ちとせ館

(あしたもよろし ゆうべもよろし)

月曜日はキライ



いよいよ来月号から、萩尾望都さんの連載再開。
待ち遠しい〜。
そんな読者に「ドウドウ」って感じで、今月号に短編が載ってます。
たった4ページだけど、「ドウドウ」されました。(笑)

静岡新聞

静岡新聞にヤマザキマリさんとの対談が載っていたり、
(姉に頼んで送ってもらった)
読売新聞の中条省平さんのコラムに『萩尾望都 作画のひみつ』が取り上げられていたり、
こんな時期なのにわくわくできるって、ほんと有難いことです。

田植え

『風吹て心よき日の早苗哉』
(正岡子規)

はな見

ステイホーム週間、家で“はな見”。
ピンクでかわいい。

砂月

ぷすー、ぷすー♪

牡丹

ピンクの牡丹も庭でわさわさ。

絹莢

さやえんどう、わさわさ収穫できるといいなー。

玉菜

収穫といえば、もう少しでキャベツが食べごろ。
でも、紋白蝶がいっぱい飛んできてるんだよね。
ボクのキャベツが食べられちゃう。
今、びっくりするくらい値段が高いのに〜。
でも、チョウチョの食糧危機はどうなる…悩ましい問題であります。

今夜のフラワームーンもきれいでした。

作画の秘密



昨年7月の『芸術新潮』に加筆したものが本になりました。
こんな時だから、ゆっくりじっくり。

『美しい物語は美しい本で』のところで紹介されていた『愛の宝石』↓(真ん中)
2012年に刊行されたこの本は宝物。
付録が左側の『モーさま世界を行く』だった。

芸術新潮

今月号の『芸術新潮』、『萩尾望都ときめきのコスチュームデザイン』が掲載されてて、大きな本だから見ごたえある。
特集は、東京国立博物館で開催しているはずだった『きもの展』と重なっている。
こんなことがなければ、GW明けに観に行ってただろうなー。
でも、美術館が展示品を動画で見せてくれたり、家で楽しめることって増えてる。
ありがたいと思う。

杵屋

上生菓子のアマビエ様、3個め。
そろそろクリームパンが食べたい。

地元応援

アマビエさん

佐藤屋の上生菓子、アマビエさん。
きれいでもったいないけど、やっぱり嘴から食べる〜。

佐藤マスク

佐藤繊維の銅の抗菌マスク。
ニットだから縫い目無し。
和紙を使ってるからかな、暑苦しさを感じないのもこれからの季節にgood♪

マスクケース

大風印刷の抗菌マスクケース。
猫の柄がかわいい。
他にもデザイン色々。

大変だけど、その中で頭を使って頑張ってる人たち。
いいな、って思う。

負けんもんね

中島みゆきさんのラストツアー、全公演の中止が発表されました。
涙はらはら。

結果オーライ

山形公演の見送りが決まった時に、通販でパンフとキーホルダーだけ買ってありました。
ぱらぱら。
観たかった。
聴きたかった。

でもきっと、一番辛いのは中島みゆきさん。
ファンとして、今は静かに待ちます。
『負けんもんね』を聴きながら。
負けとる場合じゃないんだもんね。

戸田屋

おいしいもの食べながら♪
山形のお菓子屋さんが作った、アマビエ様です。
どこから食べる?
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ