全く予定になく、まさかこんな一日になるとは想像もしていなかった。


場所は兵庫県淡路島の佐野運動公園

IMG00437(1)


IMG00423(1)


少年団サッカーの大会に来ました。

写真の両チームにアカデミー神戸校の選手達がいます。

アカデミーの練習でしか知らない選手達のいろんな表情を見て、知って、良かった。

IMG00425(1)


IMG00426(1)


そして、

もっと応援したくなった!

それに尽きる

IMG00432(1)


IMG00434(1)


あと、コーヒー☕は格別の味でした。

本当に美味しいかった。

コーヒー☕をいれてもらったのは何年ぶりだろう?

IMG00439(1)


これも、

気持ちが最高に嬉しかった。

ありがとうございました❗












IMG00435(1)


25番の選手、ボールの持ち方が一人違っていた。



今日来ていた別のアカデミー神戸校の選手達は何を感じたのかなあ?



何かに気づき、意識してくれると嬉しい、



本来は気づかせないといけないのですが、



また、アカデミーでこつこつトレーニングを続けて行きましょう❗

利き足で持って、ボールを取られない、

ファーストタッチでボールを自分のものにする、

そして、ボールタッチをする前に、すでにボールは自分のものにしている感覚がある。

軽々しく利き足のポイント、とは言えませんが、

これも一つの利き足のポイントなのかと思った。

IMG00398(1)


IMG00399(1)


IMG00401(1)


IMG00403(1)


IMG00404(1)


IMG00405(1)


IMG00406(1)


IMG00406(1)


IMG00407(1)


IMG00400(1)


IMG00408(1)


IMG00409(1)


IMG00410(1)


IMG00412(1)


全て利き足でボールタッチ、コントロールし、

胸トラップはボールを利き足の前に落として置き、

いつも利き足はボールへ向いている。

タッチは次へのボールの置く場所へ、

そのタッチは全て利き足側へ、

身体のコントロールもボールとの一体感が感じ見てとれる。












改めて感じたこと、

改めて思い知らされたこと、

改めて納得したこと、











は、









利き足のポイント、と表現されるその技術は










そう簡単には身につけるはずがない!










写真のブラジル人選手が全て利き足でボールを触ると、











利き足だけででボールを触る、は






全く違う、










やはり、強豪国の試合は観るべきである!











いや!試合ではなく、プレーを観るべきだ!










コマ送り機能、フル活用をしよう!












↑このページのトップヘ