長谷川先生とちーすけのブログ

京都府宇治市の動物病院。犬・猫・ウサギ・ハムスター・小鳥の診療を行っております。                           去勢・避妊手術をはじめとする、各種手術も行っております。

来る9月18日(土曜日)は、私用(獣医師のコロナワクチン接種)につき
休診とさせていただきます。

ご迷惑、ご不便をおかけいたしますがどうぞご了承ください。

病院で供血犬を飼うことになりました。
IMG_9703
”検疫中”。捕らわれた宇宙の人みたいになってます。

晴れて飼育担当者(スタッフ自宅)に連れ去られる日が来たので爪切り中です。
IMG_9788
いつもと違う慌ただしさにビビってます。

実家のクロちゃん
IMG_9725
ビーム発射中です。

昨日は去勢手術の日でした。
IMG_9830
不穏な空気にビビりまくりです。
手術は無事終了しました。

空がもう秋ですね。
IMG_9682

毎朝の気温が20℃程しかなく、朝の室温が26℃程になっています。
小鳥さんにとってはもう寒い温度になりますので保温を始めてあげましょう。
ネコさんにとっては少し寒くなり始めましたので温かい場所を提供してあげましょう。
わんちゃんは一番過ごしやすい時期が始まりますので、
お出かけの際の車中の熱中症などに注意してあげましょう。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、下のボタンを押してください。
皆様のアクションが記事更新の原動力です。
  ↓ ↓ ↓
�����祉�������㏍�井�� ������篁���������������㏍�� �����������≪�紫�e�祉�� 

宮﨑徹先生の『猫が30歳まで生きる日』を読みました。
IMG_9575

AIM (エー・アイ・エム)という、もともと体にあるたんぱく質を発見し、
そのたんぱく質が腎臓病の治療に役立つことを見出されて、現在、
猫と人を治療対象に薬を作り出そうとされている最中とのことでした。

猫の好きな人に限らず人の多くの病気にも役立ちそうなたんぱく質のお話ですので、
多くの方に読んでいただけたらと思いました。

AIMというたんぱく質の発見、その機能や薬としての可能性の発見など、
読んでいる自分もその場にに立ち会っているかのような臨場感で
ぐいぐい引き込まれました。

つい次のページを読みたくなり、1日で読み終わってしまいました。

また、この本の印税の一部はこのAIM開発に活用されるようです。

興味深い知識を得られた上に、わずかかもしれませんが研究の役に立てればと思いました。

本の要点をまとめてみました。

〇猫が近い将来、もっと長生きできるようになるという希望が持てる本
〇猫に限らず人も新たな治療法が見つかり、病気がなくなるかもしれないという期待が持てる本
〇ネコ科の動物はなぜ腎臓病が多いかわかる(その原因はわかっていないこともわかる)
〇慢性腎臓病についてわかりやすく解説してある
〇印税の一部が開発費に供される
〇読み物としてスピード感があり知識が増えることにわくわくする
〇著者を応援したい気持ちでいっぱいになる
〇将来、人も含めて治療方法が大きく変わるかもしれないという期待感が持てる
etc.

ぜひご一読を。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、下のボタンを押してください。
皆様のアクションが記事更新の原動力です。
  ↓ ↓ ↓
�����祉�������㏍�井�� ������篁���������������㏍�� �����������≪�紫�e�祉�� 


来る8月27日(金曜日)は、私用(コロナワクチン接種)につき
休診とさせていただきます。

8月13日、14日並びに15日は通常通りの診療となっております。

8月26日は木曜日のため、休診日ですので、
年末年始以外では開業以来初めての連休となります。
ご迷惑、ご不便をおかけいたしますがどうぞご了承ください。

IMG_9617

開業当初から受付にいたケンちゃん(右の白黒君)に仲間が加わりました。
左のぶちくん。
二人とも楽しそうです。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、下のボタンを押してください。
皆様のアクションが記事更新の原動力です。
  ↓ ↓ ↓
�����祉�������㏍�井�� ������篁���������������㏍�� �����������≪�紫�e�祉�� 

お薬の処方件数が増え、スタッフの負担が増えておりましたので、
遂にというかやっと自動分包機を導入しました。

自動分包機とは、お薬を既定の場所に投入すれば
自動で振り分けて袋に詰めてくれる器械です。
001

上面右上のスリット状のところは錠剤用の枠です。
ここにタコ焼き屋さんがくぼみにタコを一切れずつ入れるように
錠剤を入れていきます。

右手前のグレーの場所は粉剤を投入し、
平らに均しておけば指定の数に分けて袋詰めしてくれます。

袋詰めされたお薬は機械の下から列をなして出てくる仕組みになっています。
002
患者様にとってのメリットは、
機械の導入により大量のお薬を素早く調合できるので
お待ちいただく時間が格段に短くなることが期待できることです。

一方で作業中は金属をたたくような音がするのと自動で掃除機が作動するため、
もしかしたら少しうるさく感じられるかもしれません。

できるだけ休診時間に使用するよう心掛けておりますが、
取り急ぎご入用な患者さんがいらっしゃる場合もあり、
当院のような狭い環境ではご来院中の患者様が音に驚かれるかもしれません。

特に猫ちゃんをお連れの場合はお車や診察室でお待ちいただくなど、
配慮させていただく必要があるかと思われます。

事前にご来院のご相談をいただけますととても助かります。

ご不便をおかけするかもしれませんが、
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



さて、もともと薬局にあった収納棚が行き場がなくなり、
診察室に落ち着きました。
006
結果的にはいろいろなツールを収納できることとなり、
患者様に素早くプレゼンできるようになったのでかえって良かったです。

患者様用の椅子もシートの傷が増えてきていたので新調しました。


同じく薬局にあった収納ボックスが受付に来たので
中身が丸見えなのもどうかと思い、
ネットで見つけた楽しそうな生地をかぶせてみました。
011

猫がお寿司になってます
012

でも、目立ちすぎてちょっと落ち着かないので地味な生地に変えました。
013

もったいないので額に入れてみました。
014

せっかくなので待合室の手洗いの上に掛けてみました。
015



待合室の動物情報番組用のテレビモニターがダメになってしまったので・・・
016

買い換えました。
017
(おお、ちーにゃんがきれいに映ってる)


居候のネコ(ちくわと言います)とちーすけ。
021
いたずらしてはいけない袋だとわかっているみたいです。

その地域にいられなくなって、ある日連れてこられた子猫でした。

コロナで医局から出られませんが(狭いので2匹でいっぱい)
時々登場しますのでどうぞよろしくお願いします。

今年のちーすけの命日
022
先生「お花触っちゃだめだよ」
ちくわ「さわりたいけど・・・だめですか…」
先生「だめだめ、ちーにゃんのだし、手前の白い小さい花とか食べたらゲー出るよ」
ちくわ「わかりました…」

患者さんのお知り合いの方が写真展を開かれるそうで、
リーフレットを置いていかれました。
031
僕らは幸せになるために生まれてきた
わんちゃんねこちゃんの殺処分を減らす写真展
Schedule|ギャラリー Take two (gallery-taketwo.com)

ご興味がおありでしたら是非。



この場所で診療を始めて都合22年目の夏となりましたが、
今年初めて病院前の庭でカミキリムシを見かけました。
041
カッコいい!

と、スタッフにカッコいい虫でしょ!と言って写真を見せたら
「先生、まだらなゴッキーみたいです」と言われてしまいました。
残念…。



医局警備員は今日も警備を怠りません。
051

お見送りも忘れません。
052
ちくわ「せんせい、はやくかえってきてくださいね」

にゃこむでは不安なのでセコムさんにお願いしています。



雨が降って空気が澄んでいたせいか今日の夕焼けはいつもに増してきれいでした。
IMG_9371
早く梅雨が明けるといいですね。

7月22日は木曜日のため休診とさせていただきます。
7月23日(祝日)、
7月24日(土曜日)、
7月25日(日曜日)は
通常通り診療させていただきます。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、下のボタンを押してください。
皆様のアクションが記事更新の原動力です。
  ↓ ↓ ↓
�����祉�������㏍�井�� ������篁���������������㏍�� �����������≪�紫�e�祉�� 


春先に丸坊主にされてしまった向かいの木がだいぶ芽吹いてきました。
IMG_8848 - コピー

その左側にたくさんの白い花が見られるようになりました。

よく見てみるとジャスミンでした。
IMG_8817 - コピー
とてもいい香りがします。

ジャスミンの左下は梅の木です。

今年は誰も実を取りに来ません。

たくさん生っていました。
IMG_8816 - コピー

カズオ・イシグロさんの『クララとお日さま』を読みました。
IMG_8815 - コピー

近未来のお話です。

子供の相手をするために作られた
クララという名前のアンドロイド(人口親友:AF)が主人公で、
彼女がお世話をするお子さんとその家族との生活を綴った小説です。

小説の中で、子供は大人によってその能力を高めるために操作を受けます。

操作を受けた子供は受けなかった子供を蔑んだりもします。

少しギスギスした社会の中で
子供のために最善を尽くそうとするクララの振る舞いは
思いやりにあふれており、
読んでるこちらも穏やかな気持ちになれます。

まるで絵本を読んでいるように情景が浮かび、
あっという間に読み終わりました。

今現在、遺伝子操作が可能な時代になり、
人がそれを人に使って人々の間に格差が生じることを
作者は危惧されており、その思いを小説に込めたそうです。

絵本のように読みやすい本でしたが作者の思いは大変重く、
考えさせられる本でした。

居候は医局警備中です。
IMG_8822 - コピー
目の届かない後方も耳をそばだてて警戒中です。


そして・・・


本日、実家に派遣されるクロちゃんが病院に来ました。
IMG_8837 - コピー
ちょっと興奮気味ですが、知らないところでも落ち着いていられます。

かしこです。

初めての爪切りは緊張です。
IMG_2034 - コピー

クロちゃん、実家は頼んだ。外出したらダメだよ。

P.S.いよいよ初夏らしい天気かと思ったら毎日雨の予報で、いよいよ梅雨入りしそうですね。

最低気温も18℃くらいはありそうで、低温の心配は少なくなってきました。

一方、本日の日中は29℃と、真夏みたいに上がってきましたので、
ワンちゃんは室内や特に外出時の熱中症に注意しましょう。

エンジンを切った車内での待機は危険です。



にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、下のボタンを押してください。
皆様のアクションが記事更新の原動力です。
  ↓ ↓ ↓
�����祉�������㏍�井�� ������篁���������������㏍�� �����������≪�紫�e�祉�� 


このページのトップヘ