2005年09月03日

9月

9月は、すごく好きな季節のはじまりで、うれしい。
それなのに、明け方の涼しさに身体が冷えて不調。頭が重い。

9月1日は、ダンスの授業と野外運動の授業。
9月2日はつくばマラソンの授業。
みんなで集まって身体を動かすときの感じ方は、
一人のときとは、何かが違う(なんだろね?)。
chisato_horide at 19:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月29日

秋の風

夕方、ともだちとふたりで散歩。
(たまには、歩くのも、いい。)

風は夏をとおりぬけ、
うっすらとした秋を吹きよせる。
chisato_horide at 20:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月23日

My Favorite Things

夕方の大ループ、途中から雨。
かなり上機嫌でジョグを終える。

夏の終わりの、風の強い日はだいすき。
ぽつりぽつりと雨をほおにうけながら走るのもだいすき。
くずの花のむらさきいろがすき。
風と一緒にやってくる、これからの季節がすき。
chisato_horide at 18:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月22日

夕ぐれ

昨日の夕暮れ。夕方5時45分ごろ吾妻の自宅を出て、一の矢を回って、柴崎から妻木の田んぼ道で吾妻へ。途中で日が暮れた。どうと鳴る風、森の黒い影、田んぼの向こう側をすべる自転車のライト。ぜんぶが心ぼそさを増長し、自然とピッチが上がる。

今日の夕暮れ。いつも、そろりそろりと走ってきたけど、今日は地面をけって走ったなあ、という感じを久しぶりに味わった。だんだんと筋力がついてきたのかな?


chisato_horide at 19:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月19日

うろこ雲

空がきれい。夕方にはうろこ雲。
夜には虫の声。
ちょっと秋の気配。

じつに久しぶりに走った。
本日のお相手は大ループwithヒラカワさん。
やっぱりからだを動かすのはきもちいい。
走りながらのおしゃべりもたのしい。
しばらく走らないと、
私って別に走らなくてもいい人だったかも、
なーんて、すぐ逃避してしまうのだけれど、
また走り出すと、
なんだか自分というものに実感を持てる。
chisato_horide at 19:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月11日

切り株

久々のジョグ(特大ループ)。
平砂バス停の横に、すごく大きな切り株を発見!
キノコがぴょこぴょこ生えている。
・・・ぜんぜん気づかなかった!
昔からずーっとそこに生えてたのかなあ?
何の木だったのかなあ?
chisato_horide at 19:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月09日

森を走ろう!

今、愛知県でオリエンテーリングの世界選手権が開催されている。ネットで戦況をチェックしながら、なんとなく仕事をして、日が暮れる毎日。日本チームの健闘がうれしい。学生の頃からよく知ってる子たちが、世界を相手に活躍しているのだ!
私ももう一度、森を走りたいなあという気持ちになった。
chisato_horide at 21:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

花山の森で

8月2日〜6日まで4泊5日、54人の小学生(1年生から4年生)と一緒に、宮城県の山奥でキャンプをした。このキャンプにかかわるようになって12年。キャンプ場は、二つの沢にはさまれた尾根にあり、テントサイトは明るい広葉樹の森の中。最高のキャンプ場だ。野外教育の指導者としてのわたしは、この森と、ここにつながる山々と、人々と、ここに集う子どもたちに育てられたのだ。
今回は、キャンプ長(大学院の恩師)の留守を預かる立場(副キャンプ長)だった。たまには、こういうのも良い。いつもと違う視点で、キャンプ実践のことをじっくりと考えることができた。自分の柱としたいものは、いったいなんなのか・・・。
ある子どもは、夕方になると、家で待っている母親を思い出して、大声をあげて泣く。そんな彼と一緒にいるときの私の気持ちは、滝のような夕立が去るのをじっと待つときの気持ちに似ている。激しい心の動きは、荒ぶる自然と同じだ。そのものの力によって静まるまで、流れを変えることはできない。
人が自然と向き合う場に徹底的に立ち会う、というのが、わたしの仕事。最近、その「自然」というのはなんなのか、ということをよく考える。たぶんわたしは、人が、自分よりも大きな自然と対峙しながら、みずからの自然に向き合うことに、立ち会いたいのだ。

chisato_horide at 20:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

ツバメ号とアマゾン号

今朝は、ひさしぶりの青空。
台風が残していった風が、気持ちいい。

ゆうべは、本を読んでいた。
今読んでいるのは、「ツバメ号とアマゾン号」(岩波書店刊)。ヨットで冒険する子どもたちの物語。大人になった今読んでも、おもしろい。ファンタジーだけど、結構、リアリティがあるのだ。

彼らを見守る大人たちのまなざしに、自然と目が向く。こんなふうに、子どもたちの冒険心をささえていける存在になりたいと思う。
chisato_horide at 09:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月25日

そだつものにふれること

朝、東の窓のあさがおを見るのが楽しみだ。
毎日毎日伸びていく姿を見るのが気持ちいい。
水を遣るとき、自分のこころも潤うように感じる。
私も、伸び伸び、そだちたいなあ。

昼下がり、N倉パパに連れられて、
元気いっぱいのカイセイくんが技官室に来た!
恐竜、かぶとむし、くわがたむし、パンやさん、
いろんなおはなしをしてくれて、楽しかった。
・・・また来てくれないかなあ、ねえ?

そだつものにふれると、しあわせな気分になる。

夕方、雨上がりを走る。虹が、うっすらと残っていた。
柴崎方面+特大ループ 70分(10kmくらいかな)

PS 今日は、リンクのしかたを学びました。(なるほどー。こうやるのね。)
  ごくぅさん、Runnerさん、mihokoさん、
  たいへん遅くなりましたが(笑)、リンクさせてもらいました!
chisato_horide at 20:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)