大阪のジャズギタリストです。

関西を中心に活動しています。
ライブ・レッスンの依頼はお気軽にメールください。

jazzaex500@yahoo.co.jp

ホームページ
https://jazzaex500.wixsite.com/mysite

今後のライブスケジュール

今後のライブスケジュールです。
※2月7日更新​
​リアルタイムの予定はfacebook記事が確実だと思います。↓
https://www.facebook.com/yusuke.shikata.56


2月の演奏予定

2月2日(木) 西宮 Three Codes     
佐川明子(vo)井上歩(ba)田中ヒロシ(dr)四方裕介(gt)
19:30〜2set、charge3000円
西宮市櫨塚町1-14 光永ビル地下
http://www.three-codes.com/

2月4日(土) 高槻 JK Cafe
古田かおる(vo,p)服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:00〜 2set、チップ制
大阪府高槻市城北町1丁目2-8  TEL 072-671-1231
http://jkcafe.jks-group.info/

2月6日(月) 高槻 JK Cafe
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:00〜 2set、チップ制
大阪府高槻市城北町1丁目2-8  TEL 072-671-1231
http://jkcafe.jks-group.info/

2月7日(火) 西九条マーシーオーガモン
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1800円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

2月8日(水) 下新庄 Mellow Tone
長谷川一平(gt)四方裕介(gt)
19:30〜 2set、チャージ1500円+オーダー
大阪市東淀川区下新庄4-20-20 TEL06-4862-5024
https://musiccafemellowtone.jimdofree.com/

2月9日(木) 西九条マーシーオーガモン
廣田直子(vo)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1500円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com

2月10日(金) 西九条マーシーオーガモン
村山義光(gt)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ2500円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

2月11日(土)Rako&Woody
大畑明子(vo)四方裕介(gt)
19:30〜 チャージ2000円
大阪市東住吉区北田辺6-16-14
電話0666224399

2月18日(土) 石橋 Bridge
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19時〜2set、チップ制
大阪府池田市石橋1-3-17

2月24日(金) 西九条マーシーオーガモン
酒井広隆(gt)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1800円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com

2月28日(火) 西九条マーシーオーガモン
吉田美雅(vo,p)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1800円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/


3月の演奏予定

3月1日(水) 八戸ノ里 Bar蓄音機
唐口一之(tp)四方裕介(gt)
19:30〜22:00、charge2000円
東大阪市下小阪5丁目6-5
https://blog.goo.ne.jp/kusalam

3月4日(土) 昼 高槻 JK Cafe
服部利一(ts)四方裕介(gt)
15:00〜 2set、チップ制
大阪府高槻市城北町1丁目2-8  TEL 072-671-1231
http://jkcafe.jks-group.info/

3月7日(火) 西九条マーシーオーガモン
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1800円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

3月8日(水) 西宮 Three Codes     
甲斐正樹(ba)四方裕介(gt)
19:30〜2set、charge2000円
西宮市櫨塚町1-14 光永ビル地下
http://www.three-codes.com/

3月10日(金) 西九条マーシーオーガモン
村山義光(gt)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ2500円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

3月15日(水) 松屋町 LAMP
Duo Live & session
村山義光(gt)四方裕介(gt)
open 18:30 start 19:30 20:50〜session
チャージ2500円(ドリンク別)
大阪府大阪市中央区松屋町4-18実和ビル3F

3月21日(火) 100BANホール
https://www.100ban.jp/posts/events/

3月23日(木) 吹田 ケセラ
津上信子(fl)野口仁美(organ)四方裕介(gt)
19:30〜、チャージ2500円、配信1800円
大阪府吹田市元町7-13
TEL06-6170-9123

3月31日(金) 淀屋橋 酒音
吉田美雅(vo,p)四方裕介(gt)
19:30〜2set、musicチャージ2000円+bar charge400円+各ステージオーダー
大阪市中央区北浜3-2-16 3F


4月の演奏予定

4月4日(火) 西九条マーシーオーガモン
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1800円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/
 
4月5日(水) 高槻 JK Cafe
服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:00〜 2set、チップ制
大阪府高槻市城北町1丁目2-8  TEL 072-671-1231
http://jkcafe.jks-group.info/

4月18日(火) 西九条マーシーオーガモン
福井杉子(p)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ1500円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

4月21日(金) 西九条マーシーオーガモン
村山義光(gt)四方裕介(gt)
19:30〜 2セット チャージ2500円
大阪市此花区西九条3丁目142 シャルム西九条1階 TEL090-4561-8885(マスター岡本)
https://www.mercyorgamon.com/

4月27日(木) 甲子園口 Caravan
津上信子(fl)服部利一(ts)四方裕介(gt)
19:30〜2set charge2000円
兵庫県西宮市甲子園口北町1-22
0798-62-3332
https://caravan.is-mine.net/ 


5月の演奏予定

5月11日(木) 西宮 Three Codes     
佐川明子(vo)井上歩(ba)田中ヒロシ(dr)四方裕介(gt)
19:30〜2set、charge3000円
西宮市櫨塚町1-14 光永ビル地下
http://www.three-codes.com/

Fender Telecasterのネック交換


IMG_20221130_014330


Fenderのトラスロッドはナットの六角部分が異常に浅くて、ついに回せなくなるくらいにナメてしまいました。


太めの握り、重みと弾力・ブライトさが合わさった音質もお気に入りのネックでしたが、調整できないのは気分的に嫌で交換用ネックを購入。


悩みましたが、ネックは最も重要な部分なので散財してFender純正のを選びました。
40000円也…
でもメキシコ製なのね。

IMG_20221130_014746

IMG_20221130_014338

IMG_20221130_014554

IMG_20221130_014514

IMG_20221130_014543


12インチRの平らな指坂にジャンボフレットなので、運指はかなり楽になりましたが。


最近増えているパーフェロー指坂てのは、個人的には見た目は想像していたよりも良くなかったですね。色合い・艶共にローズとはやはり全く別物です。

フレットはちゃんと打たれていて快適、ただしナットに関しては、溝切りはされてますが高さが未調整なので、かなり時間をかけて削りました。そのままやとスライド専用くらいの激高です。

IMG_20221130_014349

IMG_20221130_014400

で、いざボディに付けようとしたんですが、ネックポケットは隙間があるし、ネジ穴の位置も違うしで、かなり難儀でした。
そうならないように純正を選んだはずやったのに…。

IMG_20221130_014645

IMG_20221130_014653


ネジ穴を埋めて空け直して、ネックポケットの隙間は極力塞がるように何種類かの厚さのピックを切って挟んだり。


ようやく組み込んで弦を何種類か試して、どうもスカスカの音やし音詰まり箇所もあるし、こりゃ失敗したかな、高い勉強料やったな、とか思ってたんですが、ここからが本題です。




ネックポケットの隙間を両サイド減らす事でどうにかセンターを合わせ、きれいに組んだつもりやったんですが…


色々調べて、どうも両サイドより底面(ネックエンドとボディの触れる部分)の方が重要ぽくて、改めてネックを外しネジ穴微調整、底面とボディがしっかり密着する位置を決めてからのサイドの隙間調整をして組んだところ、




激変!これこれ、て感じの音になりました。
左手に伝わる振動量も明らかに増え、音詰まり箇所もなくなりました。不思議。


手間はかかりましたが、また新しい発見がありましたね。



因みに必死で作業してたので、写真は全て組み上がってからのものです。


総合的にはやはり元のネックの方が良かったですが、弾いてるとまた変わっていくでしょうし、しばらくはこれでいけそうです。

ラウンド弦のまとめ


ラウンド弦編


すいません長いです。時間のある方、マニアの方、ギタリストの方のみ読む事をおすすめします。






基本的にロングスケールに10〜、11〜、ミディアムスケールのフルアコに12〜のゲージを使ってきた感想です。




○daddario(ダダリオ)


EXL(ニッケル)、EPN(ピュアニッケル)、EHR(ハーフラウンド)、NYXL(近年の新製品)


Pro Steelは試してません。昔張った記憶はありますが、よく覚えてなくて…すぐ外したような気がしますが。




EXLは、多分今のところ人生で一番多く使ってる弦です。


やっぱり音質・テンション共にこれが基準になります。手に入りやすい、品質が安定してる、切れにくい。
半年以上とか張ってると色々マヒしてきて、新品に変えたときにギラギラに感じて、やっぱりブライト寄りの音なんかな、と思ったりした事もありました。


ここしばらく各メーカーの弦を色々試したので改めて比較すると、まあ若干ブライトかもしれません。
それよりも、タッチに対して反応してほしい周波数がちゃんと出てるところが好きですね。それが一般的にブライトと言われる成分なのかもしれませんが。
テンションはきつくもゆるくもなく、弾きやすい弦だと思います。




ピュアニッケルのEPNは好きで使ってる時期がありました。Youtube動画や録音物のどれかにEPNを張ってるのが必ずあります、どれかはわかりませんが(笑)


ピュアニッケル弦は結構テンションがきつめなんですが(巻き弦のみ、プレーン弦は共通の仕様のはずです)、そこを考慮してか太さを調整してあるのが好感持てますね。


EXL:11、14、18、28、38、49に対し
EPN:11、14、18、27、37、48という具合に。


明らかに通常のニッケル弦?のEXLよりもギラつきが少なく、落ち着いた感触があります。
かと言って反応が鈍くなるわけでもなく、良い意味で暴れ過ぎない感じ。でもパンチ力も失われない。


じゃあ何で使わなくなったのかと言いますと、例えるなら音響的にヘッドルームが狭いというか(ちょっと違うかな?)、アナログ的な良さは勿論ありますが、個人的には入力段階で情報量を多くしておいて、それを弾き方で調整するのが理想、だからですかね。


決して悪い弦ではないです、むしろ一度は試す価値のある弦だと思いますね。




EHR、ハーフラウンドも良かったです。
ステンレスという事もあってか、クロームのフラットワウンドよりも沈み過ぎず、ラウンド程暴れない。売り文句通り。


欠点は滑らない事と、ネックやフレットの状態に左右されやすい事でしょうか。
普段は見過ごせるビビり箇所なんかが、いつも以上に強調されるような…


あと滑らないというのは摩擦が多いという事でして、右手のタッチにも影響があります。(DRのフラット弦もそんな感じ。)




NYXLは最初感動しました。
ボールエンド部分の捻り回数が多くて、しかもハンダで補強されている!(生徒さんに教えてもらって気付きました😅)


そら耐久力ありますよね。
弾き心地もEXLと遜色なく、音はもう少し重心が真ん中寄り、ギターのおいしい部分が出やすいクランチーな感じ(伝わるかな?)。


ただ、EXLのとこで書きました「欲しい周波数」の部分がその分減ってるように感じて、結局使わなくなってしまいました。


とても良い弦だと思いますけどね。
NYXLの12〜52を張ったフルアコで録音した事もあります。




○Ernie Ball(アーニーボール)


試した事があるのは通常のニッケルと、ピュアニッケル。


音質、弾き心地共に一番好きかもしれません、買ってすぐ開けて、真っ茶っちゃに錆びてなければ…。


ここ10年くらい、買って間もない新品が全部錆び錆びなので、使わなくなってしまいました。


一時、錆びが点々くらいのときに気に入って使ってましたが、その時はライブ中にボールエンド部分の捻りがほどけてしまい、怖くなって使うのをやめてしまいました。


捻り回数がかなり少なかったんですね。
ダダリオのNYXLに対する?パラダイム弦ってのが出てるので、そちらは錆びと共に改善されてるかもしれません。


暖かみとブライトさが程よく同居した音質、テンションも気持ち柔らかめで凄く好きな弦です。




全長の半分以上が錆びてなければ…




○DR(ディーアール)


Tite Fit(ニッケル)、Pure Blues(ピュアニッケル)


ニッケルのTite Fitは、ダダリオより少しテンションがあってブライトかも。
巻き弦の仕上げ、感触もよくて、高級弦とまではいかなくても「良い弦」を使ってる気分になります。


巻いてる途中に1弦が切れた事があったり、ボールエンド部分の捻りが少ない事もあったりしますが…
それもハンドメイドたる所以でしょうか?


シグネイチャー弦や宣伝動画、パッケージのイメージからメタル用の弦、みたいなイメージが拭えませんが、全然そんな事はなくどんな音楽、ギターにも合うと思います。




Pure Bluesは、今まで試したピュアニッケル弦では一番高品質でした。
こちらはボールエンド部分もしっかり巻かれており、切れた事もありません。巻き弦の手触りも滑らかで、しなやか。


ダダリオのヘックスコア(六角芯線)と違い、ラウンドコア(丸芯線)というのもあってか、巻き弦のタッチが滑らかです。


ただその滑らか・しなやかさからくる欠点なのか、「欲しい周波数」が…以下略。




○Rotosound(ロトサウンド)


Rotoなんとか(色)〜の銘柄、通常のニッケル弦のシリーズです。


ダダリオを基準と言っておきながらですが、これが一番フラットで安定してるように思います。


テンションはほんの少し緩め、音質は出過ぎず足りな過ぎず、他と比べるとブライトさは抑えめ、少し落ち着いた音。
反応も良し、切れた事もない、捻りはしっかり、と欠点がないように思いますね。


そのフラットさ、欠点のなさが、雑味のなさ、面白味のなさに思えて、結局使わなくなったりします(笑)なんじゃそれ。


Rotoは意外にも、ピュアニッケルの方がギラついてるように感じました。大分前に一度張ったんですが、バシバシ言うててすぐ外してしまいそれっきりです…。




ピュアニッケルは、


ブライトさ
Roto>ダダリオ>DR


滑らかさ、仕上げの良さ


DR>ダダリオ>Roto


みたいなイメージです。




余談ですが、ニッケルアレルギーの方はピュアニッケル弦はやめておきましょう。




○Labella(ラベラ)


HRS(ニッケル)、Bender(ピュアニッケル?)


2年前くらいに少し使った事がありまして、改めて試してみましたがこの2つはクセモノです。


まずHRSの方は、検索すると白基調の旧パッケージ?と、サウンドハウス等で現在買える黒いパッケージと2種類出てくるのですが、試したのは黒い新パッケージ?の方です。


同じ銘柄なのに、ゲージの展開も違い、調べてもパッケージが変わっただけで中身が同じものなのか、全く別のものものなのか、よくわかりません…。


黒いパッケージの方が多種多様ですし、物が気に入れば必ず合うゲージがあるでしょう。
やっぱり中身も違うのかな?




Benderは、はっきり表記されてないんですが、古いデータを再現!という売り文句から、ピュアニッケルだと推測します。
鬼滅の刃の炭治郎みたいな、派手なパッケージです。
こちらも意外とゲージの種類が多いです。




黒のHRS、鬼滅のBender、どちらも共通して、巻き弦の感触が他メーカーと全く違います。
弾力があり、ザラつきがなく、なんか薄くコーティングされてる?と思うような感触です。
プレーン弦は少し張りが強くて、ギラつきが少ないかな?


違ってくるのは巻き弦の音質とテンションで、


HRSは落ち着いた音、とも捉えられますが、音量が少し落ちて沈む感じ、クリアではあるがタッチは少し鈍い、少しテンションきつい。


Benderは張りは柔らかめで、振幅が大きい。(例えるならトマのフラット弦のような)ただし音はブライト。




…あれ?特徴的にニッケルとピュアニッケル、逆ちゃいますのん?


HRSは硬いゴムで平坦になりやすい、Benderはビョンビョンのゴムでコンプっぽくなる、みたいなイメージの質感でどちらもダイナミクスをつけにくく、今回試したときもすぐに外してしまったんですが。


なんでかたまに思い立って使ってみたくなって、でもライブで一回使ったら結局すぐ外す…を数年に一回やってしまいそうな弦です。
色々とクセモノ。




ここからはおまけです。


○昔試した弦で覚えてるもの


R.Cocco…しなやか、柔らかい、クリア。良い弦ですが弾き続けてるとちょっと物足りなくなってくる。


GHS…硬め、ガッツ、ブライト。とても魅力的な音ですが、爪・ピックがどんどん擦り減る。たまに1弦が切れた。


SIT…確かにピッチ良し、チューニングの安定良し。少し硬め。これも爪が擦り減りやすい。


Elixir…巻き弦のコーティングは慣れればそこまで気にならないですが、プレーン弦の音が嫌でした。なんかキシキシ聞こえるんです。


Thomastik BeBop…しなやか系ピュアニッケル。巻き弦の目が細かくて感心しますが、それが変に滑ってちょっと弾き辛かったような。




○昔試してもう売ってないもの


Gibson L-5…めっちゃ良かった覚えがあるんですが、もうないので。


Fender Flatwound…ステンレスのフラットワウンド。びっくりするくらい硬かった気がします。もしかしたらDRのフラットワウンドが近いかも。


Dean Markley…銀色のパッケージのやつ。もうないですよね?少し硬めやった気がします。










…とまあ久しぶりにしっかり書いて、かなり疲れました。
この先10年は弦の記事は書かないでしょう…。


まだまだ知らない弦もたくさんありますが、とりあえず各ギターに使うものもある程度定まり、しばらくはあれこれ試す事もなくなりそうです。




ではまた10年後に会いましょう、よいお年を!
livedoor プロフィール

chitamazin

大阪のジャズギタリストです。
ライブ・レッスンの依頼はお気軽にメッセージください。
ホームページhttps://jazzaex500.wixsite.com/mysite

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ