2004年10月24日

お引越し

お引越しすることにしました。
新しいURLは↓

http://bukuro.dyndns.tv/chisako/

です。これからもよろしくお願いします。  
Posted by chisako0516 at 23:56Comments(0)TrackBack(0)日常

2004年10月22日

食学塾にいってきました。

10月19日に銀座で行われた「第一回銀座食学塾」という
お勉強会に参加してきましました。

司会者にやまけんさんこと、グットテーブルズ(株)の
山本謙治さん、ゲストに、銀座吉野屋の吉田さん、今回のサポーター
でもあるアグリクリエイトの斉藤さん、農林水産省の勝野さん、
フランス大使館の北上さんをむかえ、当初の予定とは違い
80人という人が参加する会になりました。

一部と二部で構成されていて、一部ではゲストのみなさんと
司会であるやまけんさんの話でした。

○銀座松屋の吉田さんの話。
 吉田さんは食品をあつかってまだ2年ちょっとだそうです。
 百貨店の食品はやはり他よりも高くなってしまいがちです、
 それでもお客さんが食品を買ってくれるのは、百貨店側が
 食品にその値段に見合った「何か」をつけていのからなのです。
 何かとは安全性であったり信用であったりと目には見えないものでも
 あります。ただ高いだけではお客さんは買ってはくれませんが
 たしかなものが少し高いのであれば、買ってくれるお客さんはいます。
 お客さんの期待に答えるために吉田さんたちは仕入先に通い
 品物のことや生産のお勉強をして、お客さんに確かなものを提供
 できる体制を整えているそうです。

食品に関して売り手側がここまでしているとは
正直おもってもいませんでした。
たしかに今、消費者は安全なものをとても求めています。
ただ百貨店だけでなく普通のスーパーなどででも
そういった体制をとっていただけると、消費者は嬉しいです。

○アグリクリエイトの斉藤さんの話。
 斉藤さんは有機栽培あゆみの会という約160名からなる会に所属し
 千葉や茨城をメインに活動をしているそうです。
 斉藤さんは農家の現状や、消費者のもとめる野菜の形を
 話してくれました。虫が食っていない綺麗な白菜や、
 曲がっていないきゅうり、裏側まで柄のついたかぼちゃを
 消費者は求めるので、生産者側もそれにあわせて
 農薬を使って虫をつかなくしたり、成長途中のきゅうりを
 縛ってまっすぐにさせたり、がぼちゃの日にあたらない部分は
 ひっくり返して日光にあてたりしてます。
 そこまで手を加えないと野菜が売れないのです、と。
 
なぜきゅうりが曲がっててはいけないのか、
以前、美味しんぼというマンガでも取り上げられていた内容です。
消費者は安全性を求めながらも、見た目の良いものも求めます。
どちらかというと味や安全は二の次になってしまっています。
また遺伝子組み換え食品の話もきけました。
食品の遺伝子を組み換え、虫が食べると死ぬ野菜を作った、
虫は食べたら死ぬので野菜の被害はとても少なくてすむが
ヒトがその野菜を食べて、安全と言えるのか。
斉藤さんは遺伝子を組み替えた食品は食品と呼べるのか!?と
言っていましたが、私は呼べないと思います。
消費者は、野菜の本当の姿を知るべきだと思いました。

○農林水産省の勝野さんの話。 
 勝野さんは主に食育について話してくれました。
 今子供達が食べているものは本物なのか?
 市販の味にならされてしまって本物の味を知らない子供たちが
 今とても増えていると勝野さんは語ります。
 そして日本の食料自給率についても
 勝野さんは昔ながらのものを食べればいいと話ていました。
 たとえば大豆は煮豆に使うものは日本は80%も自給できているのに
 油用はゼロ。全部輸入ものなのです。
 それから、「めんどくさがり」が増えているそうです。
 「めんどくさい」から家でごはんを作らい、とか、
 親が家をあけるときはごはんを作っていくのがめんどくさいから
 子供にお金をわたし、これで夕飯すませて、など
 めんどくさがってはいけない部分をめんどくさがっているようです。
 もちろん「めんどくさい」ということだけが全てではないでしょう、
 しかし、そのめんどくさいということが、子供の将来を
 簡単にかえてしますのです。
 
私の家も両親が忙しかったりと一緒に暮らしていないことが多く
一月分のお金(食費のみ)をもらい、日々生活しています。
子供に金銭感覚をおぼえさせるには、とてもいい方法だと思いますが
一人で食べるごはんは、とても味気ないものです、
家族でごはんを食べることに、時々憧れたりもします、
自分の分だけを作って、一人で食べていると孤独を感じてしまうときも
しばしばあるのです。少し話がずれましたが
私は食育は、家庭でやるべきことだと思っています、
しかし、それができないので、各省が政策をたてているのです。
子供の心配をするより、先に親の心配をするほうがよいのでは?と
思いました。食育の勉強が必要なのは、子供ではなく
親の責任を果たせていない親ではないでしょうか?

○フランス大使館の北上さんの話。
 今回の食学塾のなかで一番「食」に遠い存在というのが
 この北上さんだと思います。
 北上さんは小さいころからフランスで育ち、食に厳しい両親の
 おかげで舌と体が敏感になり、
 添加物の多量に使われたものを食べると具合が悪くなるそうです。
 前の3人が国内の食を語ったのに大使、北上さんは
 自分の育ったフランスの農業事情を語ってくれました。
 フランスは農業大国と言われていますが
 北上さん曰く、農業大国と呼ばれているのは国の補助金のおかげであり
 そうでなければ成り立っていなかったそうです。。
 それに、昔はフランスでは泥のついた野菜や
 少しくらいなら虫に食われた野菜も出回っていたのに
 今では綺麗な野菜が多く、農業大国と呼ばれたフランスでさえ
 今は日本と変わらず、綺麗な形のいい野菜を求めているそうです。
 
どこもあまりかわらないんだ、と正直がっかりしました。
綺麗な見た目のいい野菜をもとめるのは
日本人くらいかと思っていましたが、そうではありませんでした。
どうして、こうなってしまったのでしょうか。
外側だけをみて、内側を考えない。
内側を大事に考えていくことが、私達消費者の今後の課題だと思います。

あっという間の1時間45分がおわり、
会場を移して、二部のはじましり。

みんなで料理を囲み乾杯をしました。
来ていた人のなかには、美味しんぼの中にでてくる
トマトの永田先生がいました、美味しんぼを読んだ時点では
まさか永田先生に会えるとは思ってもいませんでしたが、
会えてしました。。
お話しなかったので、次の会でお会いできたら是非話しかけてみたいと
思います。

さて、この食学塾は2ヶ月に一度くらいのペースでやっていくとのこと。
次回のテーマは「米」だそうで、今回ちょっとだけ話にでた
「消えたあきたこまち」についても聞きたいと思います。
ちなみに、うちで食べているお米は、無農薬あきらこまちなのです。
父の友人が秋田であきたこまちを作っており
その関係で送ってもらっているのですが
食べてるくせに、あきたこまちが消えてるなんて知りもしなかったので
少しでも勉強してから、次の会にのぞみたいと思います。
  
Posted by chisako0516 at 02:41Comments(2)TrackBack(0)

2004年10月12日

ケーキ屋さんでの一言

豊島区の要町にある、エコール・クリオロというケーキ屋さんに行ってきました。
ケーキ屋さんと言ってもチョコレートや焼き菓子からパンまでありました。

品そろえとしてはかなりいいと思います。
季節のケーキもあったし、チョコレートが一粒単位で売っていました。
お店はかわいい感じの作りでオレンジの旗が目印。
お店の外にカフェテリアっぽい机とイスがあり
オーナーらしきサントス・アントワーヌ氏と思われる人物が
座ってお店関係者らしき人と話をしていました。

普通のお店だと店に入ると「いらっしゃいませ〜」と言われるでしょうが
このエコール・クリオロは「こんにちは〜〜」と言われます。
こんなお店初めてです。

それから従業員がとても多いように思えました。
2〜3人でいいだろうというお店の広さですが
4〜5人いました、あれならお客さんを待たせないですね。

そして、このブログのタイトルでもある、一言なのですが・・
私が今までケーキ屋さんでケーキを買うとき
いくつか注文してお店の人が箱に詰めてくれます、
そして必ず聞かれた言葉が
箱の中身を見せながらの「こちらでよろしいですか??」という言葉。
ケーキの内容が合っているかの確認とケーキが崩れないようにちゃんと
入っているのをお客さんに確認してもらう意味があるその言葉なのですが、、
エコール・クリオロでは言われませんでした。

偶然言わなかったのか、それともわざとかは今回初めて言ったお店なので
わかりませんが、もしわざと言わなかったとすると、
お客さんが「こちらでよろしいでしょうか?」と聞いたところで
ちゃんと確認していないと言うのを知っているか
もしくは、箱詰めに関して文句がくるようないい加減なつめ方をしていない。。。
もう一度お店に行ってみようかなと思います。

ケーキは、種類によって生クリームの味が違い
とても丁寧に作られていました。
焼き菓子もすごくしっとりとしていておいしかったです。

いいお店だったと思います(^_^)  
Posted by chisako0516 at 20:02Comments(0)TrackBack(1)日常

2004年10月10日

メロンのうまいトコロ

やまけんさんはじめまして。
最近やまけんさんの食い倒れ日記を読むようになり
メロンの記事を発見しました。

いちばんうまいトコロを食わないでどうするですか!
メロンの一番うまくて一番栄養のあるトコロは
種の周りです!!

メロンにはカリウムが豊富です。
次回メロンを食べるときは、ぜひ種のまわりをご賞味ください。

失礼しました。  
Posted by chisako0516 at 02:38Comments(1)TrackBack(0)

2004年10月04日

タバコ事件

今日学校で、同じクラスの男子がトイレでタバコを吸って
停学になったと担任から説教らしきものをされました。

あたしはその男子がタバコで捕まった日に他の男子との会話で
停学になった話を聞き、へぇ〜○君がタバコかぁっとそのくらいでした。

担任の話の内容はというと、○君がタバコを吸っていることを知ってる人が
いたんじゃないか、なんでとめなかったのか、とか
知らなかった人でも関係ないとか思わないで欲しいとか、
そもそもクラスが彼をタバコに走らせてしまった雰囲気を出しているとか。。

自分的に、はぁ!?っていう内容が多く、すごくイライラしてしまいました。
しかも!クラスのとある女子二人が、その二人は○君が捕まる前の日にタバコの吸殻をみつけ、犯人探しをしていて○君が吸ってることを知ったらしく、
止めるよう努力したようで。
でも、結局○君はタバコを吸うために授業を抜け出し
トイレで発見され停学処分。
女子二人は悔しかったらしく、止められなかった、とか
うちらが正しい道に導いてあげようとしたのに、とか
同じクラスの中でタバコ吸ってる人がいるなんて
裏切られた気分だとか言い、泣き出しました。

もう、アホらしくて、イライラして切れそうでした。
だってタバコはやめろと言われてもやめられない人がいるから
二コレットとかそういう商品が発売されているわけで。

それに導けなかったってなんだよ!と思いましたね。
悲劇のヒロイン演じてるようにしか見えませんでした。
まぁ、その女子二人にはそんなつもりはないんだと思いますけど。

タバコは吸ってはいけないわけではない。
なのにクラスの人は大半は、タバコがダメだと思っているらしいです。
ためしに隣にいた友達にタバコってダメなの?と聞いてみました。
すると、その子も、さぁ〜〜っとわかっていない様子。
体に悪いからダメ?
そんなの自分の体なんだから、ダメなことしようと勝手だと思う。

あたしも一度、タバコを吸ったことがあります。
うまいと感じなかったのでヘビースモーカーにはならなかったが
うまいと感じたり、ストレスを緩和するというのなら
吸った方がその人のためになるのではないだろうか?
以前タバコを吸えなくてイライラしている人をみたことがある。
そのへんのものにあたり散らして大変だった。。

そして担任と二人の女子の話の共通は
「誰か落ち込んだり沈んだりしていたら、そういうのを気遣ってあげれる
ような、お互いが理解しあえるクラスにしよう」
立派ですね、イライラするほどに。
なんか理想って感じです。

あたしが思うに、担任や女子二人が思ってる程
うちのクラスが仲良くないんですよ。いや、ほんとに。
今回タバコでつかまった男子は割りと人気のある奴でした。
でもこれが、影も薄くてまわりからど〜でもいい〜って思われてる人でも
同じだったのでしょうか。
まぁ、人によって対応が違ってしまうのは仕方ないことです。

落ち込んでるときに構って欲しい人とほっといて欲しい人
両方いると思います、ちなみに自分はクラスの人には
到底理解してもらえないようなことで落ち込みますので
クラスの人からはほっといて欲しいです。

『理解なんてものは、概ね願望に基づくものだ』
イノセンスという映画ででてきた言葉です。なんとなく思い出しました。

さて、長くなりましたが
うちのクラスには、バカっぽい女子が多いと今回わかりました。
クラスの数人の人はあからさまに不快なオーラをだしていて
あぁ、この話に納得してないなぁと感じましたが。
その他の人(主に女子二人のまわりの女子)
止めれなかったのはあなたのせいじゃないよぉ、とか
なんだかぬるいことを言ってました。

平凡に生きている高校生というのは
この程度なのでしょうか。

いつもあきらからアホアホ言われているあたしにアホと思われるなんて
レベル低すぎじゃないですか。。。

文化祭へのやる気がどんどん失われていく今日この頃。

ひねくれちさこでした。

ちなみに、あきらもこのことについて日記で書いてくれています。
ちさことは全然ちがった書き方です、興味あるかたはぜひ。  
Posted by chisako0516 at 00:00Comments(0)TrackBack(1)学校

2004年09月30日

台風はこなかった

de372c54.JPG沖縄にて遭遇した、台風21号。
なんだかあたしが連れてきたような感じがしますが
結局東京には来ませんでしたね。

昨日の夜はすごい雨だったのに
今日はすごくいい天気、少しあつかったですね。
学校の上空がいい青空だったので、ケータイでパシャリ。
台風のあとの空は、いつもよりずっと青い  
Posted by chisako0516 at 19:14Comments(0)TrackBack(0)日常

2004年09月25日

てづかサイクリングショップ

aa1a64ad.JPGお待たせしました!
ちさこのチャリBRIDの後輪についてる
てづか店主さんのつけてくれたステッカーです。
かわいいです。すいません、手ぶれしました。
あまりの可愛さにぷるぷるきちゃって(嘘だけど
でも、かわいいです。

おちゃめな店主のてづかさん
ちょっとしたことならタダで直してくれそう・・
いや、ココだけの話ですがw
  
Posted by chisako0516 at 00:32Comments(0)TrackBack(1)日常

2004年09月24日

dd86265b.JPG空はどこまでも繋がっている

なのに同じ表情はひとつもない

あの人の見る空も私の見た空もおなじ空なのに

感じかたは人それぞれ

思うことも人それぞれ


  
Posted by chisako0516 at 03:27Comments(0)TrackBack(0)ふとした言葉

2004年09月22日

サイクリング〜〜

a00b96e5.JPGこれがちさこの自転車でございます。
ブリヂストンのBRIDっていいます〜。
かわいいでしょvけっこう(いや、かなり)
気に入ってますです。
後ろにあるのはあきらの自転車、DUNLOPさんです。
ちさこが自転車を買う前はこのDUNLOPさんの後ろに乗っておりました。
購入先のてづかさんの店長さんは猫が好きらしく
お店に猫はいるし、自転車の後ろにステッカー
らしきものをつけてくれました。
ちゃめっけたっぷりv  
Posted by chisako0516 at 22:50Comments(5)TrackBack(0)日常

2004年09月20日

サイクリング日記

夏休みにバイトでがんばったお金で、自転車買いました!
自転車ってちゃんとした物を買うと高いですね〜。
まさか自分がオレンジ色のチャリを買うとは思っていませんでした。
オレンジ好きだけど、チャリはいつも無難な
色(白とか銀とか)のを買ってもらってました。

そもそもチャリを買おうとしたのは、
あきらにサイクリングに誘われたのと
「並木橋通りアオバ自転車店」というマンガを
あきらに借りて読んでいたせいだと思います。

  
Posted by chisako0516 at 00:02Comments(1)TrackBack(0)日常

2004年09月17日

はじめまして

はじめましてです、色々書いていきたいと思います、ダメだしや意見、くださると嬉しいです♪  
Posted by chisako0516 at 23:27Comments(2)TrackBack(0)日常