです。

4 アイロン面の材質がイイのはイイ!!

当時も聞いたことなかった、そして今もめったに聞くことは無い「BORONコート」という仕上げで、アイロンかけ面が硬く、劣化しにくいです。
スプレーのりを使ってもこびりついたりせず、7年たってもストレスなくかけられるのは気にいってます。
というか、もうそんなに使ってんのかよ!っておどろいてます。

5 オートオフ機能はマスト!!

ええ、不注意ものなので。
自分が注意しきれないものは、家電に注意してもらうんです。

6 尖りすぎてるとひっかけるorz

アイロンとしては、先端がとがってるのは売りなんですよ。
実際綿シャツにアイロンがけするときには、細かいところまでピシ!って決まるし。
しかし、ニットものや刺繍ものにかけるときにはちょっぴり邪魔です。
ぜひ店頭で、重さと同時に、形状を見ながら厳選して購入したいところです。

7 使い勝手のこと

注水のしやすさとか、収納のしやすさなど、頻繁に使うであろうものなので絶対チェックです。
わたしは自分が不注意なので、使い終わったら即カバーをかけて脇によけてしまえるというのは大きいポイント。
実際このアイロンを買ってからというもの、やけどしたことは無いです。

8 7年使ってきて劣化を感じたこと

意外に、充電池はまだ困っていません。
故障もなし。
それよりも、水分中のカルキ成分がスチーム孔に少々たまって、ときどき吹き出てくるのが気になる。
なんとかならないのかなこれ?

ああ、ティファールのにはカルキ防止機能がついてるんだ!
これは魅力かも。


というわけで長々と書いてきましたが、もし今ウチのアイロンが壊れて買い替えなくてはならなくなったら、おそらく現行Lacooの最高機種か、ティファールのコードが外れるやつかの一騎打ちになると思います。
上記の設定でこの記事を書くためにいろいろ調べながら、どっちがいいか激しく悩みました。(妄想で)
今のところ、7年前のが元気なので買い替えはしませんが^^;


ひとつだけ言えるのは、ニットに使うならアイロンはけちらないほうがイイ!!ということですね。
ふつうの人よりも使う頻度がかなり高いですから、安物を買わないほうが絶対いいです。

あと、ものすごく頻繁に注水することになるし、ニット地に引っ掛かりにくいかとか、好みの重さとか、現物を見て考えたほうがいいことは多いです。
というわけで、あくまでも個人的観点からによるテキトーアイロンレポでした。

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)

2011年12月24日

今回は、テキトー糸レポート記事番外編編み針レポです。今までの糸レポートはこちら

どこもかしこもクリスマスなので、わたしもわたしにクリスマスプレゼントを買ってみました。
ずっと以前から迷いに迷っていた輪針セットです。
結局これにしてみた。

DSC00696s




迷っていたのは他に、この二種類です。



購入前に集めた情報はこんなカンジ。

【匠】コンボ
  • 針12組・コード5サイズ
    4,5,6,7,8,9,10,11,12,15号,8mm,10mm/40,60,80,100,120cm
    ケースがしっかりしてそう ↑
    針サイズの表記が日本サイズ ↑
    針先の使い心地は、今まで使っていたのと同じなので信頼できそう ↑


【キャリーC】
  • 針11組・コード3サイズ
    3.5,3.75,4.0,4.5,5.0,5.5,6.0,6.5,7.0,8.0,9.0(mm)/40,60,80cm
    ケースがコンパクト ↑
    針サイズ表記はmm表記 ↓
    針先の使い心地は未知数、コードがくるくる回ってゆるみにくいらしい ↑
    アイテムを個別購入できる ↑
    セット自体の出来はエティモのこともあってわりと期待


【ニットプロ】
  • 針8組・コード4サイズ
    3,4,5,6,7,8,10,11号/60,80,100,120mm
    針サイズ表記が日本サイズ ↑
    その表記は使ってるうちに消えやすいらしい ↓
    ケースはしょぼいらしい ↓
    針先の使い心地が個性的(とんがってる) ↑↓
    コードがゆるみやすいらしい ↓
    アイテムを個別購入できる ↑


どのセットも良いところがあってかなり悩みました。
そして、今まで使ってきた信頼感と、ひとつだけ特に短所が見つからないという理由で『匠』に決定~。
夏から秋にかけて、糸を買いに買って貯めたポイントを全部一気に使って、お店の値引きも利用して購入したので、思ったよりも高い買い物したような気がしていません^^

DSC00697s


ケースはピンクでかわいい~。
つやつやしてるので傷つけまくりそうですが、まあいいや。
すでにこれで先日帽子をいくつか編んでおります。

DSC00701s


中身はシンプルで、整理しやすそうです。
同時にいくつか取り出したときに、戻す場所忘れそうだけど^^

DSC00703s


40cmコードと9号針先。
コードはいわゆる普通の「匠」と比べて、若干細いです。
でもって、ホントに付け根の部分がくるくる回ります。

おおっ、これはホントにねじねじ部分がゆるまないかも!
と思って超期待して使っていましたが、そう甘くはありませんでした。
やっぱり、緩んできます。
「あれ?糸が引っ掛かる?」と思ったら、たいていねじが緩んできたサインです。
(緩まない限り、糸は引っ掛からないので)
なぜか右側だけ緩みがちだったのですが、わたしの編み癖にもなにか原因があるのかもしれません。
そんなに気になるほど頻繁に緩んでこないし、まあしょうがないか。

針先はいつもの「匠」で、引っ掛かることなしにノーストレス。

いちばん気になったのは普通の「匠」よりも針長が短くて、ちょっと持ちにくさを感じた点かなー。
しばらく編んでいるうちに慣れてきましたが、40cmコードに対応させるためには、この短さで仕方ないのかな。
逆にモバイル用としては、コンパクトになって持ち運びしやすそうです。

DSC00709s


あとこれはどう使うのだろう?
棒針キャップでいいような気もしたりしなかったり。(どっちだ?)

全体的に、期待通りの優等生ってかんじのセットでした。
他のセットを手に取ったことが無いので、比べようもないのですが、「やっぱり緩むのか~」「短くて持ちにくっ」と第一印象で感じた以上には、他の不満は出てこないような気もします。
針サイズの表記も、木にしっかり刻印されていて簡単には消えそうにないし、品質的にもコードが入りにくいような欠陥はなかったです。
耐久性の問題は、もっと使い倒してみないとわからない。

あと、これは無いことをわかってて買ったのですが、3号の針先が欲しかったかな。
ばらで買い足せるようにしてほしいです。

キャリーCは針の号数表記の件で落したんですが、針サイズも他のものに比べて微妙かなって思う。
ニットプロは、針先の個性があるので、機会があったら細いモノだけでも手に入れたいような気もします。
もともとケースに期待できそうにないので、バラ買いで充分かなと。

その前に今回の「匠」を使いこなしなさいってお話ですよね~^^;

以上、「匠」コンボの辛口めなレポートでした!

ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
人気ブログランキングへ



chirrchirrchirr at 05:00│トラックバック(0)